個人再生をする場合、住宅がペアローンだと2人とも手続きが必要なのか?

2018.08.14 更新

住宅ローンをペアローンで組んでいるんだけど、自分だけ個人再生することってできるの...?」 「自分だけ個人再生をしたら、配偶者にはなにか迷惑がかかるの?

そもそも、ペアローンで二人とも同じ申し立てをする必要があるのかどうかも分からないですよね。
また、住宅を所持したまま個人再生をしたいと思っているけれど、ペアローンのときでも住宅資金特別条項が適用されるのかどうかを知りたい人も多いでしょう。

そこで今回は、ペアローンを組んでいる場合個人再生ができるのかについてご説明します。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

ペアローンを組んでいるが、一人だけ個人再生は可能なのか?

先生、今日は住宅ローンでペアローンを組んでいる場合に自分だけ個人再生できるのかどうか教えてください。

ペアローンというのは、マイホーム購入の際などに、配偶者と一緒に住宅ローンを組むことですね。これは夫婦がそれぞれで別個に借り入れをするという点で、連帯債務とは異なるものです。

そうなんですね。この場合、自分だけ他に借金があって苦しいので、自分の分だけ個人再生できればと思うのですが、可能ですか?

住宅が無くなってもいいのなら、一人だけで個人再生ができます。もし住宅を守りたいなら、原則的には一人での個人再生申立はできません。配偶者も同じように個人再生を申し立てる必要があります。

なるほど。この場合相談者は自宅を守りたいと思っているので、配偶者も一緒に申立をしないといけないことになりますね。

個人再生すると配偶者にどんな影響があるのか?

ペアローンを組んでいる場合に個人再生申立をすると、配偶者にどんな影響があるのですか?

住宅を守りたいなら、二人で「住宅資金特別条項」をつけて個人再生をしましょう
これをしないと、申し立てた人の持ち分の抵当権が実行されて、家が他人の持ちものになってしまいます。それを避けるためには配偶者が家を買い取らなければいけませんが、実際には難しいでしょう。

個人再生をする場合には住宅資金特別条項の適用が必要なのか?

家を手放したくありません。住宅資金特別条項を利用すればいいんですよね?

そうですね。自宅を守りたいなら、原則的に夫婦が二人とも「住宅資金特別条項つき」の個人再生を申したてないといけませんよ。

原則的ということは、例外もあるんですか?

今までに、個人再生を申したてる人の配偶者には他に借金がなく、個人再生を申したてる必要性に乏しい場合には配偶者の方には個人再生の申立がいらないとした裁判例もあります。

なるほど。でも結局、原則的には夫婦が2人とも住宅資金特別条項付きの個人再生を申し立てないと自宅は守れないということですね。

個人再生は時間がかかる上に、手続きも難解。ペアローンでさらに複雑なケースは専門家へ相談!

このように、個人再生はペアローンを組んでいる場合、特に手続選択が難しく、その手続進行自体も複雑で専門的です。必ず弁護士などの専門家に相談して進めるのが効果的です。

確かに。今日聞いた情報も知らないことばかりでした。

ペアローンの場合、単なる連帯債務の場合と違う問題もありますし、個人再生の得意な弁護士に依頼した方が良いと思います。

まずは、債務整理を得意としている弁護士を探して法律相談を受けてみると良いですね。

はい。必ずペアローンがあるということを弁護士に説明して、配偶者も一緒に個人再生するかどうかなどしっかり相談してください

関連記事

個人再生のデメリットを知る。他の債務整理との違いや特徴まとめ

目次個人再生とは一体どんなもの?特徴は?個人再生の手続き方法。申し立てに必要な書類は?どんなメリットがある?個人再生を…

個人再生の失敗談から学ぶ|失敗しないために必要な3つのポイント

目次個人再生を失敗することはある|具体的な失敗談とは?個人再生を失敗する原因や失敗談を知りたい個人再生を失敗する確率は…

個人再生手続きの流れや条件が気になる人へ|期間や費用も徹底解説

目次個人再生が可能になる2つの条件個人再生には2種類ある個人再生以外の債務整理とその条件個人再生するべき人の3つの特徴個人…

個人再生の費用が払えない|弁護士費用の相場と分割で支払う方法

目次個人再生で弁護士にかかる費用の相場はいくら?費用が払えないときに法テラスの立替制度は△個人再生で立替制度を利用するデ…

個人再生で車はどうなる?引き上げから車を守る5つの方法

目次個人再生を車のローン返済中に行うと、車は残せない車のローンを完済済みの場合車のローンを返済中の場合【清算価値保障の…