気付けば借金が300万に…確実な返済方法と返済できない場合の対処法

2018.10.24 更新

借金の総額がいつの間にか300万を超えてしまっていた…

月々いくら払えばいいのだろう?いつになれば完済できるのだろう?

信じたくない事実ですが、目を背けてしまっては解決が遠くなるばかりです。

借金問題解決の第一歩は、自分の今の状況にしっかり向き合うこと。その上で返済計画を定めて、将来への見通しを立てましょう。

この記事では、借金が膨れ上がった人に向けて、返済方法について紹介していきます。

借金問題に強い事務所の詳細を見てみる

まずは自分の借金状況を見直そう

現在の借入先や借金総額、利息額などを正しく把握できているでしょうか。毎月の返済に追われていると、ついついわからなくなってしまうものですよね。

まずは自分の借金状況にしっかり向き合ってから、今後どうしていくのかを考えましょう。

借金の総額や借入先を確認する

「どこからいくら借りているのか正しくはわからない」という人もいるのではないでしょうか?。

借金完済への第一歩は、借金の総額を把握することです。

借入先がわかっている場合

すべての借入先がわかっている場合は、「ATM」や「インターネットの会員制サイト」などから借入残高を紹介できることが多いので、確認して見ましょう。

また借入先に「現在の借入残高を教えてください」と電話で直接聞くのも手です。

借入先がわからなくなった場合

借入先がわからない場合には、個人信用情報機関に問い合わせて開示請求をする方法があります。

信用情報機関とは、個人の信用記録(借金、ローン、クレジットカードの履歴)などを管理している機関です。国内に以下の3機関があり、銀行や消費者金融、カード会社などすべての金融業社は3つのいずれかに加盟しています。

機関名 主な加盟業種
株式会社日本信用情報機構(JICC) 消費者金融/クレジットカード会社
株式会社CIC 信販会社/クレジットカード会社
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 全国の銀行

毎月の返済可能な金額を計算する

自身の借金総額が明らかになったら次に、今後どのように返済できるのかを考えなければなりません。

毎月の収入は個人で異なりますし、家賃や光熱費などの固定費もそれぞれです。毎月の収支を見直して、どれくらいの額を返済に充てられるかを計算しましょう

借金返済のカギは利息を把握すること

「毎月しっかり返済しているのに、借金が減ってる気がしない」。そんな風に感じることはありませんか?

借金返済のカギは、いかにして元金を減らすかということです。というのも、毎月の返済で元金が減っていっているだろうと楽観している場合でも、実は返済額のほとんどは利息分の返済に充てられ、元金は全然減っていなかったというケースは多いものです。

したがって、自分が毎月どれだけ利息を払っているのかを把握することは非常に大切です。利息は、一般に下記の式で算出されます。

利息=元金×金利÷365(日)×借入期間(借りた日数)

たとえば、金利10%で300万円借金している場合1ヶ月にかかる利息は、
300万×0.10÷365×30=24,657円
になります。

ですので、例えば毎月6万円返済したとしてもそのうち24,657円は利息の返済に回るので、元金は6万円ー24,657=35,343円しか減りません。

この例からも分かるとおり、元金を減らさない限り利息は減らず、完済は見えません。

返済をシミュレーションする

では、自分の場合にはいったいいくら払えば、どのくらいの期間で完済できるのでしょうか?

借入残高と利息、毎月の返済額がわかれば返済シミュレーターを使って具体的に返済期間や支払う利息の合計を簡単に調べることができます。

また逆に、「5年以内に完済する」など目標とする返済期間を設けて、そのためには月々いくら返済しなければならないかも計算することができます。

たとえば、平均的な金利10%で、300万円の借金を抱えている人が返済期間3年・5年・80ヶ月で完済する場合、月々の返済額と利息の合計は下記のとおりになります。

返済期間 毎月の返済額 利息の総額
3年 96,801円 484,389円
5年 63,741円 824,428円
80ヶ月 51,529円 1,122,280円

※消費者金融等の金融機関では返済回数がおよそ80回が限度となっています。

例を見るとお分かりのように、返済期間を長くすると月々の返済が減って楽なような気がします。しかし支払う利息の合計が莫大な金額になってしまいます。

そのため、目安としては返済期間は5年以内と考えて返済計画を練るようにすると良いでしょう

300万の借金を返せる人の特徴

具体的に300万円の借金を完済するためには何が必要でしょうか。

まず、先ほどの返済シミュレーションの具体例で、返済期間の目安とした5年で返済する場合を考えてみますと、月々の支払いはおよそ7万円程度になります。

日々の生活を維持しながら、借金の返済に毎月7万円ものお金を充てるわけですから、並大抵のことではありません。

それを踏まえて300万円の借金を返済できる人の特徴としては下記のとおりになります。

  1. 最低でも600万円程度の安定した年収がある
  2. 元本と利息がそれぞれいくらかをきっちり把握している
  3. 強い返済の意思がある

借金の完済にはまず安定した収入が必要となります。目安としては300万円の借金ですと600~800万程度の年収がないと、実際問題として返済は難しいでしょう。

また元本と利息をきっちりと把握して、綿密な返済計画を立てることも大切です。

毎月返済に充てるお金の大きさに嫌気がさして、「今月は利息分だけ返済すればでいいや」というような甘えが生じることもあるかもしれません。しかし先ほどのシミュレーションで明らかな通り、借金返済において大事なことはいかにして元本を早く減らすかです。

そのためには「必ず○年以内に完済する」という強い意思を持って、できるだけ多くの額を借金返済に回すことが大切です。

300万円の借金を返せそうにない…解決策は?

「返済シミュレーションをしてみて、とても借金を返せそうにない」と途方にくれてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、もしかしたら他にも自分にあった工夫をすることで返済の目処が立つかもしれません。

以下に、返済に役立つ可能性のある方法をいくつかご紹介しますので、活用できそうなものがあればぜひ試してみてください。

おまとめローン

おまとめローンとは、複数の業者への借金を一つの業者にまとめて、その業者に対して返済をしていく、事実上の借り換えです。

銀行や銀行系の消費者金融が色々なおまとめローンを用意していますので、自分の目的に合ったものがあれば活用することも一つの手です。

親や友人に借りる

繰り返しになりますが、借金返済のキモはいかにして早く元本を減らすかです。毎月利息分プラスアルファ程度を返済していても、らちがあかないというのが本当のところです。

したがってもしも頼れる親や友人がいるのであれば残額分を貸してもらって、一気に返済し将来利息をカットするのも非常に有効な手段です。

退職金で返済する

会社員であれば、会社を辞めて退職金をもらい、それを借金返済に充てる方法もあります。特に、定年が近く早期退職者制度などを利用できる人などはメリットが大きいといえます。

ただし、会社を辞めるということは、一時無収入になることも意味するので、慎重に考えなければなりません。

保険を解約する

生命保険などの解約払戻金を返済に充てる方法も考えられます。万が一の保証がなくなるリスクはありますが、毎月の保険料を払わなくて済むメリットもあります。

法律の専門家に力を借りる

上記の方法でも借金返済にうまく結びつかない場合には、弁護士や司法書士に相談して、今の状況を整理することも一つの方法です。

法律に詳しい専門家に相談して借金問題を解決することを「債務整理」といい、借金の減額や免除をすることができます

「借金をゼロにしてやり直したい」「減額してほしい」「住宅は手放したくない」など、あなたの状況や考え方によって、選択できるのも債務整理の特徴です。

借金返済方法についてはこちらの記事でさらに詳しく紹介しています。

借金問題に強い事務所の詳細を見てみる

みんなはどうやって300万円の借金を返済してる?口コミを紹介

ここからは「300万円以上の借金を抱えた人がどのように返済したのか?」当サイトに寄せられた経験者の声をご紹介します。

いままさに返済に悩んでいる方へ、少しでも解決の糸口を見つける手助けができれば幸いです。

競馬にはまってしまい借金…仕事もクビになり借金地獄に

借金総額:300万円→80万円
月々の返済額:5万円

  1. 競馬にハマり、仕事も手つかずの状況になってしまい、クビになってしまいました。それでも競馬を辞めることができず、借金総額は300万円になりました。
  2. 私の場合、300万の借金のうち2年で130万円ほど支払っていたので、過払い金が発生している可能性がありました。実際に弁護士さんに研鑽してもらうと100万円の過払い金が発生していました。
  3. 相談の時点でかなり丁寧な対応をしてもらったので、最後まで安心して任せることができました。…詳細を読む

趣味にお金を使い込んでしまい借金地獄に陥りました

借金総額:280円万円→60万
月々の返済額:14万円→2万円

  1. 消費者禁輸5社から合計280万円借り入れをするいわゆる多重債務状態でした。当初は仕事が順調で返済も遅れることが無かったのですが、バブル崩壊以降は仕事が激減。一気に収入も減り返済が困難になったのです。
  2. 3ヶ月ほど延滞していると、返済を迫る電話も頻繁に入るようになり、借金を抱えたことで仕事も手がつかなくなるほどのマイナス効果になりました。
  3. 仕事もはかどらなくなり、債務整理の依頼をすべく弁護士に依頼をしました。任意整理と過払い金請求を行ったことで月々の返済額は14万円から2万円に減りました。
  4. 弁護士事務所で相談をすると、こちらのことを考えて債務整理の方法を考えてくれたこと、借金問題で疲れ果てていた自分を察してくれて、質問をするときにも丁寧な口調で話をしてくれましたし、親身になって相談に応じてくれるなど、頼りになる弁護士だと感じました。…詳細を読む

親の借金を肩代わりして返済できないほどの借金になりました

借金総額:100万円
月々の返済額:3万円→1.5万円

  1. 親の借金があり、親だけではどうすることもできなくなったので、私も返済することにしました。仕事で無理をしたせいで入院することもあり、私の給料だけでは間に合わなくなってしまいました。
  2. 職場に借金の滞納をした経験がある人を知っていましたので、その人にどうやって返済したかを聞いたところ、弁護士事務所に相談をしたとのことでした。そこで、そのひとから教えてもらった弁護士事務所に電話をすることにしました。
  3. 弁護士事務所では個人再生を勧められました。個人再生をしてからは、督促はなくなり、毎月の返済も5分の1ほどに減っていきました。おかげで少し余裕を持って返済ができるようになりました。…詳細を読む

専門家に相談して借金問題を解決しよう

300万円という借金はそう簡単に返せるものではありません。

しかも借金問題は、一人ではなかなか解決は難しく、先の見えない返済生活に心が折れてしまうこともあるかもしれません。そんなとき、冷静に状況を把握し、法律の観点から適切なアドバイスをしてくれるのはプロである弁護士や司法書士です

弁護士などに相談するというとハードルが高いように感じますが、借金問題に熱心な弁護士や司法書士はたくさんいます。

また、日々の生活に影響が少ない方法で解決できればもちろんそれがベストですので、債務整理などの法的手段にこだわらず、一緒に借金問題解決に向けた一番いい方法を一緒に探ることができます。

依頼費用は分割払いもできますので、まずは無料相談で不安な点をぶつけてみましょう。

関連記事

借金が払えないとどうなる?手遅れになる前に取るべき対処法とは

目次借金払えないとどうなる?滞納が続くと借金が増える仕組みとは「借金払えない…」これからどうなってしまうの?遅延損害金や…

気付けば借金が100万に…確実な返済方法と返済できない場合の対処法

目次まずは自分の借金状況を見直そう借金の総額や借入先を確認する毎月の返済可能な金額を計算する借金返済のカギは利息を把握…

借金があるのに妊娠…返済は?生活は?今すぐ不安を解決する方法

目次医療費や入院代。妊娠中に借金を抱えていることは大変妊娠・出産にかかる費用妊婦が借金を解決するためにとるべき方法妊娠…

リボ払いはなぜ”やばい”?怖い仕組みの解説とリボ地獄のリアル

目次リボ払いが「やばい」3つの理由 やばい理由(1)手数料が高い やばい理由(2)支払額が一定やばい理由(3)危機的状況になっても…

借金返済のコツは?返済計画立てと状況に応じた5つの返済方法

目次返済計画を立てるための3つの手順1.現在の借金額を明確にする2.自分の収入から返済可能額を計算する3.利息を計算していつま…