クレジットカードが払えない!滞納のリスクと対処法について解説

2018.10.24 更新

「明日クレジットカードの引き落とし日だけど、支払うお金がない…」

クレジットカードは便利な反面、お金を使っているという実感が乏しく、つい使いすぎてしまうことがあります。

「支払日に入金できなかったら、どんな罰則があるんだろう」と不安になりますよね。

実は支払日をすぎたとしても支払いに猶予を設けてもらう、支払い方法を変えるなどいくつか対処法があります。

この記事では、クレジットカードの返済地獄に陥らないために、支払えない時にとるべき対処法について解説します

借金問題に強い事務所の詳細を見てみる

クレジットカード引き落とし日に間に合わない時の応急処置

「カード会社から請求書を見たら、予想以上の請求額になっていた」

そんな時どのように対処すればいいでしょうか。一番やってはいけないことは「放置する」ことです。

「電話で催促されたらどうしよう」と不安になるかもしれませんが、落ち着いて対処すれば大きな問題になることはありません。まずはこれからお話しする方法を実践してみましょう。

請求金額を請求書や会員サイトで確認

払えない額や毎月の収入額によって、クレジットカード支払日までにお金を用意できない場合の対処方法が変わってきます。

そのため、「今月の支払いは厳しそう」と思ったら、まずは請求金額を確認して、払えない額を明確にする必要があります。

請求金額は、請求書やクレジットカード会社の会員サイトで確認できますので、まず正確な額を把握しましょう
その上で今後の収入などを考慮して、支払えない金額を把握しましょう。

その際、翌月だけでなく翌々月の請求額も一緒に確認しておくと良いでしょう。金額は未確定であっても、クレジットカードを利用したお店がカード会社への請求を済ませているものであれば、明細に反映されています。そのため支払い計画を立てる上で重要な情報となります。

カード会社に連絡して、分割払いやリボ払いに

クレジットカードで買い物する際、いったん一括払いを選択すると変更できないように思っている方もいるかもしれません。

クレジットカード会社に連絡すれば、店頭などでの支払い手続きが終わった後でも、リボ払いや分割払いに変更することは可能です。カード会社の会員サイトなどから手軽に変更できる場合も多いので、まずは確認してみましょう。

ただし、支払い方法の変更には期限があることには注意してください。多くのカード会社では、支払い方法の変更期限は請求書が届く前に設定されています。そのためインターネットの会員サイトや電話などで事前にしっかり確認して、変更手続きを済ませておく必要があります。

もうひとつ注意しなくてはいけないことは、リボ払いや分割払いは手数料がかかってしまうことです。
リボ払いや分割払いは消費者金融の利息と同程度の手数料が発生します。

リボ払いの仕組みについて詳しく書いてある記事はこちら

カード会社に支払いを待ってもらえるように交渉する

支払い方法の変更で解決できない場合はカード会社に直接問い合わせて支払いを待ってもらえるようにお願いする必要があります。

「直接カード会社に問い合わせる」というと怒られてしまうのでは?とお思いになるかもしれませんが、カード会社にとってはそういった問い合わせは日常茶飯事です。

きちんとルールに則った対応をとってくれますので、必要以上に恐れる必要はありません。対応はカード会社によって異なりますが、

  • 返済日を延ばす
  • 分割払いに変更する

などの対応をとってくれるケースがあります。

むしろ、直接問い合わせることを恐れるあまり、連絡なしで支払いを延滞してしまうデメリットの方がはるかに大きいです。

クレジットカードは、カード会社からの信用で成り立っています。その信用を失うことで以下のような人生に重要な悪影響を及ぼす恐れがあります。

  • クレジットカードの利用ができなくなる
  • 将来住宅ローンを組めない

支払いに間に合わない時には必ずカード会社にその旨を連絡しましょう。

返済日を伸ばしたり、分割払いに変更したとしてもあくまで応急処置にすぎませんが、滞納した場合のリスクを考えれば、あらかじめ対処しておくことが重要です。

支払えなかったらどうなる?滞納した場合の流れ

クレジットカードを無断で滞納していると、「あわよくばこのまま踏み倒すことができるのでは…」とつい魔がさすこともあるかもしれません。

しかしクレジットカード会社は利用者の支払い状況をくまなくチェックしています。

その上で支払いを滞納期間に応じてさまざまな対処がなされます
クレジットカードの利用分を支払わなかった場合に起こることを、順を追ってみていきましょう。

1.利用停止

滞納から1~3日  危険度★
支払日に引き落としができない場合、まずそのクレジットカードの利用ができない利用停止の状態になります。すぐに支払ったとしてもカード再開まで3〜5日かかる場合があります。また、別途遅延損害金も発生します。

2.電話やハガキによる督促

滞納から1〜2ヶ月  危険度★★★
滞納から1週間程度経つと督促の電話と郵便が届きます。督促がきてすぐに払えればいいですが、払えないからといって無視したりしていると実家や勤務先にまで連絡がいきますので、誠実に対応する必要があるでしょう。

3.強制解約され、ブラックリストに載る

滞納から1〜2ヶ月  危険度★★★
ここに定義文が入ります。ここに定義文が入ります。ここに定義文が入ります。ここに定義文が入ります。

4.一括請求される

滞納から2ヶ月  危険度★★★★
カードを強制解約されても、滞納分が踏み倒せるわけではありません。滞納している利用額と、残りの返済分も合わせて一括で請求されます。

5.強制執行される

滞納から3ヶ月  危険度★★★★★
一括請求を支払えない場合は、裁判所から通知が届いて、給料や銀行口座などの財産が差し押さえられる強制執行という段階に移ります。
あなたの大切な財産や収入が没収されるだけでなく、信用にも大きな傷が残り、その後の人生に多大な悪影響を及ぼすことになるので、なんとしても避けるべきでしょう。

このように、滞納を続ければ続けるほど事態は深刻になっていきます。そのため、クレジットカードを使用する際には支払えるかどうかを常に念頭に置いておく必要があります。

どうしてもクレジットカードが支払えないときの対処法

一時的な支払いの延期は可能とはいえ、それでは到底支払えない場合もあるでしょう。そういった場合にとるべき方法は2つあります。

  1. 家族に相談して立て替えてもらう
  2. もし頼れる親族がいるのであれば、最も確実な方法です。
    家族を巻き込むことに抵抗があるという方がほとんどでしょうが、信用情報に傷がつくとその後の生活にも影響が出てきます。きちんと返すことを約束して、立て替えをお願いすることも選択肢のひとつです。


  3. 低金利のカードローンを一時的に借りて返済する
  4. 不足分をカードローンで補填して返済することも、ひとつの選択肢です。ただし、この場合先々の収入の見通しが立っていなければ、問題の先送りになってしまうだけですので注意が必要です。

しかし、これらの方法はあくまで一括請求やブラックリストに載ることを回避するための処置であり、根本的な解決にはなりません。

特にカードローンからお金を借りたとしても、滞納することになれば同様の処置がなされます。

問題の根本は、「支払い能力を超えてお金を使ってしまう」ということです。自分で払える以上は使わないということを肝に銘じて、日々の生活を送ることが大切です。

それでも払えないときには専門家に相談して、債務整理を検討する

上記の手段でも、どうしても支払いができそうにない場合には、弁護士や司法書士に相談して債務整理を行うことを検討するという方法があります。

債務整理というと借金問題に適応されるイメージがあるかもしれませんが、クレジットカードの延滞もその対象となります。

クレジットカードの滞納問題に対しては、債務整理の中でも特に任意整理という方法が効果的です。

任意整理は弁護士や司法書士がカード会社と直接交渉し、借金額や支払い方法などを整理し、返済の負担を減らす手続きです。具体的には以下のようなメリットがあります。

  • 遅延損害金や手数料をカットし、返済総額を減額できる
  • 督促や一括請求をストップできる
  • 手続きが終わるまでの期間は支払いをストップできる
  • 家族や会社に内緒で手続きできる

クレジットカードの支払い滞納は、督促などが届くものの危機意識を持ちにくく、お金ができたら支払おうと思いつつも滞納を続けてしまっている方も多いです。

しかし、クレジットカードの支払い滞納は放置しているとどんどん大きな問題に発展してしまいます。クレジットカードの支払いで悩んでいるという方は一度弁護士・司法書士に無料相談をしてみるとよいでしょう。

関連記事

楽天カードを滞納したらどうなる?支払いが延滞したときの対処法

目次楽天カードを滞納するとどうなるの?遅延損害金が発生する信用情報に傷がつく最悪の場合、裁判に発展する恐れがあるので注…

クレジットカードの滞納は1ヶ月でアウト!信用情報への影響と対処法

目次クレジットカードを滞納してしまった時にすぐやるべきこと【段階別】クレジットカードの支払いを滞納するとどうなるのか(1)…

リボ払いの返済が終わらない…完済へ早く近づく3つの方法とは?

目次返しても終わらない…損だらけのリボ払い手数料の仕組みとは?クレジットカードのリボ払いとは~リボ払いの基礎知識~リボ払…

オリコの支払いが遅れたらどうなる?滞納は絶対にしない方がいい理由

目次「オリコを滞納してもう返済できない」そんな方がまずやるべきこと弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用する弁護…

知らずに利用すると恐ろしいことに…リボ払いの仕組みをわかりやすく…

目次リボ払いとは?仕組みを分かりやすく解説 リボ払いの種類は「定額方式」と「残高スライド方式」の2つ リボ払いの手数料や金…