カードローンの返済がつらい…多重債務に陥った時の相談先や解決方法

2018.11.21 更新

「カードローンの返済が苦しい」 「滞納してしまったら、どうすればいい?」

カードローンは、急な出費などですぐお金が必要な時に便利ですが、計画的に利用しないと、利息がかさみ、いつまでたっても返せない事態に陥ってしまうことになります。

しかし万が一「カードローンの返済ができない」「多重債務に陥った」としても、解決策は用意されています

この記事では、カードローンの返済について悩みをお持ちの方が、ベストな選択をできるように、解決手段や相談先について解説します。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

カードローンの返済が苦しい時、どこに相談すればいい?

借金の話は、家族や友人といった親しい間柄の人達にも相談しづらいものです。「悩みを相談しづらい」という点も借金のつらさといっていいかもしれません。

だからといって一人で抱え込んでしまうことは絶対に避けるべきです。借金については必ず解決策がありますし、専門家もいます。

専門家からの客観的な意見を聞きながら解決の糸口を探してみれば、仕事や私生活への影響を最小限に止めることができるかもしれません。

では、借金に関して、一体どのような相手に相談するべきなのか、具体的な相談先について見ていきましょう。

まずはカードローン会社に直接相談してみる

「今月の返済日までにお金が用意できそうもない」
「返済日をうっかり忘れてしまっていた」

このような場合は、カードローン会社に直接相談することをおすすめします。借り入れ先に相談することに抵抗を感じるかもしれませんが、現在の状況をしっかり話すことで、下記のような対応をとってくれる可能性があります。

  • 返済日をズラす
  • ひとまず利息分だけの返済とする
  • 返済期間を延長する

カードローンでの借金を滞納してしまうと、遅延損害金が発生しますし、他のカードも使えなくなる、裁判になるなど、さまざまなリスクが発生します

カード会社に自ら相談することで、返済する意思を示しておきましょう。

以下に主なカードローンの返済相談窓口を記載します。

カードローン相談窓口
プロミスコール 0120-24-0365
みずほ銀行カードローン専用ダイヤル 0120-324-555
楽天銀行スーパーローン専用ダイヤル 0120-730-115
オリックス銀行カードデスク 0120-890-699
アコム総合カードローンデスク 0120-629-215

債権回収や裁判所からの督促が来たらすぐに法律の専門家へ

カードローン会社に相談をしても解決に至らなかった場合は、借金問題の専門家に相談しましょう。

借金問題を相談できる専門家とは以下のとおりです。

【借金の相談が可能な専門家一覧】

弁護士事務所(弁護士・司法書士)
法律の観点から借り入れ先と話し合ったり、債務整理によって返済額を圧縮したり、返済方法について交渉してくれる。相談料は無料としている事務所も多数あり。
法テラス
全国各地にある法律の相談所。弁護士の紹介や弁護士費用の立て替えなどが可能。
日本クレジットカウンセリング協会
無料相談サービス「多重債務ほっとライン」では無料で電話相談&カウンセリングの受付をしてくれる。

特に以下のような場合は、早急に法律の専門家へ相談することをおすすめします。

1.複数のカードローンを利用している

複数のカードローン会社から借り入れを行う、いわゆる多重債務状態に陥ってしまうと、もはや返済できない状態にあるといって差し支えないでしょう。
なぜなら1社で収まりきれない多額の借金を抱えていて、金利を返すことで精一杯になっていることが多いからです。

月々の返済の多くが利息に充てられと、元本が減らず、いつまでも返済を続けることになってしまうのです。

2.債権回収会社から「一括請求」が届いている

督促などを無視して、滞納期間が2ヶ月以上続くと、債権回収会社からの一括請求が届きます。
一括請求が届くと、残金および遅延損害金を一括で支払わなくてはなりません。

この時点で、カードローン会社からの信用は完全に失われており、直接の交渉は難しいでしょう。また、信用情報は各金融機関に共有されているため、他社からの借り入れも期待できません。

3.裁判所から「差し押さえ通知」が届いている

債権回収会社からの一括請求をさらに放置すると、カードローン会社は、最終手段として裁判所に債権回収の訴えを起こします。すると最悪の場合、財産が差し押さえられる可能性があります。

専門家によるカードローン返済の解決方法とは?

カードローンによる借金の返済が苦しくなると、精神的にも追いつめられ「自分には、もうどうしようもできない…」と諦めてしまう人も多いかもしれません。

しかし、本人が返済は絶対に無理だと思っている状況であっても、何かしらの手段は残されているものです。

もし返済困難な状態に陥った場合は、専門家に相談して適切な解決策です。専門家に相談することで、以下の効果が望めます。

  • 取り立てや督促を停止する
  • 債務整理によって借金を減額・免除する
  • 一括請求が届いていたとしても返済方法を変更できる

カードローンの借り換えを続けても借金解決にはならない

カードローンの返済に行き詰った時に、気をつけなければならないのは、いわゆる自転車操業といわれる状況です。自転車操業とは、カードローンの返済をするために、他のカード会社など金融機関から借入する状況を指します。

当然ながら、新たな借金も、期日が訪れれば返済する必要があるので、あくまでも一時的な対処にしかなりません。

自転車操業で特に怖いのは、借金の悪循環に陥ってしまう点です。借入先がどんどん増えていくことで、借金の状況を正確に把握できなくなり、より返済のメドが立たなくなる恐れがあります。

カードローンの返済が難しい時は、その場しのぎの解決策にすがるのではなく、借金を返済するという根本的な解決策を考える必要があります。

債務整理のメリット・デメリット

弁護士や司法書士といった専門家が、借金の解決方法として用いるのが「債務整理」です

債務整理は大きく3つの種類があり、それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なります。

1.任意整理

貸金業者と弁護士・司法書士の交渉によって、利息をカットして月々の返済額を見直す。
裁判所を介さないことなどから、リスクやデメリットが少なく、最も利用者が多い。

【メリット】 【デメリット】
  • 将来利息や遅延損害金をカットできる
  • 借金総額(元金)が減額できる可能性もある
  • 3年程度の分割払いができる
  • クレジットカードやローンの利用ができなくなる
  • 他の債務整理と比べて借金の減額幅が少ない

2.個人再生

裁判所の力を借りることで、5分の1程度にまで借金を減らすことができる手続き。住宅などの財産を残すことも可能です。

【メリット】 【デメリット】
  • 借金が約5分の1に減額される
  • 住宅を含めた財産を処分しなくて済む
  • クレジットカードやローンの利用ができなくなる
  • 保証人に迷惑がかかる
  • 官報に掲載される

3.自己破産

借金の支払いが不可能であるということを裁判所に認めてもらい、借金をゼロにする手続き。

【メリット】 【デメリット】
  • 借金がゼロになる
  • 無収入でも申請できる
  • クレジットカードやローンの利用ができなくなる
  • 保証人に迷惑がかかる
  • 官報に掲載される
  • 家や車などの財産を失う

どの債務整理を選ぶべきかについては、借金の状況や収入によって異なります。
法律の専門家である弁護士や司法書士とよく相談してから、手続きを進めることをおすすめします。

【まとめ】人には話しづらい借金の悩みは専門家に相談

カードローンを含めた借金の解決策は必ず見つかります。

借金の相談は家族や友人にはしづらいもの。だからこそ、借金でお困りの際は、まず弁護士や司法書士といった専門家に相談してみることを強くおすすめします。

専門家への相談というと、費用がかかるなど非常にハードルが高く思えますが、法テラスや一部の弁護士事務所では無料相談も引き受けてくれますので、気負いする必要はありません。借金で悩みがあれば、それ以上状況を悪化させないためにも、早い段階での相談が大切です。

冷静かつ現実的に借金の悩みを解決するために、専門家に頼ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

アコムの借金は時効で踏み倒すことができる?援用のデメリットは?

目次消費者金融からの借金が時効で消滅するタイミング一般的に借金が時効になるタイミングアコムからの借金が時効になるタイミ…

みずほ銀行カードローンの滞納…状況別の対処法と3つの問題点

目次みずほ銀行カードローンを滞納してしまったらどうすればいいの?すぐに返済できるなら口座に入金をすぐに返済できないなら…

バンクイック滞納したらやばい?体験談と延滞後の対処法を徹底解説

目次バンクイック滞納をしてしまうとどんなことが起きるの滞納期間に応じてどのようなことが起きるの?バンクイック滞納をして…

三井住友カードを滞納するとどうなる?|督促の電話がくる場合とは

目次三井住友カードの支払いを滞納してしまったときに起こること 遅延損害金が発生する 利用停止になる条件 督促の電話はかかっ…

レイクの借金返済を滞納してしまった...時効で解決できるって本当?

目次レイクの借金を滞納すると、どうなる?借金を滞納すると、遅延損害金が発生するレイクからの督促が来る督促を無視し続ける…