債務整理をしたけどキャッシングを利用したいという人へ

2018.07.06 更新

借金問題を解決するとなると、一般的に債務整理がベストな選択と考えられています。
しかし、債務整理をすると、キャッシングやクレジットカードの利用にどのような影響があるのでしょうか。

そこで今回は、債務整理とキャッシングに関する内容について、先生に聞いてみました。

借金問題に強い司法書士事務所の詳細を見てみる

この記事のポイント

  • 債務整理をすると、キャッシングの利用はできなくなる
  • 「ブラックリストに載っていてもキャッシングOK」という業者は絶対に利用しない
  • 債務整理をすると、クレジットカードの利用はできなくなる

債務整理をすると、キャッシングの利用はNG!

債務整理をすると、キャッシングを利用することってできなくなるんですか?

そうですね。
債務整理をすると、キャッシングの利用はできなくなります。

今使っているキャッシングを債務整理の対象とした場合、当然ですがそのキャッシングは利用できません。

それなら、今使っているキャッシングを債務整理の対象としなければ、キャッシングの利用は可能なんですか?

たとえ今使っているキャッシングを債務整理の対象にしなくても、債務整理の手続きに入った時点でブラックリストに載ってしまうので、キャッシングを利用することはできなくなりますよ。

それなら、まだ契約をしたことのないキャッシング会社はどうなんでしょう。

債務整理の手続きに入った後は、まだ契約したことのないキャッシングであっても利用はできません。

債務整理の手続きに入ると、弁護士や司法書士が受任通知を送った時点で債権者が信用情報機関に報告をし、個人信用情報に異動情報(※)が登録されるので、ブラックリストに載ることになります。
※債務整理などのネガティブ情報、事故情報のこと。

債務整理の手続きに入った時点ですぐにブラックリストに載ってしまうので、その後は一切キャッシングの利用ができなくなってしまうんですね。
それなら、債務整理の手続きが完了した場合はどうなんでしょう。

……あきらめませんね(※司法試験の勉強も難しいからといって、すぐにあきらめないといいんですけど……)。

債務整理の手続きが完了したとしても、基本的には債務整理の手続き中と同じで、ブラックリストに載っているのでローンやキャッシングの利用はできません。
※ただし、信用情報の情報が更新され、ブラックリスト状態でなくなった場合には新たに申し込むことができます。通常は5年以上かかります。
債務整理のデメリットはこちらの記事でもご紹介しています。

「ブラックOK」な業者のキャッシングは利用するな!

ただし、世の中には「ブラックリストに載っていてもキャッシングOK」という貸金業者がいます。

そんな業者があるんですか!

ただし、そういう業者は、ブラックリストに載っている人などのリスクの高い人たちにもお金を貸してくれますが、そのリスクをカバーするために高金利の契約を結ばせて、厳しい取り立てをしてきます。

そ、それは怖いですね……。

このような業者のキャッシングを利用してしまうと、せっかく債務整理の手続きで借金生活から抜け出せたにもかかわらず、また元のように借金生活に逆戻りしてしまうので、絶対に利用をするのはやめましょう。

債務整理をした後は、キャッシングを利用しない生活に慣れることが大切です。

債務整理をすると、クレジットカードの利用もNG!

それなら、債務整理をすると、キャッシングだけでなく、今使っているクレジットカードも利用できなくなるんですか?

クレジットカードのキャッシング枠を債務整理した場合、今使っているクレジットカードの利用は止められてしまいます。

キャッシングの場合と同じように、今使っているクレジットカードを対象にして債務整理した場合も、今使っているクレジットカードを対象にしなかった場合も、そのどちらでも利用はできなくなるんですか?

今使っているクレジットカードを対象にして債務整理した場合には、そのクレジットカードはすぐに利用を止められてしまいます。

また、今使っているクレジットカードを債務整理の対象にしなかった場合には、今すぐではなくても、将来的には利用を止められる可能性もあります。

やっぱりそうなんですね。

債務整理の手続きをすると、個人信用情報に異動情報(事故情報)が登録されて、ローンやクレジットカードの利用ができない状態(いわゆる、ブラックリストに載っている状態)になります。

クレジットカードを利用している場合、カード会社は定期的に「途上与信」という審査をしているのですが、債務整理をしてブラックリストに載っていると、この途上与信のときにそのことが分かってしまいます。

途上与信ですか。カード会社ではそんなことをしているんですね。

クレジットカードの更新の際にも、同じように信用情報のチェックが行われるので、異動情報の登録があるとカード会社に分かってしまいます。

こういったことが原因で、今使っているクレジットカードを債務整理の対象にしなくても、途上与信やカードの更新のタイミングで、クレジットカードの利用が止められてしまいます。これらの対応については、どのクレジットカード会社でも同じです。

なるほど。/p>

そのため、(債務整理をしても)このカード会社ならいつまでもクレジットカードを使い続けられるということはありません。

ただし、途上与信を行う頻度などによって、カード会社に期間の差が出る可能性はあります。

分かりました!

債務整理をすると一定期間はキャッシングやクレジットカードは利用できなくなりますが、借金生活から抜け出せるという点のメリットはかなり大きいと言えます。
そのため、借金の返済で苦しんでいるのなら、まずは弁護士や司法書士に相談をしてみましょう。

このサイトでは、債務整理の問題に強い弁護士・司法書士事務所を紹介しています。

関連記事

アコムの返済に困った!任意整理が借金の返済額を減らせる理由

目次利息をカットも|アコムの借金を任意整理するメリットまとめ任意整理の手続きをすることの3つのメリットアコムの借金を任意…

債務整理でブラックリストに登録される期間は5年。信用情報を知る方法

目次債務整理でブラックリストに入ってしまう!詳しく解説そもそもブラックリストとは?どんな情報が載せられるのか?債務整理…

債務整理後にもクレジットカードを使いたい|デメリットを減らすには

目次債務整理をしても、クレジットカードは使える?債務整理の後に新しくクレジットカードを作ることはできる?審査は通る?既…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目とは異なる注意点とは

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も1回目の債務整理とは別の債権者に対して交渉を行う場合1回目の…

リボ払いを債務整理する3つのメリット|クレジットカード返済のコツ

目次リボ払いを債務整理するときのメリット任意整理をするとクレジットカードの利息がカットされる返済額と返済期間を無理なく…