24時間365全国対応 無料

TEL:0120-810-010

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

2019.04.05 更新

任意整理を弁護士に依頼したいんだけど、どのようなケースで断られるんだろう?

このページでは、任意整理を拒否される理由として代表的なものを4つ紹介します

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由

今回は、「借金が重なって、いわゆる多重債務状態となってしまい、任意整理(借金整理)をしようとして専門家に相談に行ったけれど断られた。」というケースのご相談です。
相談者の方はどうして断られたかわからないんです。
任意整理を断られる場合って、どのような理由が考えられるんでしょうか。

それは、主に3つの理由が考えられると思います。
具体的には
「返済能力」、「過払い金」、「費用」、「連絡方法」などの問題です。
任意整理の基本的な説明については、「毎月の苦しい返済…借金の任意整理で楽になる?」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

なるほど…具体的にはどういうものなんですか?

【返済能力】収入によっては弁護士・司法書士に任意整理を拒否されてしまう

まずは、借金の返済で支払っていく資金である、「返済能力」の問題です。
任意整理は基本的に、将来分の利息や滞納した場合に発生する遅延損害金をカットします。
その後、おおむね3~5年の間に金融業者など借入先への借金の支払いを終えます。 また、入金額が多すぎると、この期間内に分割で返済するのは不可能になり、借金の総額が多すぎて返済能力が足りない場合には、断られてしまうことがあります

なるほど…
そもそも任意整理ができないということですね。

【費用】報酬が用意できないと判断すると任意整理を断る場合も

さらに問題になるのが、任意整理の際の弁護士・司法書士などの専門家の費用です。
最近では無料、または分割払いなどの支払い方法ができる法律事務所(弁護士事務所)や司法書士事務所も増えています
その中で、「昔ながらの方法として、費用を一括で用意出来なければ案件を受けない。」なんていうスタンスの専門家も複数います。
よってこれらの専門家に相談に行ってしまうと、費用が用意出来ないとわかった時点で断られることがあるんです。

そうなんですね。
弁護士や司法書士を選ぶのも気をつけるポイントがいろいろあるんですね!

【信頼関係】弁護士や司法書士との連絡をしっかり取らないと手続きが進まずに断られてしまう

最後に、問題になり得るのが借金をした本人側の問題です。
任意整理の手続をすすめていくためには、専門家との間で相互の信頼関係がとても大切です。
よって、きちんと連絡が取れる方でないと専門家側としても責任もって仕事ができず、依頼を受けにくいんです。
ところが、ときどき依頼者の中には電話などで連絡をしてもなかなかつながらない方がいらっしゃるんですよね。
そういう対応をされると専門家としては大変困ってしまいますので、手続きを進めるのが困難と判断されて断られることがあります。

それは仕方がないですね。
忙しくて弁護士や司法書士からの電話に出なかったなどにならないよう注意しないといけませんね。

任意整理は何度でも可能です。一度断られても再度相談してみましょう

ということは、一回断られたらもう任意整理はできないんですか?

そんなことはありません。基本的に任意整理はいつでも可能です。
また、かつて断られたとしても手続をとることはできます。
ただ、「借金額が多すぎて返済できないから、手続をすすめることができない。」という結果になってしまうことはあります。

確かにそうですね。

このような判断を含めて、任意整理の手続は自己判断が難しい場面が多いです。
かつて断られた経験も含めて弁護士に相談してアドバイスを受けることをおすすめしますよ。

はい、最近では無料相談なんかもありますもんね。

そうです。
専門家に直接話を聞くと、納得して安心できるものですよ。

わかりました。
とにかく相談に行ってみるのが大事ですね!

このサイトでは、弁護士・司法書士事務所を厳選して紹介していますので、まずはお気軽にご相談してみてはいかがでしょうか。
匿名でのご相談も受け付けていますので、安心してご利用いただけますよ。

関連記事

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合、自己破産以外の債務整理は可能自己破産手続きができない理由~…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学金は任意整理できないの?未成年者の場合は任意整理に親の同意が…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わる債務整理をすべき「デッドライン」を理解しよう過払い金が発生…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」「破産」がある任意整理は借金を作った原因は問題とならない個人…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへの影響債務整理のタイミングについて債務整理のタイミングと判断…