任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場合も!

2018.07.07 更新

さまざまな借入先から借金をしていて多重債務状態に陥ってしまったために、任意整理をしたいが自分の借入先は任意整理の対象になるのかわからずに困っている方、いらっしゃいませんか。
そこで今回は、任意整理の対象となる金融機関の種類と注意点について、先生に聞いてみたいと思います!

借金問題に強い司法書士事務所の詳細を見てみる

この記事のポイント

任意整理を考えているなら、督促の電話を止めるためにもまずは弁護士にご相談を!

民間企業からの借入れの場合、ほとんどの場合任意整理の対象になります
もし現在、督促の電話や取り立てを行われている場合、弁護士・司法書士に相談することですぐに督促や取り立てを止めることも出来ます。 住宅ローンの借金を任意整理する時など、対象業者の判断が難しい場合もありますので、まずは現在の状況をご相談ください。

クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融もいろいろあるけど、任意整理の対象にならない消費者金融ってあるの?

先生、任意整理ってけっこう人気の手続きだと思うんですけど、借金の種類って消費者金融やクレジットカード会社、銀行ローンや住宅ローンとか、いろいろとありますよね?

はい。そうですね。

こういうのが全部、任意整理の対象になるのか知りたいんです。

たしかに消費者金融の中でも、大手の消費者金融もあれば中小の消費者金融、町金もありますし、クレジットカード会社もキャッシングもリボ払いもあります。
さらには物品の分割購入の支払いもあったりして、借金の種類ってとても多いから混乱することもあるかもしれませんね。

そうなんです。
実際のところ、どうなっているんですか?

実は、今出てきたような借金はすべて任意整理の対象になります
消費者金融も銀行も、クレジットカードにもとづくも分割の支払いもすべてです。
こういう借金は民間からの借入れ金や代金支払なんですが、その場合、消費者金融が大手であろうが中堅消費者金融であろうが、借入先に関係なく整理できますよ。

そうなんですね。
じゃあ、いろいろな種類の借金を抱えて不安な方でも、安心して任意整理することができるんですね。
よかったです!

消費者金融からの督促の電話を無視しているとどうなる?

消費者金融からの督促電話を放置していると、どうなるのでしょうか?しつこく電話がかかってくる場合は、どのように対処したらいいのでしょうか?

1ヶ月以内に支払いができる場合

うっかり滞納してしまった場合は、そのことを電話で伝えましょう。消費者金融としても、すぐに支払ってもらえるのであれば、それ以上の措置を取ることはありません。

支払う日付を伝えたが、その日までに支払わなかった場合

支払う日時を伝えたのに、その日までに支払をしなかった場合、また消費者金融から電話がかかってきます。この電話を放置すると、次は普通郵便や内容証明で督促の手紙が届くようになります。この手紙を数ヶ月放置すると、裁判を起こされることになります。

もし保証人を付けている場合は、この段階で保証人に連絡が行くようになります。保証人の電話番号や住所を伝えている場合、保証人に電話がかかってきたり、手紙が届くようになります。

1日にしつこく何度も電話がかかってくる場合

日本の法律では、貸金業者が「正当な理由なく」電話をかけることを禁止しています。深夜や早朝に電話がかかってくる場合は、法律違反ですので、このような電話に対応する必要はありません。着信があった時間帯をメモしておき、お早めに弁護士・司法書士に相談しましょう。

職場に電話がかかってくる場合

貸金業法では、勤務先に電話をかけて取り立てをすることを禁止しています。もし会社や通勤経路に現れるようなことがあっても、対応する必要はありません。仕事に支障が出るようであれば、すぐに弁護士・司法書士に相談しましょう。

家族や親戚に電話がかかってくる場合

家族や親戚が保証人になっている場合は、消費者金融が正当に取り立てを行うことができます。しかし、悪質な業者の場合は、家族や親戚が保証人でないにもかかわらず、取り立ての電話をかけることがあります。

このような取り立て行為は、法律で禁止されています。違法な行為ですので、対応する必要はありません
保証人でないにもかかわらず、家族や親戚に電話がかかってくる場合は、電話に出る必要はありません。しつこくかかってくる場合は、着信履歴を記録して、お早めに弁護士・司法書士に相談しましょう。

闇金への支払い義務はない!電話などが来ても、法律の専門家である弁護士・司法書士に任せよう。

よく、闇金の借金のことも問題になると思うんですが、これってどうなるんですか?
やっぱり任意整理の対象になるんですか?

いいえ、闇金は消費者金融などと違って、法律によって制限された以上の利息をとっている違法業者です。
警察にも罰せられます。
ですから闇金への借金は、そもそも支払い義務がないんです。
だから、任意整理するとしても闇金には一切の支払いをする必要がありません。

えっ!でも支払わないと執拗に取立が来ませんか?例えば電話とか……。

大丈夫です!
闇金からの借り入れがある場合、借金の整理手続きをした際、専門家に「警察に通報します」などと言ってもらえれば、もう連絡してこなくなりますよ!

それは助かりますね!

消費者金融ではない住宅ローンは判断に注意が必要!他の債務整理が良い場合があります。

それと、任意整理をする際、もう一つ気をつけなければならないのが住宅ローンの取り扱いです。

えっ、でもさっき住宅ローンも任意整理の対象になるって言ってましたよね。

はい、それはそうなんですが、住宅ローンの借入額は相当多額であることが多く、これによって返済額が莫大になってしまいます。
事実上、任意整理ではどうにもならないことが多くなるんです。
また、住宅ローンの借金を任意整理すると住宅は失うことになります

あっそうですね。
じゃあ住宅ローンがあったら借金整理はあきらめるしかないんですか?

いいえ、借金問題は必ず解決できます
住宅を残したい場合は、住宅資金特別条項付(住特条項)個人再生という手続きを使うのですが、この手続きのことについてはまた別の機会に解説しますね。

やはり解決方法があるんですね!

任意整理すると信用情報に傷はつく?

弁護士・司法書士に任意整理をお願いすると、どのような流れで手続きが進むのでしょうか?信用情報に影響は出るのでしょうか?

すでに完済しているケース

すでに借金を全て支払い終わっており、完済後に任意整理をする場合は、信用情報に影響が出ることはありません。

すでに滞納状態となっているケース

現時点で借金を滞納している方は、すでに信用情報に「滞納」や「延滞」という情報が登録されています。任意整理をしたからといって、悪影響が出ることはありません。

過去に一度でも滞納したことがあるケース

過去に一度でも滞納したことがある方は、すでに信用情報に「滞納」や「延滞」という情報が登録されている可能性があります。一度の滞納であれば登録されていないこともありますが、二、三度でも滞納したことがある場合は、すでに延滞情報が登録されている可能性が高いでしょう。

すでに信用情報に「延滞」や「滞納」の情報が載っている場合は、任意整理をしても信用情報に影響はでません

今まで一度も滞納したことがないケース

今まで一度も滞納したことがない方は、現時点では信用情報はまっさらな状態です。

任意整理をしている間は、一時的に返済を中断するため、信用情報に「延滞」という情報が登録されます。
返済を中断する理由は、「適正な債務の額を計算するため」です。支払いを続けていると、支払い済みの金額が変動するため、過払い金の額も確定することができません。そのため、一時的に返済は停止してもらいます。

一時的に返済を中断するため、信用情報に「延滞」という情報が登録されてしまいます。このような情報が登録されると、新たなクレジットカードを作ることができなくなり、ローンの審査も通りにくくなります。

もちろん、この「延滞」という情報は、永遠に登録されるわけではありません。
およそ5年ほどが経過すると、自動的に削除されます。5年が経過すれば、あなたが何の手続きもしない内に自然と削除されます。

任意整理をした後であっても、5年が経過すれば、新しくクレジットカードを作ることができますし、ローンの審査にも通りやすくなります。

任意整理の対象となる消費者金融まとめ。まずは弁護士・司法書士に相談しましょう!

結局、民間の金融機関ならほとんどが任意整理の対象となるけど、住宅ローンは実際には任意整理は難しいということですね。

そうですね。
個別にどの業者が任意整理の対象となるか、対象となるとしても対象とすべきかどうかについては自分だけでの判断が難しいので、専門家に聞いてみるのが良いと思いますよ。

じゃあ、無料相談に行って弁護士や司法書士の法律相談を受けてみることをおすすめしたらいいですね!

そのとおりです。
がんばってくださいね。

関連記事

学生のための債務整理カンタン解説|返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学金は任意整理できないの?未成年者の場合は任意整理に親の同意が…

任意整理で月々の返済額はどのくらい減る?3つの減額法で楽に返済!

目次任意整理とは?メリットは主に2つ!任意整理によって月々の返済額がどのくらい減るの?3つの減額法を紹介将来の利息をカッ…

任意整理の期間と手続きの流れ|和解・返済期間とブラックリスト期間

目次任意整理が終わるのは3~5年|手続きの流れを解説弁護士・司法書士に任意整理の依頼をすると督促が止まる任意整理の和解手続…

債務整理の条件ってなに?弁護士・司法書士に相談するべき基準と手…

目次【最初に読んでほしい】債務整理には3つの種類がある債務整理は3つの種類がある「任意整理」「個人再生」「自己破産」任意…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られる3つのケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【返済能力】収入によっては弁護士・司法書士に任意整理を拒否され…