過払い金請求の本当のリスク。たった1つのデメリット条件とは

2018.06.22 更新

過払い金請求をしたい…でもリスクが気になって不安…。

過払い金請求をするとどうなるのか、リスクが気になりますよね。
人によっては過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまうなどのリスクを負ってしまうケースがあります。
ここでは、過払い金請求をすることによってリスクを負ってしまう条件と、過払い金請求をするとメリットとなる条件について解説していきます。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまう条件
借金の返済途中に過払い金請求をした結果、戻ってくる過払い金で借金の残額を返済してもまだ返済額が残ってしまうケース

過払い金請求をするとメリットとなる条件

  • 完済済みで請求するケース
  • 返済途中でも、返済の目途が立っているケース

借金を完済している方、返済中でも過払い金請求の結果返済額がゼロになる方は過払い金請求をしたからと言って信用情報にキズがつくことはありません。 無料&匿名で相談可能なので、過払い金請求をするか迷っている方は一度診断してみるのもおすすめです。

過払い金請求をしてもブラックリストに載るリスクはほとんどない?

今日は、過払い金についての問題なんです。
過払い金請求するのに何かデメリットとかリスクはないのかについて教えて欲しいと思っています。

わかりました。
まず、過払い金請求とはどのような制度だったか覚えていますか?

確か、過去に消費者金融などから、借り入れと返済を繰り返してきた場合に、払いすぎた利息が返ってくることですよね

そうですね。
すでに完済している場合も対象となります。
長期にわたって返済を続けていると、利息の払いすぎた部分が相当大きな金額になっていることがあります。
これを業者や金融会社に払いすぎた利息を返還請求するのが過払い金請求です。

過払い金請求の料金について確認

それで、この過払い金請求をすると何かデメリットやリスクがあるんですか?
ブラックリストに載ってしまうのなら過払い金請求をするのをためらってしまうという人も多いと思うのですが・・・

うーん、そうですね。
以前には過払い金請求をしただけで信用情報機関に事故情報が登録されてしまう、いわゆるブラックリストに載ってしまうという問題があったのです。
ブラックリストに載ると、7~10年間程度は一切のクレジットカード作成や分割購入ができなくなるので大変不便です。

以前は過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまう、ということですが、今は過払い金請求をしてもブラックリストに載らないのですか!?

そうなんです。
近年は、過払い金請求をするだけなら、そもそも借金の滞納をしているわけではないということで、ブラックリストに載せないという取り扱いに変わりました。
よって今では過払い金請求によってブラックリストに載ることはありません
もし手違いで載ってしまった場合は、訂正を請求をして取り消してもらうことができます。

【リスクなし】借金を完済しているor返済中でも過払い金返還の結果0円になればOK

過払い金請求をするリスクやデメリットがないとは言え、すべての場合でリスクがないとは言えないのが現状です。
過払い金請求をした結果、信用情報に影響が出てしまう場合というのももちろんあります。

それは例えばどのような場合ですか?借金を滞納したことがある人は信用情報に影響が出てしまうとかそういったことでしょうか?

その通りです。
一つ目は、既に借金を2ヶ月以上滞納してしまっている場合には、過払い金請求をする前に既にブラックリスト状態になってるのです。
二つ目は、借金の返済途中に過払い金請求をした結果、戻ってくる過払い金で借金の残額を返済してもまだ返済額が残ってしまう場合です。しかし、このようにまだ返済額が残ってしまう場合には、「任意整理」という手続きの扱いになって、将来の利息はカットしてもらえます。

一度無料で相談してみる

なるほど、既に長期間滞納している場合には、過払い金請求をするしないに関わらずブラックリストに載っているのですね。
また、過払い金請求をしても返済が残ってしまう場合には、「任意整理」の手続きに移行するので信用情報に影響が出てしまうのですね。

その通りです。
ただ、借金をどれだけ滞納していても過払い金請求は可能です。
また、滞納し続けてブラックリストに載り続けるよりは、過払い金請求と任意整理を併せて行って完済を早めたほうが明らかにリスクが少ないと言えます。

過払い金請求は実績のある弁護士に依頼したほうが多く返ってくる

結局、過払い金請求をするにはどのような手続きをとるのが一番良いんですか?

まず大切なのは良い専門家を選ぶことです。
良い専門家とは、契約当初にきちんと報酬など費用について説明をしてくれます。
また、報酬について明記した契約書を作ってくれたり、そのほかの費用についても丁寧に説明をしてくれるはずですよ。また、職場や家族にも秘密で行えるのも利点です。

わかりました、相談者の方に伝えます。
ありがとうございました。
またどれくらい過払い金が戻ってくるのか、依頼する弁護士の実力によって返ってくる金額が変わることはあるのでしょうか?

もちろんあります。
過払い金請求は、弁護士と貸金業者の交渉によって行われます。ですので、交渉力の強い弁護士のほうが過払い金を多く取り戻せる可能性が高いのです。債務整理の実績が多い弁護士事務所を選ぶべきでしょう。

【まとめ】過払い金請求をする前に知るべき重要なポイント

過払い金というのは本来支払う必要がないお金です。
借入期間が5年以上かつ、利息制限法の上限金利を上回る金利設定で借り入れていた場合は過払い金が発生している可能性が非常に高いです。

借入金額 利息制限法の上限金利
100万円以上 15%
10万円以上100万円未満 18%
10万円未満 20%

自分が利息を払い過ぎていないか、上記の表を参考に確認してみてください。

過払い金請求を検討している場合、弁護士費用の相場などを相談して信頼のおける弁護士をしっかりと見極めて依頼するようにしましょう。

大まかな過払い金額がわかる!過払い金チェッカー

過払い金が発生しているか/いくら発生しているかわかる過払い金チェッカーをご用意しました。
※簡易的な計算機なので、正確な金額を知りたい方は弁護士に相談しましょう。

Q1借入金額
Q2金利
Q3契約期間
Q4完済から10年以上経つか

関連記事

過払い金の必要書類って?個人で手続きよりも弁護士が確実な理由

目次過払い金請求の必要書類は全て揃えなくても大丈夫過払い金請求を弁護士に依頼をすれば、自分で書類をそろえる必要はない手…

過払い金請求に時効があるってホント?請求するメリットとは?

目次過払い金の請求期限、10年が目安です。過払い金請求をしないデメリットとは?早めの過払い金請求をお勧めします過払い金請…

個人再生中に過払い金が判明!返還請求は可能?再生計画決定後に判…

目次個人再生手続き中に過払い金が判明!請求はできる?個人再生手続き後に過払い金を取り戻せる?再生計画や住宅ローンへの影…

「自己破産後」or「自己破産しようとしていた時」に過払い金が判明…

目次【自己破産しようとしていたら】過払い金が判明!返還請求の権利はある?【自己破産後に】過払い金が判明したら、免責決定…

親が消費者金融から借金していた!親に過払い金返還請求権がある場…

目次故人に貸金業者と取引があったことが判明。過払い金も相続対象になるのか相続放棄しなくてもOK?亡くなった親の借金でも過…