リボ払いを使うとどうなる?利用時の注意点と賢い利用方法を解説!

2019.11.28 更新

「『リボ払いは危険!』というけど、実際に利用するとどうなるの?」

手持ち(現金)がなくても好きなものを買えるクレジットカードは、その便利さから私たちの生活に欠かせないものになっています。

しかしその一方で、決済が簡単に行えるため、インターネットショッピングなどでついつい使いすぎてしまうこともあるでしょう。

「支払いが苦しくなったので『リボ払い』にしようか考えている」という方がいるかもしれません。しかし、リボ払いにはデメリットもあるので、良し悪しを理解したうえで賢く利用する必要があります。

こちらの記事では、リボ払いを使うとどうなるのか、利用時の注意点や賢い利用方法などの仕組み全般についてお伝えします。リボ払いを申し込もうか悩んでいる方は、この記事を読んで不安や疑問を解消しておきましょう。

そもそも「リボ払い」とはどんなもの?

リボ払いは「リボルビング払い」の略称で、毎月の返済額をあらかじめ一定の金額に設定し、金利(手数料)とともに返済していくクレジットカードの支払い方法です。

類似する返済方法として「分割払い」がありますが、こちらは買い物・サービスごとの支払い回数を指定する支払い方法で、毎月の支払い額を指定するリボ払いとは仕組みが異なります。

月々の支払い方法の決まり方

リボ払いの最大の特長は、毎月の返済額が一定になること。

そのため、まとまったお金がなくても高額な商品を購入することができます。極端かもしれませんが、例えばリボ払いで「月に1万円しか返済しない」と決めておけば、支払い総額が30万円あっても毎月の返済額は1万円にしかなりません。

そのため、「手元にお金はないけれど、必要だからどうしても買わなければならない」といった場合にリボ払いが活用できるととても便利です。

他にも、ボーナスや臨時収入が入る前、一時的にまとまったお金を使いたいといった場合にリボ払いは有効だといえます。

一般的な手数料率と利用限度額

分割払いを利用すると、お金を使えば使うほど月々の返済負担が大きくなります。一方で、リボ払いなら月々の返済負担は変わりません。

しかし、リボ払いを利用する場合は手数料が発生します。また、利用できる金額には上限(利用限度額)が設けられています。この手数料率や利用限度額が気になっているという方も少なくないでしょう。

リボ払いの一般的な手数料率は年利15%です。また、リボ払いの利用限度額は30万円に設定しているカード会社が多いです。

手数料率や利用限度額はクレジットカード会社によって異なるため、契約する前にしっかりと確認しておく必要があります。

なぜリボ払いは「怖い」といわれるの?

リボ払いについて調べていると、デメリットに関する情報をよく目にするかと思います。友達などから「リボ払いは怖い」「リボ払いにはしないほうが良い」といわれた方もいるでしょう。

では、なぜリボ払いは「怖い」のでしょうか。リボ払いを利用するとどうなるのか、そのリスクについて見ていきます。

手数料が高い

リボ払いを利用する場合は、毎月手数料が発生します。一般的に手数料率が年利15%に設定されているというのは先に触れた通りですが、15%という手数料率は非常に高い数字です。

「消費者金融のカードローン と同じ水準」といえば、金利の高さをイメージできるかもしれません。リボ払いを利用すると、消費者金融で借金をしてしまったときと同程度の手数料を支払うことになるのです。

支払い額が少ないと元金を減らせない

リボ払いは分割払いの仕組みと大きく異なるため、いくら利用しても支払い額が変わりません。例えば、30万円分の支払い義務(借金)があっても返済額は1万円にするのも可能です。 しかし毎月の返済額が少なければいつまで経っても元金を減らせず、返済期間が長くなって借金が膨れ上がってしまいます。この仕組みこそ、債務者を借金生活に陥れる大きな落とし穴となっています。

引き落としなので残高が分かりづらい

リボ払いを含めたクレジットカード支払いのほとんどは、毎月の支払い日に指定の銀行口座から自動的に引き落とされます。

そのため借金の残高が分かりにくく、人によっては「順調に借金が減っている」と勘違いしてしまうことも。借金が減っていないのにリボ払いで買い物をしてしまったらーー当然、借金総額が増え続け、いずれ取り返しのつかないことになります。

「自動リボ」の仕組みに要注意

クレジットカードの支払い方法が「自動リボ払い」に設定されていると、すべての買い物がリボ払いで決済されてしまいます。

先ほどもお伝えしたように、リボ払いを使うと高い手数料を支払うことになります。「自動リボ」を利用すると、いくらクレジットカードを利用しても、毎月の支払額は同じです。

「毎月きちんと支払っているのだから減っているはず」と思っていたら、いつの間にか返済期間が長期化したり滞納額が高額化します。

国民生活センターでも、「リボ払いは月々の支払いを一定額に抑えられる分、支払い期間が長期化し、手数料がかさむことがあり、気軽に利用を重ねると多重債務の一因にもなる」と注意喚起しています。利用する際は気をつけましょう。

※参照元:利用の前によく確認を!クレジットカードのリボルビング払い

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20091216_4.html

リボの返済シミュレーション

借金生活に陥ることなくリボ払いを上手に活用するには、その「怖さ」を知ったうえで賢い利用を心がける必要があります。次は、返済シミュレーションからリボ払いの有効な利用方法を見つけていきます。

返済シミュレーションの条件と結果

下記は、リボ払いの返済シミュレーションで利用する条件です。

  • リボ残高:30万円
  • 金利:15%
  • 毎月の返済:1万円と2万円

下記は、返済シミュレーションの結果です。

【返済額が1万円の場合】
返済回数:38回
返済総額:378,331円
残高との差額:78,331円
【返済額が2万円の場合】
返済回数:17回
返済総額:334,
残高との差額:34,311円

返済シミュレーションの結果からわかること

「残高との差額」とは、リボ払いによって発生した元金とは別の手数料です。返済額が1万円なら返済回数38回、2万円なら返済回数は17回となります。 月々の返済額を増やすことで返済回数が半分程度になり、手数料が軽減されていることがお分かりいただけると思います。

リボ払いによる借金地獄という最悪の状況を避けるためにも、長期にわたる返済期間の設定は行わないようにしましょう。返済額を支払える額で決めるのではなく、借入額に見合った支払い額にすることが大切です。

万が一、「リボ地獄」にはまってしまったら……

もし、度重なる買い物によってリボ地獄(借金地獄)に陥ってしまったら、どのような方法で対処すれば良いのでしょうか? 以下では、リボ地獄における有効な対処方法をご説明します。

一括返済・繰り越し返済

リボ払いの元金がまったく減らない状態に陥ったら、借金を一括返済する、または繰り上げ返済する方法が有効です。

一度にすべての借金を返済することは難しくても、繰り上げ返済を利用すれば元金を減らしていくことができます。利息(手数料)は元金が少ないほど、安くなりますので、その後の返済の負担もグンと減ります。

もし、生活費の余剰や臨時収入が手に入ったら、なるべくリボの返済にあてるようにしましょう。

金利の安いカードローン

金利の安いカードローンがある場合は、そちらを使って急場をしのぐというのも選択肢の一つではあります。金利が1%でも安ければ、返済総額を抑えることができるからです。

ただし、「金利の安いカードローンを見つけたからリボ払いの契約は解約すればいい」というわけにもいかないのが悩ましいところ。

支払い途中でリボ払いのカードを解約しても、リボ残高がある以上は元金に対する手数料が発生し続けます。つまり、カードを解約しても借金問題の根本的な解決にはならないということです。

債務整理(任意整理)

リボ地獄を解決する方法のひとつに、「債務整理」と呼ばれる法的手続きがあります。債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などの種類があり、これらのなかで最も利用されているのが任意整理です。

任意整理は債権者との直接交渉を通して将来利息のカットや長期分割弁済などを実現し、借金を返済しやすくする手続きです。

いわゆるリボ地獄に陥る一番の原因は「利息(手数料)の支払いに追われ、元金が減らないこと」です。

任意整理はまさにその利息をカットする手続き。手続き後は元金のみを返済していくため、支払った分だけ元金が減ります

ただし、任意整理をすると信用情報に事故情報が登録されるデメリットがあります。
また、カード会社と直接交渉なので、専門家である弁護士や司法書士のサポートが必要です。

一括返済や繰上げ返済では解決できない場合の選択肢、として検討しましょう。

任意整理のメリットやデメリットについては、以下の記事で詳しく解説しています。
任意整理とは?デメリットとその後の生活への影響を少なくするために

まとめ

リボ払いは毎月の返済を一定額にできる点では非常に有効な支払い方法です。

ただし、リボ払いは借金と同じく、利息(手数料)がかかります。そのため、無計画にリボ払いを使っていると、いつの間にか多額の借金を抱える恐れがあります。

リボ払いによる問題を解決するうえで重要なのは、返済負担を軽減すること。債務整理は、リボ払いによって生じた借金問題を解決する有効な手段のひとつです。

法律の専門家である弁護士や司法書士に相談すればすべての手続きを依頼できるため、何も心配する必要はありません。手数料が増えてばかりでリボ残高がまったく減らない状況なら、任意整理手続きを行って手数料をカットすることから始めてみましょう。

関連記事

リボ払いの返済に困ったら…無料の相談先一覧とサービス内容や事例を…

目次リボ払いの返済で相談したい!対処法と相談窓口一覧リボ払いの返済で困ったときの対処法リボ払いの返済に困ったときの無料…

リボ払いで多重債務に…おまとめローンに乗り換えるのは有効?

目次リボ払いからおまとめローンへの乗り換えは可能おまとめローンとは?「キャッシング利用」のリボ払いはおまとめローンが可…

リボ払いの危険性をわかりやすく解説

リボ払いとは、正式名称をリボルビング払いといい, クレジットカードの支払方法の一つです。 ひと月あたりの支払額を設定し、そ…

リボ払いからカードローンへの借り換えは有効?

目次そもそもリボ払いの借り換えとは? カードローンへの借り換えは必ずしも得ではない理由2つ カードローン=必ずしも低金利…

リボ払いは使い方次第で便利なこともある!有効に活かせるコツを紹介

目次リボ払いの賢い使い方をチェック!リボ払いの返済額を利用限度額いっぱいに設定する2ヶ月で完済できる返済額に設定するリ…