費用を安く抑えたい!過払い金請求のコツとは?

2018.10.24 更新

過払い金請求をするにしても出来るだけ費用が安いに越したことはありません。
でも、どの様に過払い請求をすれば安く費用を抑えることが出来るのでしょうか。
今回は、自分で過払い金返還請求をする場合と、弁護士や司法書士に依頼するケースに分けて、コストを抑えて過払い返還請求をする方法を先生に聞いてみましょう。

  • 過払い金請求は個人でやるとローコストで済むが、業者との交渉などをすべて自分でやらなければならない
  • 個人でやった場合、交渉がまとまらずに裁判になりやすく、結局裁判の費用がかかってしまう
  • 専門家に頼むと確実で自分でやることは殆ど無いので楽
  • 相談無料サービスなどを最大限利用するのがオススメ

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

個人の過払い金請求は安いけどリスクがある!

今回は過払い金請求のことなんですが、どうしたら費用を安く抑えられるかと言うことなんです。

なるほど。
まぁ、やはり専門家に頼むか頼まないかは大きいですね。
個人で返還請求をする場合は、大幅に費用を抑えることが出来ます。
ただ、この場合、必要書類の取り寄せや、過払い金の計算書・過払い金請求書の作成、消費者金融との交渉、などすべてを自分でしないといけなくなります。
その代わり報酬が発生しないので、ローコストで業者へ請求が出来ます。

なるほど…
個人でやる際に注意点とかはありますか?

一つだけあります。
借入の取引先と裁判所で訴訟になった場合、結局は裁判の費用が高くついてしまう場合があります。

なるほど、個人で交渉するとうまくまとまらないことが多く、裁判になりやすいんですね

司法書士に頼む場合、部分利用がおすすめです!

司法書士事務所への依頼は報酬の金額が安いと言われています。
実際には、事務所によるところが大きいですが、「費用をできるだけ安く抑えたい!」という人は司法書士に頼むことをおすすめしています。

司法書士に依頼した場合と弁護士に依頼した場合の違いは何ですか?

司法書士は1社からの借入が140万円以下の借金しか取り扱えません。ただし、各社の借入が140万以下であれば総額についてはいくらでも構いません。

信頼のおける弁護士事務所でや司法書士事務所でトータルサポートを受けるのが一番!

弁護士や司法書士に依頼する場合、無料サービスなどを最大限利用すると良いですよ。
例えば、過払い金の無料相談、初回の着手金無料などや、キャンペーンで支払う報酬が少ないという事務所なんかを探してみても良いかもしれません。

安さも大事ですが、一番は信頼がおけるかどうかです。いくつかの事務所に相談してみて、対応のよい事務所にお任せすることをおすすめします。

関連記事

過払い金は時効援用後は請求できない?期限延長で確実に回収する方法

目次過払い金が発生するのはどのような場合に発生するのかそもそも「過払い金」とは過払い金を支払っている可能性があるのはど…

過払い金の計算方法を知りたい。無料計算チェッカーと過払い金発生…

目次おおまかな金額を計算できる過払い金診断チェッカーわからなければ弁護士や司法書士に依頼。用意すべきものは?過払い金と…

リボ払いの過払い金を請求できるのはキャッシング枠だけ。仕組みを…

目次リボ払いの仕組みと過払い金請求できるクレジットカードの借入れ条件リボ払いと分割払いの大きな違いは月々の返済額過払い…

過払い金回収ってどんな流れで行われるの?

目次過払い金を回収する方法と知っておきたい事過払い金回収の前に知っておきたいこと過払い金請求の具体的な方法過払い金はだ…

クレジットカードも過払い金請求の対象になるのか?

目次ショッピングでのクレジットカード利用で過払い金は発生するのか?リボ払いでのクレジットカード利用で過払い金は発生する…