レイクの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

 

レイクはテレビCMなどもあって、多くの人が知っている有名な消費者金融です(現在は銀行傘下で銀行カードローン業務を行っています)ので利用者も多いですが、借入がかさんで支払いが苦しくなっているケースもよくあります。
レイクからの借金返済が苦しい場合には、任意整理によって解決する方法が効果的ですが、レイクからの借金を任意整理すると、どのようなメリットがあり、またレイクからはどのような対応をされることが予測されるのでしょうか?
今回は、レイクの借金を任意整理で解決する方法について解説します。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

新生銀行カードローンレイクの借金を任意整理するメリット

レイクからの借金を任意整理するとどのようなメリットがあるのでしょうか?以下では、任意整理の一般的なメリットと、レイクを任意整理した方が良いケースをご紹介します。

任意整理の手続きをする一般的なメリット

レイクからの借金返済が苦しくなっている人はたくさんいますが、どのような人でも任意整理によって解決する方法に向いているわけではありません。そこで、まずは任意整理の手続きをすることの一般的なメリットをご紹介します。

借金の原因が問題にならない

任意整理とは、債権者と直接話し合いをすることにより、借金の返済金額と返済方法(月々の返済金額や返済期間など)を決め直して合意する手続きのことです。

任意整理のメリットの1つ目として、借金の原因が問題にならないことが挙げられます。

例えば生活費不足が原因でも任意整理できますし、事業に失敗したケースや詐欺に遭って借金が増えたケース、病院治療費支払いのために借り入れたケースや浪費、ギャンブルによる借金のケースでも、どのような場合でも任意整理はできます。この点、自己破産の場合には、免責不許可事由があるので、浪費やギャンブルなどが原因の場合には債務整理ができなくなる可能性があります。

周囲に秘密で手続出来る

次に、任意整理は、家族や周囲の人に秘密で手続を進めやすいメリットがあります。

借金している人の場合、借金問題を家族にも秘密にしている人が多いですが、任意整理では裁判所も利用せず必要書類などもほとんどない私的な手続きであるため、周りに知られることなく手続を進めやすいのです。

対象にする債権者を選べる

さらに、任意整理の場合、手続きの対象にする債権者を選択出来るメリットもあります。債務整理をする場合、住宅ローンや車のローンなどがあるケースもありますし、保証人がついている借金があるケースもあります。このような場合に車のローンを対象にして債務整理をすると車が無くなりますし、保証人がついている借金を対象に債務整理をすると保証人に借金の請求が来て保証人に迷惑をかけてしまいます。

ここで、任意整理の場合なら、これらの借金を対象から外してそれ以外の借金だけを整理することができます。これによって、車や住宅を守ることができますし、保証人に迷惑をかけるおそれもなくなります。この点、個人再生や自己破産を利用すると、すべての債権者を対象にしないといけないので、車を守ることもできませんし、保証人には必ず迷惑をかけることになってしまいます。

借金返済が楽になる

任意整理をすると、借金返済が楽になります。

利息制限法を超過した利率での取引があったら大幅に借金元本を減額してもらえますし、そのような取引がなくても債権者との合意後の将来利息の支払いをカットしてもらうことができるので、結果的に借金返済総額がかなり減額できます。

このように、任意整理には一般的にたくさんのメリットがあります。

レイクの借金を任意整理したほうがいいケース

次に、具体的にレイクからの借金を任意整理した方が良いのはどのようなケースなのか、見てみましょう。

借入期間は、借り入れ後早いほうが良い

まず、任意整理によってメリットを得るには、どのくらいの借入期間が必要かという問題があります。

任意整理の場合、利息制限法を超過した取引がない場合には、将来利息をカット出来ることが主なメリットです。そこで、ある程度借金残高が残っている状態でないと、任意整理のメリットを感じにくいです。たとえば、借入期間が長期になっていて、ほとんど自力で返済を終えてしまっている状態なら、任意整理するメリットは少ないです。よって、任意整理をするなら、まだ多くは返済をしていない早めの段階で手続きをする方がおすすめです。

ただし、一回も返済をしていない状態では任意整理は難しいです。この場合、詐欺的な借金利用方法だとみなされて、相手業者から任意整理の話し合いに応じてもらえない可能性が高まります。よって、任意整理をする場合の借入期間としては、借入後、最低1回は返済をした上で、なるべく早い段階で手続きすることが得策です。

任意整理すべき借入額とは?

次に、借入額がいくらくらいあれば任意整理すべきかという問題があります。ここでも任意整理の利息カット効果が関連します。任意整理では、将来利息のカットをしてもらえることが主なメリットなので、借金残額が余りに少ないとメリットが小さくなります。例えば借金残金が10万円の場合、年率10%でも年にかかる利息は1万円ですし、毎月1万円ずつ返済していたら10ヶ月で返済出来てしまいます。カットできる利息はほとんどないですし、わざわざ任意整理しなくても、充分完済出来るでしょう。むしろ弁護士費用の方が高くなってしまいます。

このように、任意整理をする場合、最低でも借入金額が20万円くらいはないと、メリットはほとんどありません。

逆に、借入金額が高すぎると、任意整理では借金を整理仕切れなくなります。任意整理の場合、利息制限法を超過した利率での取引がなければ借金を減額することができないので、あまりに多額の借金があると、分割払いでも返済仕切れなくなるからです。

返済状況はあまり問題にならない

さらに、借金の返済状況によって影響を受けるのかという問題もあります。

任意整理をする場合、借金をコツコツ返済してきている必要があるのか、長期延滞している場合などに手続きができるのかなどです。

これについては、ほとんど心配する必要はありません。もちろん滞納無しにきちんと返済を継続してきた人でも任意整理はできますし、長期延滞してレイクからの督促を無視し続けてきた人であっても任意整理の話し合いに応じてもらって手続きすることは可能です。

レイクは対応も良いので、今まで無視していたからと言って話し合いにも応じてもらえなくなるという心配はありません。

ただし、先にも言いましたが、一回も返済していない場合には問題があります。レイクを初めとして、一般的に任意整理をする場合には、最低でも1回は返済をしている必要があります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

任意整理の手続きについて理解しよう〜レイクの場合〜

次に、任意整理をする場合にどのような手続きの流れになるのかを確認しましょう。レイクが相手の場合に任意整理をすると、以下のような流れになります。

レイクの借金を任意整理する際、手続きにかかる期間と流れ

まずは弁護士に相談して手続きを依頼する

レイクを相手に任意整理をしたい場合、債務者が自分で手続を進めるのは難しいので、通常は弁護士などの専門家に相談して手続きを依頼することになります。

そこで、まずは債務整理を取り扱っている弁護士や司法書士に、借金の相談に行く必要があります。

専門家に借金の相談をする場合には、無料相談を利用すると良いですが、その際以下のような書類が必要になります。

身分証明書
契約書
振込証
ローンカード
督促書、内容証明郵便
債権譲渡通知書
裁判関係の訴状や判決書などの書類
差し押さえ関係の書類

弁護士などに相談をする場合、身分確認が行われるのが普通なので、身分証明書が1つ必要です。また、レイクとの契約書やレイクに対する入金の際の振込証、利用していたローンカードなどがあったら持参しましょう。
レイクへの借金返済を滞納して督促書が届いていたり、内容証明郵便で一括請求が来ていたりする場合には、それらの書類も持参します。

レイクがアビリオ債権会社などの債権回収業者に債権譲渡している場合には、その際の債権譲渡通知書も必要です。さらに、レイクやアビリオ債権会社などから裁判を起こされている場合には、訴状や裁判の判決書などの裁判関係の書類も持参しましょう。給料や預貯金などの差し押さえが起こっている場合には、それらの差し押さえ関係の書類が必要です。

これらのうち、どのようなケースでも必要なのは身分証明書です。それ以外のものについては、あれば持参する形になります。
もし何も無くても、最低限「レイクを利用している。いつ頃からいくらくらいの借金があって、月々いくらくらい返済していて、最終返済日はいつ頃か」程度の情報があれば、任意整理の手続きはできます。他の消費者金融などからの借金もある場合には、簡単に債権者や借金残額などについてまとめた債権者一覧表を作成していくと良いでしょう。

弁護士が受任通知を送ってレイクと交渉する

借金の相談に行って任意整理を弁護士に依頼したら、弁護士が任意整理の手続を進めてくれます。まずはレイクに対して受任通知を送ります。受任通知を送ると、レイクは債務者に直接連絡をすることができなくなるので、この時点でレイクからの督促は止まりますし、レイクへの返済も不要になります。

そして、弁護士はレイクから取引履歴を取り寄せて、これを利息制限法に引き直し計算します。このとき、利息制限法を超過した利率での取引があると、借金の元本が大きく減額できます。利息制限法を超過した取引がない場合には、借金の残高はそのままになります。

このようにして借金残額を確定したら、それをもとに今後の返済計画を立てます。そして、作成した返済計画案をレイクに送り、意見を聞きます。レイクもそれで良いと言うことであれば合意が成立しますし、了承できないと言うことであれば、さらに話し合いを続けます。最終的に両者が合意出来れば事件は解決して任意整理は終結し、その後支払いが開始します。

任意整理後の支払い方法

支払いについては、債務者がレイクの指定した銀行口座に毎月送金することになりますが、弁護士事務所や司法書士事務所によっては、返済代行サービスを行っているところもあります。

自分で返済すると返済漏れがあったり忘れてしまったりすることがあって心配な場合には、このようなサービスを利用するのも良いでしょう。ただし、返済代行サービスを利用すると、それなりの手数料がかかってしまうことには注意が必要です。

過払い金が発見された場合

任意整理の手続中に過払い金が発見されることがあります。弁護士がレイクから取引履歴を取り寄せて利息制限法に引き直し計算した時点で、過払い金が発生していたら、そのことと金額が明らかになるからです。

この場合には、任意整理の手続きを過払い金請求の手続きに切り替えて、過払い金請求ができます。弁護士が過払い金請求書を作成してくれて、レイクに送付して、過払い金の返還について交渉をします。

レイクの場合、任意の話し合いの場合には8割程度のお金が返ってきますし、和解までの期間も2~3ヶ月程度と短いです。

裁判にすると、ほぼ満額返ってきます。和解後には、だいたい3ヶ月程度で実際の入金があります。

レイクからの過払い金は、弁護士の口座に振り込んでもらい、弁護士費用と清算をしてから依頼者に返還されることになります。

レイクの借金を任意整理する際にかかる費用

次に、レイクの借金を任意整理する場合にいくらくらいの費用がかかるのかを見てみましょう。

任意整理の実費

任意整理をする場合、弁護士などの専門家に手続きを依頼するかどうかによって費用がかかります。まず、弁護士に依頼しなくてもかかる実費を見てみましょう。

任意整理を弁護士に依頼せず、債務者が自分で手続きをする場合には、ほとんど費用はかかりません。この場合、レイクとの通信費用と合意書に貼り付ける印紙代くらいしかかからないので、数百円~数千円で済みます。

弁護士費用は依頼する事務所によって異なる

弁護士や司法書士に手続きを依頼すると、着手金と成功報酬金がかかります。着手金とは、事件を依頼した当初にかかる初期費用のことで、報酬金とは、事件が解決した場合にその解決内容に応じてかかる費用のことです。

弁護士や司法書士の費用の金額は、自由化されているので各事務所が個別に定めています。よって、どの事務所に依頼するかによって、かかる費用の内訳や金額が異なってきます。

ただし、任意整理を依頼する場合の相場の金額はありますので、以下でご紹介します。

任意整理の着手金

任意整理の着手金は、債権者1社について2万円~4万円程度です。着手金については、無料にしている事務所もあります。

任意整理の報酬金

報酬金についても、かかる事務所とかからない事務所があり、また、任意整理の報酬金には、減額報酬金と基本報酬金があります。
減額報酬金とは、相手方業者と交渉することによって借金返済額を減額することができた場合に、その減額の度合いに応じてかかる費用のことです。

減額報酬金がかかる場合の相場は、減額できた金額のだいたい5%~10%程度です。
基本報酬金とは、債権者と合意ができたことそのものに対してかかる費用のことです。
基本報酬金がかかる場合の相場は、債権者1社について2万円程度です。

着手金が無料の事務所では報酬金が高めに設定されていることが多いので、必ずしも着手金無料だからと言って安い事務所だとは限りません。むしろ、着手金がかかっても、減額報酬金がかからない事務所の方が良心的な事務所であることが多いです。

また、任意整理の手続中に過払い金が発見されて過払い金請求をした場合には、過払い報酬金も発生します。過払い報酬金は、過払い金を回収出来た場合にかかってくる報酬金のことで、実際に返ってきた過払い金の金額に応じて金額が決定されます。

過払い報酬金の相場は、回収できた過払い金の金額の15%~20%程度です。

任意整理をする場合には、上記の費用相場と比較して安い事務所を利用すると、費用を抑えることができます。

レイクの場合にも、かかる費用の相場は上記の一般的な任意整理の場合と同様です。大手消費者金融だからといって、余計に費用がかさむことはありません。

よって、レイクの任意整理をする場合には、いくつかの事務所で費用の内訳や金額を聞いてみて、なるべく安い事務所で手続きを依頼する方法がおすすめです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

任意整理におけるレイクの交渉と対応〜どれくらい借金が減らせるのか〜

レイクの借金を任意整理する場合、具体的にどのくらい借金を減らすことができるのかが問題となります。以下で、任意整理におけるレイクの対応をご紹介します。

レイクの借金を任意整理する際の特徴

借金の減額率

レイクを相手に任意整理をする場合、レイクがどのような対応をとるのでしょうか?まず、借金の減額率を見てみましょう。

レイクとの取引が古い場合には、利息制限法を超過した利率で取引しているケースがあります。この場合には、借金を利息制限法に引き直し計算しますので、引き直した金額にまで借金が減額されます。取引機関が長い人などの場合には、借金がほとんど0に近いほど減額されるケースもあります。これに対して、利息制限法を超過した利率での取引がないケースでは、借金元本自体の減額はありません。

手続き後の分割回数と返済期間

レイクとの任意整理による借金の分割回数をご説明します。レイクの場合、借金の返済回数は原則的に60回になります。これは、毎月1回の5年払いという意味です。

ただし、それより早く返済をすることは可能です。たとえば、支払いが出来るのであれば36回払い(3年)などの設定もできます。どうしても60回(5年)での返済がくるしい場合には、交渉によって72回(6年)程度にまで返済回数を増やしてもらうこともできます。レイクへの返済期間については、基本的に5年間になりますが、それより早く返済することは可能ですし、6年程度にまで延ばせるということになります。

将来利息や延滞利息のカットについて

レイクと任意整理する場合、将来利息はほとんど確実にカットすることができます。

ただし、経過利息については全額カットすることは難しいです。経過利息とは、弁護士介入後、実際に和解ができるまでの間につく利息のことです。

レイクは、以前は経過利息のカットにも応じていましたが、だんだんと経営状況が苦しくなってきているのか、今ではだいたい3割~5割の経過利息を和解金額に載せないと合意しなくなっています。また、任意整理手続き開始後2ヶ月くらい経つと、早く和解をするように連絡をしてきて、その時点で和解しないとさらに多くの経過利息を要求してくるようになっています。

和解時期は、債務整理開始後3ヶ月~5ヶ月くらいの時期になることが多く、実際の返済開始は和解後3ヶ月程度の猶予をくれることもあります。

以上が、レイク(新生フィナンシャル)と任意整理する際の和解水準です。

任意整理におけるレイクの対応と、他社の対応の特徴

以下では、他の消費者金融などと比較した場合のレイクの対応について見てみましょう。

レイクは、新生銀行と提携関係にある大手の貸金業者であり、現在は銀行カードローン業務を行っています。よって、それなりに資金力もあり、社会的な信用も高いです。

そこで、レイクは他の消費者金融などと比べると、任意整理の対応は良いです。取引履歴の開示なども早いですし、和解案を送った場合の返答も早いです。過払い金請求をした場合の返金率もそれなりに高く、対応も早いですし、任意整理をした場合の対応も早いです。

経過利息は一部要求されてしまいますが、将来利息についてはほとんど確実にカットしてもらえます。

この点、たとえば相手が中小の消費者金融などの場合にはこのようにはいきません。中小の消費者金融は、資金力もありませんし経営状態が苦しい上に、社会的な評価もそれほど気にしません。よって、過払い金があっても大きく減額を主張してきますし、一切返還しない業者もいます。また、任意整理でも、経過利息は全額上乗せした上で、将来利息のカットにすら応じない業者もいます。そもそも任意整理の話し合いに対応しない消費者金融も増えています。

このように、レイクは比較的対応が良く、任意整理しやすい業者です。レイクからの借金があって苦しい場合には、任意整理によって解決する方法が効果的です。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

レイクの借金に悩んでいる場合、どこに相談するべきか

レイクからの借金があって返済に悩んでいるなら任意整理で解決すべきですが、その場合、どこに相談すれば良いのかという問題があります。レイクの借金は、弁護士に相談すべきですので、以下ではその理由をご説明します。

弁護士や司法書士などの、借金問題の専門家に依頼するメリット

任意整理は債務整理手続きの中でも比較的簡単な手続きなので、債務者が自分で手続きすることも可能ですし、実際に、自分で任意整理の話し合いをする人もいます。

しかし、レイクからの借金を任意整理するなら、弁護士や司法書士などの専門家に依頼すべきです。以下で、その理由を解説します。

交渉がスムーズに進む

弁護士や司法書士に依頼すると、任意整理の交渉がスムーズに進みます。債務者は素人なので法律的な知識も無いですし、借金している本人なのでどうしても債権者より立場が弱くなってしまいます。自分で対処していると、レイク主導で話が進んでしまい、債務者にとって不利な条件を押しつけられてしまうことも多いです。

また、債務者は手続きや交渉に慣れていないので、いちいち手続きに時間がかかってしまいます。このように、債務者が自分で手続きしていると、任意整理に時間もかかる上に結果も不利な内容になります。

この点、弁護士などに手続きを依頼したら、作業や交渉に手間取ることもなくスムーズに話を進めてくれますし、法的な知識を使って交渉を有利にすすめ、債務者にとってより利益の多い内容で和解をしてくれます。このように、弁護士や司法書士に手続きを依頼すると、交渉がスムーズに進むメリットがあります。

依頼者の手間が省ける

次に、弁護士に依頼すると、依頼者は手間が省けてとても楽になるメリットもあります。

任意整理では、レイクから取引履歴を取り寄せたりそれを利息制限法に引き直し計算したり、返済計画案を作成してレイクに送ったり、その後交渉をしたりなどたくさんの作業やステップが必要です。債務者が自分で対応する場合、これらの面倒な作業をすべて自分一人でしないといけないので、大変な手間になります。ふだん忙しくしている人などは、対応ができないことも多いです。

ここで、弁護士に手続きを依頼したら、これらの面倒な作業や交渉の手続きはすべて弁護士がしてくれるので、依頼者はほとんど何もする必要がありません。任意整理では、必要書類もほとんどないので、書類集めすらしなくて良いのです。

借金の減額率が上がる

さらに、債務整理に強い弁護士に任意整理を依頼すると、借金の減額率が上がるメリットもあります。

レイクからの借金を任意整理をする場合、利息制限法を超過した利率での取引があったらその分借金を減額出来ますし、それがなくても経過利息や将来利息をカットすることができます。

債務整理に強い手続きに慣れた弁護士に交渉してもらったら、将来利息はもちろんのこと、経過利息も大きくカットしてもらえて借金の返済総額が抑えられます。

これに対して、債務者が自分で対応していたら、レイクは将来利息のカットに応じてくれないこともありますし、経過利息についてはほとんどカットされません。

このように、弁護士に依頼すると、借金をより大きく減額できるので、任意整理をする場合には実績の高い弁護士を探して依頼すべきなのです。

司法書士より弁護士がおすすめ

任意整理を依頼することができる専門家には弁護士と司法書士がいますので、このどちらに依頼すべきかという問題もあります。

結論から言うと、任意整理は弁護士に依頼すべきです。

司法書士の場合、任意整理をする際には1社について借金額が140万円以下でなければならないという制限があります。この解釈については、従来弁護士側と司法書士側で争いがありましたが、近年最高裁で判断があったので、上記の解釈で固まりました。このことによって、司法書士が今後任意整理にかかわることができる案件が減る可能性があります。

具体的に言うと、レイクからの借金が140万円を超える場合には、司法書士には任意整理を依頼できないということです。
また、司法書士の取扱金額の制限の問題は、過払い金請求の場合にも大きな影響を及ぼします。過払い金請求をする場合にも、司法書士は140万円を超える請求はできないからです。

過払い金請求をする場合、利息制限法に引き直し計算をするまで具体的な過払い金の金額が明らかになりません。そこで、当初司法書士に過払い金請求を依頼していても、借金を利息制限法に引き直し計算したら、140万円を超えていることが明らかになるケースがあります。この場合、引き続いて司法書士に過払い金請求を依頼することができなくなるので、別途弁護士を探さなければならなくなり、大変手間がかかります。また、この場合弁護士費用もかかってくるので、費用が二重になってしまうおそれもあります。弁護士であれば、取扱金額に制限などないので、どのような案件でも受任して解決に導くことができます。

任意整理をする場合には直接問題になりませんが、司法書士は個人再生や自己破産をする場合の代理権の範囲も狭いです。具体的には書類作成の代理権しか認められていません。

弁護士であれば、全面的な代理権があります。当初は任意整理を依頼しようと思っていても、後に個人再生や自己破産に移行するケースもありますので、これらの手続きの代理権の範囲についても一応考えておいた方がベターです。

以上のような問題があるので、レイクとの任意整理は司法書士ではなく弁護士に依頼すべきです。

レイクの借金の任意整理を検討しているなら、まずは無料相談を利用

レイクからの借金を任意整理する場合には、債務整理に長けた弁護士に手続きを依頼すべきですが、その場合、無料相談を利用する方法がおすすめです。

弁護士に法律相談をすると、通常なら30分5000円程度の法律相談料がかかりますが、今では多くの法律事務所が法律相談料を無料にしています。このサービスのことを無料相談と言います。

無料相談を受ける事務所を見つけるには、インターネット上のホームページを検索して、債務整理に力を入れている弁護士を探してみましょう。ホームページ上に債務整理関係の記事がたくさんある事務所がおすすめです。

また、無料相談を受ける際には、レイクをいつ頃から利用していて、現在どのくらい残高があり、月々の返済額がどのくらいになっているか、いつから返済していないのかなどを伝えましょう。他に借金がある場合には、これらの債権者の情報をまとめた債権者一覧表を作成していくと話がしやすいです。契約書などがあれば持参すると良いでしょう。

弁護士に任意整理の相談をする場合、必ず依頼しなければならないというわけではありません。-->

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き