モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

 

モビットはテレビCMなどもしている有名な消費者金融なので、利用している人も多いです。しかし、借入金額が増えると返済が苦しくなってきますよね……。
モビットの借金が返せない場合、任意整理を行うことが効果的ですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?
今回は、モビットの借金返済が苦しい場合に任意整理で解決する方法について解説します。

モビットの借金返済に苦しんでいるなら、まずは弁護士にお悩みを相談しましょう


モビットの借入金額が増えてきて月々の返済が難しい場合、任意整理を行うことで借金の負担を減らすことが出来ます。
任意整理であれば、借金の原因が何であっても行うことが出来ますし、周囲に秘密で手続きが行えます。また、債権者の対象を選べるので、家や車を手放したり、保証人に迷惑をかけることもありません。
信用情報に傷はついてしまいますが、借金を放置して支払いを滞納して信用情報に傷がつくよりも、任意整理をした方がブラックリスト期間が短く済みます。
返済計画を見直し、支払いを無理のないものにするために、まずは弁護士の無料相談を利用してみてください。

借金はひとりで悩まず
まずは弁護士事務所の無料相談


電話はちょっと…という方はメールでのご相談

web_button

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減額できる

モビットの借金問題は任意整理で解決する方法が効果的だと言われています。任意整理とは、債権者と直接交渉をして借金の返済額と返済方法(分割払いの回数や月々の返済額など)を決め直して合意する手続のことです。
では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

任意整理の手続きをする一般的なメリット

周囲に秘密で手続出来る

任意整理は、家族や周囲の人に秘密で進めやすいというメリットがあります。

借金問題は、家族に秘密にしている人も多いですし、勤務先などにも知られたくない場合が多いのではないでしょうか。

債務整理をするときには弁護士などの法律の専門家に手続を依頼することが多いですが、任意整理を弁護士に依頼すると、弁護士が受任通知を送った時点で債権者からの督促が止まります。すると、モビットなどの債権者から自宅宛に郵便物が届くことや、電話がかかってくることがなくなります。ですので、家族が借金問題に気づく可能性はかなり低くなります。また、任意整理の場合、自己破産などと違って裁判所を利用しないので、裁判所に行く必要もありませんし、必要書類なども少ないです。

このようなことから、任意整理は他の債務整理手続と比較しても、家族などの周囲の人にバレにくい手続と言えます。

対象の債権者を選べる

任意整理は手続きの対象にする債権者を選べます。借金がある場合、消費者金融やクレジットカードなどの借り入れ以外に住宅ローンや車のローンを抱えていることも多いでしょう。ですが、それらを債務整理の対象にすると、住宅や車がなくなってしまいます。

個人再生や自己破産をする場合には、すべての債権者を平等に扱わなければならないので、一部の債権者を外すというわけにはいきません。
車のローンがある場合には、必ず対象にしなければならないので、結果として車はローン会社に回収されて、手放さざるを得なくなります。

保証人がついている借金がある場合も問題です。保証人がついている借金を債務整理の対象にしたら、債権者は保証人に対して支払い請求をしてしまうので、保証人には多大な迷惑をかけてしまいます。

個人再生や自己破産の場合には、保証人がついている借金も手続きの対象にせざるを得ないので、保証人に迷惑をかけることを避けられません。ですが、任意整理の場合には保証人がついている借金を対象から外せるので、保証人つきの借金だけは自分で返済を続けるようにすれば、保証人に迷惑をかけずに済みます。このようなことも、任意整理の隠れたメリットです。

借金返済額を減額出来る

任意整理をする場合には、利息制限法に基づき引き直し計算を行います。このとき、過去に高い利率で支払をしていた人の場合、借金元本を大きく減額できます。
そうでないケースでも、債権者との合意後の将来利息をカットしてもらえるので、借金の総返済額が減額できて、支払が楽になります。

また、支払期間を延ばして月々の支払額を抑えると、返済を継続することができます。たとえば、月々10万円の支払をしていた人でも、任意整理によって支払額が5万円以下に減るケースなどもあります。

このように、任意整理には一般的にたくさんのメリットがあります。

借金の原因が問題にならない

生活費不足の場合でも、病気で働けなくなって借金した場合でも、詐欺の被害に遭って借金した場合でも任意整理はできますし、浪費やギャンブルなどが原因でも問題はありません。

この点、自己破産の場合には、浪費やギャンブルが主な借金の原因になっていると、免責不許可事由に該当して、免責(借金が0になること)の決定が受けられなくなる可能性があります。ですので、このような制限がない人にはメリットがあると言えます。借金が膨らんで自己破産しか選択肢がなくなる前に、まずは弁護士に悩みを相談しましょう!

弁護士法人サルート弁護士事務所に電話で相談する0120-220-423

モビットの借金を任意整理しないほうがいいケース

借入期間

モビットの借金を任意整理する場合、メリットがあるのはどのくらいの借入期間の場合なのでしょうか。

任意整理の場合、借入期間には制限がありません。長い場合でも短い場合でも手続可能です。ただ、借入期間が長くなって、ほとんど返済を終えているようなケースでは、あまり任意整理するメリットがありません。

利息制限法を超過する利率での取引がない限り、任意整理をしても借金元本の減額がないので、任意整理の主なメリットは将来利息がカットできることになります。

ところが、借入期間が長くなって借金残額が減っていると、カットされる利息の金額が小さくなるので、任意整理するメリットが少なくなるのです。任意整理をするなら、借り入れてから早い段階で手続きした方が良いです。

ただし、一回も返済していない状態では、任意整理が難しくなることが多いので注意が必要です。借金をして一回も返済せずいきなり任意整理手続に入ったら、詐欺的な借金利用方法だと判断されてまともに話し合いに応じてもらえないことが多いからです。

モビットの借金を任意整理するなら、借り入れ後最低1回は返済した上で、なるべく早いうちに手続きすると良いでしょう。

借入金額

モビットの借金を任意整理する場合、特に借金額に制限はありません。

しかし、任意整理の場合、利息制限法を超過した取引がない限り借金元本の減額ができません。よって、あまりに借金残額が大きくなると、任意整理をしても整理しきれなくなってしまいます。たとえば、借金額が500万円あったら、任意整理によって5年払いにしても
月々8万3千円以上の支払
になって、結構な負担になります。

つまり、返すめどが全くない場合、借金が200~300万円程度までに任意整理を行う必要があります。

また、任意整理では、あまりに借金額が少ない場合もメリットが小さいです。たとえば、借金額が10万円などの場合には、将来利息をカットすると言っても数千円にもならないことが多いですし、弁護士に依頼したらその分の費用が無駄になります。

任意整理をするなら、最低でも20万円以上の借金がある状態である方が好ましいです。
任意整理をする場合には、100万円~300万円程度の借金額であることが標準的です。

ただし、これはあくまで標準的なケースであり、該当しないこともあるので、
個別に自分のケースで任意整理できるかどうかについては弁護士にアドバイスを受けるべきです。

返済状況はあまり問題にならない

モビットの借金を任意整理する場合、返済状況が影響するのかも問題です。返済状況とは、借金をきちんと返済してきているか、滞納しているか、滞納期間はどのくらいになっているかなどの問題です。

任意整理をする場合、借金の返済状況はあまり影響はありません。今まで返済を続けてきているケースでも手続できますし、滞納している場合でも、長期にわたって返済していないケースでも手続できます。

返済を滞納して債権回収会社に債権譲渡されていたり、裁判されていたりしている状態でも任意整理はできます。債権者からの督促を無視し続けていたからといって、モビットが話し合いに応じてくれなくなるなどの不利益はないので、心配せずに任意整理をしましょう。

ただし、借金を返済せずに放置すると、いろいろな不利益があるので、実際には支払が出来なくなる前に任意整理をすることが望ましいです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

任意整理におけるモビットの交渉と対応~どれくらい借金・過払い金が減るのか?

モビットの借金を任意整理した時の効果や、予想されるモビットの対応をご紹介します。
まず、減額率を見てみましょう。

モビットでは、過去にも利息制限法を超過した利率での取引はしていません。よって、利息計算をすることによって、借金元本を大幅に減額してもらうことは難しいです。

同じ理由で、モビットに対して過払い金が発生することもなく、過払い金返還請求はできません。ただし、モビットとの合意後の将来利息の支払についてはカットしてもらえます。

モビットと和解する場合

借金の分割払いは基本的に36回払いです。月々の支払なので、3年での支払がベースになると言うことです。ただし、12回~60回払いまでなら相談に乗ってもらうことができます。返済期間にすると、1年~5年の間で支払期間を設定することが可能だということです。

モビットの借金を任意整理する場合

借金元本はそのまま残り、その借金について将来利息をカットしてもらって、3年程度で支払をする和解をする、ということが標準的な和解水準になります。

ただし、モビットの場合、借金滞納があると、アビリオ債権回収などの債権回収会社に債権譲渡されることが多いので、その場合には上記とは違った対応をされる可能性があります。

任意整理におけるモビットの対応と、他社の対応の特徴

モビットを相手に任意整理をする場合の予想されるモビットの対応をご紹介します。モビットの場合、銀行系の大手消費者金融であり、社会的な信用もある企業なので、任意整理の対応は良いです。取引履歴も早めに開示してくれますし、話し合いにも応じてくれやすいです。

利息制限法を超過した取引がないので、借金の減額には応じてもらえませんが、将来利息のカットにはほとんど確実に応じてくれますし、支払期間の設定についても柔軟に対応してもらえます。比較的こちらの要望を聞いてもらいやすい債権者であると言えるでしょう。

このように対応が良いので、モビットとの任意整理の場合に、交渉が難航して手続期間が長引いてしまうこともありません。
1ヶ月~数ヶ月で和解ができるでしょう。

モビットのような大手の消費者金融は、比較的任意整理の対応が良い会社が多いです。これに比べて中小の消費者金融は、任意整理の手続が難航しがちです。中小の消費者金融は、銀行と提携関係がある大手消費者金融などとは異なり、資金繰りも厳しいので、任意整理の話し合いでの態度も強硬です。将来利息のカットに応じてくれないこともありますし、そもそも任意整理の話し合いに応じない業者もいます。

このような中小の街金と比べて、モビットは非常に任意整理しやすい業者です。このことは、モビットの借金返済が苦しい場合には、任意整理が良い解決方法になる理由の1つです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

モビットの借金はどこに相談するべきか

モビットの借金返済が厳しくなっているので任意整理したいとしても、

  1. 自分で手続をするのか
  2. 弁護士などの専門家に相談するのか
  3. 弁護士と司法書士のどちらが良いのか

などが大きな問題ですよね。以下で詳しく説明していきます。

弁護士や司法書士などの、借金問題の専門家に依頼すれば差し押さえや訴訟を起こされていても対応できる

任意整理は専門家に依頼すべき

任意整理を相談する場合には、弁護士や司法書士などの法律の専門家を利用すること強くおすすめします。
任意整理は、自分で手続をすることも不可能ではありませんが、弁護士などの専門家に依頼した方が、任意整理するメリットが大きくなるからです。具体的には二つあります。

【メリット1】交渉を有利に進められる

任意整理をする場合、モビットと交渉をしなければなりませんが、債務者が自分でモビットと交渉をしても、スムーズに話を進めることが難しいです。債務者は素人なので、どのように交渉して良いのか判断しにくく、モビットの言っていることが妥当なのかどうかもわかりません。モビットが、債務者に不利な条件を突きつけてきても、気づかないまま和解してしまうこともあります。

債務者が自分で対応しているとわかると、モビット側が将来利息のカットに応じなくなる可能性もあります。また、自分で交渉をしていると、交渉が難航することが多いので、任意整理にかかる期間も長くなります。モビットは基本的に対応の良い会社ですが、それは弁護士などが介入して代わりに手続を進めているケースのことであり、債務者が自分で手続をすると、必ずしも良い対応を受けられるわけではありません。

このように、債務者が自分で任意整理すると、交渉をうまく進められず、結果的に任意整理のメリットをあまり受けられないことになるのです。弁護士に依頼すれば、確実に将来利息のカットには応じてもらえますし、交渉もスムーズに進めることができて、早期に任意整理の和解に持ち込むことができます。

【メリット2】手間が省ける

また、任意整理には結構手間がかかります。任意整理をしようとすると、まずはモビットに対して取引履歴開示請求をしなければなりませんし、取引履歴の開示を受けたらそれを利息制限法に引き直し計算する必要もあります。

さらに、返済計画案を作成してモビットに送付して、その後借金の返済方法についての具体的な交渉をしなければなりません。このようなことは、ふだん忙しく働いている人などの場合には、非常に大きな負担になってしまいます。

この点、弁護士に任意整理手続を依頼したら、このような面倒な手続はすべて弁護士が代わりにしてくれるので、依頼者がすべきことは基本的に何もなくなります。たまに弁護士から連絡が来て、意見を聞かれたりした際に、自分の考えを伝えるだけで済みます。
このように、任意整理をする場合に弁護士に依頼すると、依頼者の手間が大きく省けてメリットが大きいです。

できれば債務整理に強い弁護士を探そう

さらに、任意整理は、債務整理の実績が多い弁護士に依頼すると、よりメリットが大きくなります。弁護士にも取り扱い分野があり、債務整理を得意とする弁護士とそうでない弁護士がいます。

債務整理が不得意な弁護士に手続を依頼しても、スムーズに手続が進まず、手続に時間がかかったり不利な条件で和解させられたりすることがあるので、弁護士に任意整理を依頼する場合には、債務整理に強い弁護士を探して依頼することが大切です。

司法書士よりも弁護士がおすすめ

弁護士と司法書士を比較する場合、任意整理は弁護士に依頼する方がメリットが大きいです。

司法書士には任意整理事件で取扱金額に制限があります。具体的には、1社について140万円を超える借金額の事件については、司法書士は担当できません。また、司法書士には簡易裁判所の代理権しかなく、地方裁判所での裁判手続の代理権はありません。

モビットの借金であっても、借金額が140万円を超える場合には司法書士には依頼できませんし、モビット以外の借金で140万円を超えるものがあったら、やはり司法書士にその借金の整理を依頼することはできないのです。

また、モビットから裁判を起こされていて、判決が出たり差し押さえが起こったりしている場合、裁判所において何らかのアクションをとることが必要になることもありますが、司法書士には簡易裁判所の代理権しかないので、サポートできる範囲が限られてしまう可能性があります。

弁護士であれば、取扱金額の制限はないので借金額がいくらあっても任意整理手続ができますし、簡易裁判所だけではなく地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所、家庭裁判所などすべての裁判所での代理権があります。

さらに、自己破産や個人再生の場合にも、司法書士には書類作成の代理権しかありませんが、弁護士には全面的な裁判代理権があるという違いがあります。書類作成代理しかできないということは、司法書士にこれらの手続を依頼すると、申立自体は自分でしなければなりませんし、その後の手続進行も基本的に自分が前面に立って進めていかなければならないということです。この点、弁護士であれば、完全な裁判代理権があるので、申立から終了まで、すべての手続進行を任せることができます。

モビットの借金を任意整理しようとした場合でも、借金の状況によっては個人再生や自己破産を選択することもあります。

このようなことを考えると、モビットの借金を任意整理する場合には、司法書士に依頼するより弁護士に依頼する方が、明らかにメリットが大きいのです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

任意整理の和解までの手続きについて

任意整理の必要書類

任意整理をする場合には、債務者が自分で手続をすすめることが難しいので、弁護士などの専門家に借金の相談に行く必要があります。

その場合いくつか必要書類があるので、ご紹介します。

  

  • 身分証明書・・・弁護士に相談をする場合には、身分確認が行われることが普通なので、運転免許証などの身分証明書を持参しましょう。
  •   

  • 契約書・・・モビットとの当初の契約書などがあれば、持参します。
  •   

  • 支払の際の振込証・・・モビットへの返済の際の振込証などがあれば、持参しましょう。
  •   

  • モビットから届いた督促書・・・借金を滞納したりして、モビットから督促書などの書類が届いていたら、それらも持参します。
  •   

  • モビットや債権回収会社からの内容証明郵便・・・借金滞納が長引いている場合には、モビットやモビットから債権譲渡受けた債権回収会社から内容証明郵便で一括請求書が届くケースがあります。このような書類が家に届いている場合には、それも持参して弁護士に見てもらいましょう。
  •   

  • 債権譲渡通知書・・・モビットの借金返済を長期にわたって滞納したら、アビリオ債権回収などの債権回収業者に債権譲渡されてしまうことがあります。その場合には、モビットから債権譲渡通知書が届きます。そのような書類が家にあったら、弁護士相談のときに持参して見てもらいましょう。
  •   

  • 裁判関係の書類・・・モビットの借金を長期滞納していると、モビットやアビリオ債権回収などから裁判を起こされることがあります。その場合には、裁判所から訴状や判決書などの書類が届きますので、それらがあれば、弁護士のところに持参して見てもらう必要があります。
  •   

  • 差押関係の書類・・・モビットの借金を滞納して裁判を起こされると、その後預貯金や給料などの差押を受けることがあります。その場合には、裁判所から債権差押命令などの書類が届きます。差押の状況によっては、とるべき債務整理手続が変わってくることもあるので、これらが自宅にある場合には、忘れずに弁護士のところに持っていって見てもらいましょう。
  • ただし、任意整理をする場合、上記の書類がすべてそろっていなければならないということはありません。ないものがあっても大丈夫ですし、何もなくても手続を行うこと自体は可能です。
    最低限、「モビットからいくらの借金をしていて、現在残高がどのくらいで、いつくらいまで返済をしていたか」という情報を伝えられたら大丈夫です。
    契約書などが手元にないからと言って、任意整理をあきらめる必要はないので、一度弁護士相談に行って、話を聞いてもらいましょう。

    弁護士が進めてくれる手続の内容

    弁護士は、任意整理の依頼を受けたら、モビットに対して受任通知と取引履歴開示請求書を送ります。

    受任通知 「本件の任意整理については弁護士が受任しました」とうことを伝えるための通知書
    取引履歴開示請求書 約当初から現在に至るまでのすべての取引履歴の開示を求める書類

    弁護士からの受任通知が届いた段階で、モビットは債務者に対して直接連絡をすることができなくなるので、モビットの借金を滞納している場合でも、督促が止まります。

    弁護士からの取引履歴開示請求を受けたら、モビットは取引履歴を弁護士事務所宛に送ってきます。すると、弁護士はその内容を利息制限法に引き直し計算をして、現在の借金残高を確定します。その上で、その借金についての支払計画を立てて、モビットに返済計画案を送付します。

    これを受けて、モビットは計画案を受け入れるかどうかを判断し、受け入れるならその内容で合意ができますし、受け入れなければ対案を提示してくるので、今度は債務者側がその内容を受け入れるかどうかを判断します。

    このように交渉を繰り返していって、最終的に合意ができたらその内容で和解が成立し、その後、和解内容に従って債務者がモビットに支払をしていくことになります。
    モビットへの支払方法は、基本的に債務者が自分でモビットの返済口座に毎月振込送金をする形です。ですが、弁護士事務所によっては、モビットへの返済代行サービスを実施している事務所があります。自分で振込をしていると、支払を忘れてしまいそうな場合には利用しても良いでしょう。ただし、返済代行サービスを利用すると、1回1000円などの手数料がかかるので注意が必要です。

    消費者金融を過去に利用していた場合には過払い金が発生することがありますが、モビットの場合には過払い金は発生しません。モビットの借金は、昔から15%~18%以下に抑えられていたので、利息制限法を超過した取引が行われていた時代がないからです。

    以上が、モビットの借金を任意整理する場合のだいたいの手続の流れです。

    モビットの借金を任意整理する際にかかる費用

    任意整理をする場合、実費と弁護士費用がかかります。実費とは、任意整理手続そのものにかかる費用であり、弁護士に依頼せずに自分で手続した場合にもかかる費用のことです。これに対し、弁護士費用とは、弁護士に手続を依頼したことによって発生する弁護士報酬のことです。

    任意整理の実費

    任意整理の場合、実費はとても安いです。債権者との通信費用や連絡に使う郵便切手代くらいなので、かかったとしても数千円もあれば充分です。

    任意整理の弁護士費用

    任意整理の弁護士費用には、着手金と報酬金があります。
    着手金とは、弁護士に任意整理を依頼した際に、当初にかかる費用のことです。
    報酬金とは、任意整理によって解決ができた場合に、解決内容に応じてかかる費用のことです。これらの弁護士費用については、自由化されているので依頼する事務所によっても異なりますが、だいたいの相場があります。

    任意整理の着手金の相場は、債権者1社について2万円~4万円程度です。
    報酬金には、減額報酬金と基本報酬金があります。
    減額報酬金とは、任意整理によって借金を減額出来た場合に、その減額度合いに応じてかかってくる費用のことです。

    ただ、モビットの場合には、利息制限法を超過した利率での取引が行われていないので、基本的に借金が減額されることは少ないでしょう。

    減額報酬金がかかる場合の相場は、減額できた金額の5%~10%であることが普通です。減額報酬金については、かからない事務所もたくさんあるので、任意整理を依頼する場合にはできれば減額報酬なしの事務所を探した方が良いです。

    任意整理には、基本報酬金もあります。基本報酬金とは、債権者と和解ができたことそのものに対してかかる報酬金で、和解成立時に弁護士に支払う必要があります。

    基本報酬金の相場は、1社について2万円程度です。基本報酬金についても、かからない事務所がたくさんあるので、できれば基本報酬金なしの事務所を探した方が、かかる費用が安くなることが多いです。

    これらの弁護士費用については、債権者が大手消費者金融であるかどうかによって変わることはありません。相手がモビットであることによって費用がかさむ心配は不要なので、安心して手続しましょう。

    「278万円の借金をゼロにした事例があります」

    まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

    弁護士の画像
    メールの画像

    弁護士法人
    サルート
    法律事務所

    モビットの借金を任意整理する時のまとめ

    では最後に今回のまとめです。

    モビットの借金の任意整理を検討しているなら、まずは無料相談を利用しましょう

    モビットの借金を任意整理したい場合には、債務整理に強い弁護士を探して任意整理を依頼することが重要ですが、その際、どのような情報を伝えればよいのかをご説明します。

    そろえるべき必要書類については、上記の手続きの流れの項でご説明した通りですが、任意整理の場合には、厳密な意味での必要書類はありません。

    「モビットの借金を任意整理したい」という希望がはっきりしているなら、身分証明書だけ持っていっても手続を依頼することが可能です。ただ、その場合であっても、

    1. いつ頃からモビットを利用しているのか
    2. どのくらいの借金残高があって、いつから返済をしていないのか
    3. 債権回収業者に債権譲渡されていないか

    などを伝える必要はあります。

    また、他の消費者金融なども同時に債務整理したい場合には、それらの情報も伝える必要があります。たくさんの消費者金融やクレジットカードなどを任意整理したい場合にはこれらの情報をまとめた簡単な債権者一覧表を作成して持っていくと良いでしょう。

    任意整理の相談をする場合には、弁護士の無料相談を利用する方法がおすすめです。借金の相談をする場合には基本的に法律相談料がかかりますが、今は多くの弁護士事務所で借金の無料相談を実施しています。

    これを利用すると、費用をかけずに弁護士のアドバイスをもらえるので非常に助かりますし、相談だけなら何度でも無料なので、いくつかの弁護士事務所で無料相談を受けて、それぞれの弁護士事務所を比較して、もっとも良い事務所を選んで任意整理を依頼することも可能です。

    借金問題は1人で悩んでいても解決できませんし、放置しているとその分状況が悪化します。モビットの借金返済が苦しいと感じているなら、早めに弁護士の無料相談を利用して、弁護士のアドバイスを聞いて任意整理で借金問題を解決してもらいましょう。

    「278万円の借金をゼロにした事例があります」

    まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

    弁護士の画像
    メールの画像

    弁護士法人
    サルート
    法律事務所

    電話番号の画像

    注意書き