モビットでお金を借りたけど、過払い金があるかもという方へ

 

モビットでカードローン(キャッシング)等を利用して、借り入れを行った場合、過払い金が発生しているのはどういった人なのでしょうか。このページでは、モビットからの借金で過払い金が発生しているかどうかの基準と、もしモビットを利用している最中に過払い金が発生していた場合の適切な対応や、おすすめの弁護士事務所について説明します。

過払金請求を考えている方はまず弁護士事務所に無料相談を
モビットは違法金利で貸し付けを行っていたことはないので、モビットから借入で過払金が発生している可能性は非常に低いです。しかし、何かの手違いで過払金が発生している可能性はありますし、他の消費者金融からの借入で過払い金請求が出来るケースは多いです。当サイトで紹介している弁護士事務所は過払金に強く、無料相談を受け付けています。自分が過払い金請求できるのか、信用情報に傷はつかないのか、どれくらい請求できるのかについては専門家でないと判断が難しいので、気になる方はまずは無料相談で現状をお聞かせください。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

モビットで借金をした場合、過払い金が発生するのか

モビットを利用して借金をしてしまった場合、過払い金は発生してしまうのでしょうか?

モビットで、借金をしてしまったとしても、過払い金は発生しづらいと言えるでしょう。なぜならば、モビットでは、違法金利による運営を行っていないからです。しかしながら、何かしらの手違いによって、過払い金が発生してしまうこともあります。モビットの過払い金の発生件数が他の金融機関に比べて低いのには理由は、2010年の法改訂により過払い金の返還請求が可能になる月日以前より、上限金利が18.0%と定められていたためです。なので、モビットを利用して過払い金の返還請求を行える人がほとんどいないと考えられます。

ただ、モビットで過払い金が発生していないからといって、過払い金請求が一般的でないわけではありません。
他の消費者金融からの借入で過払い金が発生している可能性は十分にありますので、過払い金が発生しているか知りたい方はまずは無料相談で自分の状況を知りましょう!

モビットに払いすぎた利息は、返還される可能性があるのか

モビットを利用していて、払いすぎた利息が返還されるのか調べる方法は簡単です。まずは、自分がモビットから借り入れた金額の取引履歴を調べるのです。取引履歴は、モビットの電話窓口を利用して電話をかけることで、情報を取り寄せることができます。電話受付の人に取引履歴を開示してほしいことを伝えると同時に、あなたの名前や借り入れた時期や契約情報や個人情報などを伝えなければなりませんので、事前に情報を整理しておいてください。

一般的な過払い金が返還される条件ですが、利息制限法を超える利率の請求を受けている場合、過払い金が返還されます。10万円以上、100万円未満の融資を行った場合、18%が上限利率だと言われています。モビットの場合、他の金融機関と比べて利息制限法の上限を超えるような貸し付けを行っていないため、払いすぎた利息というものが、そもそも発生していないことになります。もし、モビットで返還請求可能な金額があるのであれば、請求することが可能です。過払い金の返還請求をする際ですが、決められた期日以内に行わなければ、過払い金を請求することはできません。

返還してもらえる期限は、完済から10年以内と定められています。よって、完済から11年経過してしまうと返還請求を行うことはできません。

モビットでは金利がいつ、どのように変更されたのか

モビットの金利ですが、利息制限法が提示される前、どのような金利になっていたのでしょうか?利息制限法は、借主を不当な暴利や搾取から保護するための法律です。内容としては、利息や遅延損害金の利率を一定金額に制限することを定めています。気になるのは、モビットが利息制限法の変更の影響を受けて、金利を変更した事実があるのかということです。

もし、金利を変更した事実があるというのであれば、利息制限法が実施されるまで、違法金利でサービスを提供していた可能性が出てきます。

実は、モビットでは、利息制限法に関係なく基本的な金利に関しては変更していません(基本的な金利の変更はないのですが、延滞利息に関する部分だけ改正された事実が存在します。)。結果的に、利息制限法が実施される以前に、モビットで借り入れを行っていたとしても、基本的な金利に関しては、同一金利ですので、過払い金請求ができない可能性が高いでしょう。

返還される過払い金の計算は、どのように行われるのか

利息制限法に基づく引き直し計算というものが、どのような計算かご存知でしょうか。引き出し計算を行った経験のある人だと無料ソフトなどを利用して過払い金を計算している人もいるでしょう。利息制限法に基づく引き直し計算とは、利息制限法を超える違法な金利で貸し付けが行われて、借主がその金利に従って返済してしまった場合、正しい法定金利で計算し直すことです。これによって、請求されている値から計算された値の差額を求めて、払いすぎた過払い金を業者へ請求できます。

簡単な計算方法を紹介していきたいと思います。例えば過去に、○○キャッシング会社から50万円の借り入れを行っていたとしましょう。金利は50%で提示され、その金利で返済を行っていたと仮定します。法定利息では18%までしか認められていませんので、法定金利で再度計算します。これによって発生した結果の差額が、過払い金請求の金額となります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

モビットの過払い金回収率(返還率)はどの程度か

モビットの過払い金請求をした場合、回収できる確率というのはどの程度存在するのでしょうか。まず、モビットでは、過払い金回収率が非常に低いです。弁護士などによっては、過払い金請求をできないと発言する人も多数存在します。

そもそもの話ですが、利息制限法が実施されるまで、違法金利で運営を行っていたという事実がない以上、どのようにして過払い金を請求する気なのでしょうか?利息制限法についてしっかりと理解できていれば、過払い金を請求できないことは、すぐに理解できると思います。

モビットの利息は、4.8%~18%で法定金利内ですので、過払い金が発生しようがないのです。モビットでは、徹底して法定金利を守っていますので、交渉に応じてくれることはありません。

モビットでは、どれくらい過払い金返還請求が行われているのか

モビットの過払い金請求に関する裁判事例などを知りたいところですが、他社の金融機関と比べても、ほとんど情報がなく、回収率が非常に低いです。モビットのような大手の金融機関に過払い金請求をする際、交渉は簡単にはいきません。モビットには、違法行為がない以上、交渉することは不可能だと思っていただければと思います。

しかし、大手金融機関でも正当な過払い金請求なのであれば、交渉に応じてくれます。「過払い金交渉の仕方が、全く分かりません。」という人もいるでしょう。一般的に過払い金交渉を自分でする場合、電話で行います。過払い金請求に関して全く無知な状態だと、非常に安い金額で和解を求められる可能性があります。過払い金請求を行うという行動は、人間として正当な権利であり行動です。満額すべて返還してもらうまでは、引き下がらないようにしましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

モビットから過払い金を返還してもらうまでの流れと期間

モビットで過払い金を請求する場合、どのような手順で請求すれば良いのでしょうか。実際に過払い金を請求した場合にどれぐらいの期間が必要なのかについて解説していきます。

モビットから過払い金を返還してもらうまでの流れ

モビットで過払い金を返還してもらう場合、上記で説明した通り、取引履歴を開示してもらいます。開示してもらった取引履歴をもとに、自分がどれだけ過払い金を支払っているのかということを引き直し計算によって金額を計算していきます。その後、引き直し計算で得られた金額を、相手の金融機関に支払うことを求めます。つまり、和解交渉を行うということです。

逆に、相手も支払いに応じないことで、裁判などになっては困りますので、支払いを行う可能性が高いです。実際に過払い金を支払ってくれた場合は、ここで和解成立となります。

過払い金返還請求をするなら、まずは弁護士に相談を

過払い金請求に関してですが、弁護士に依頼してみてはどうでしょうか?弁護士に依頼すると、普段の生活をしているうちに、弁護士が代わりに過払い金の請求を行ってくれます。上記のような過払い金を請求する手続きでも、素人がやると非常に大変です。

過払い金請求の仕事の依頼をする場合は、弁護士と司法書士では、弁護士に依頼しましょう。個別の債権額が140万円を超える場合、弁護士であれば交渉が可能だからです。司法書士は対応できません。過払い金請求を弁護士に依頼した場合、依頼料として過払い返還金の20%程度の報酬を支払うことになりますので覚えておきましょう。

モビットから過払い金を返還してもらうまでの期間

弁護士に仕事を依頼して、過払い金交渉をしてもらい、過払い金が手元に戻ってくるまでに、どれぐらいの期間が必要なのかご存知でしょうか?過払い金請求を弁護士に依頼すれば、短くて2ヶ月で手元に金利が戻ってきます。和解成立までに期間が長くなると4ヶ月必要だということを覚えておきましょう。

モビットの過払い請求が時効になるのはいつか

過払い金請求ですが、いつまでに行わなければならないのでしょうか。一般的に、過払い金請求権が10年で消えると言われていますが、境目の期日が分からないということで、過去に話し合いが行われたのです。

現在では、その問題が解決され、最終の返還日から10年というふうに解釈されています。つまり、最終の返還日より10年経過していなければ、過払い金返還請求権があるということです。まだ期日までに間に合うのであれば、過払い金を請求していきましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き