任意整理でアイフルの借金を減らしたい…手続き前の要確認ポイント

 

「アイフルからの借金の返済が厳しい・・・」
「アイフルから督促が来て困った・・・」


そのような方は、手遅れになる前に「債務整理」することをおすすめします。
債務整理のなかでも特に「任意整理」は、利息をカットして無理のない範囲で返済を続けられ、最も多くの人が利用しています。
このページでは、
・アイフルの借金を返済するのに効果的な任意整理のメリット
・アイフルを任意整理する条件、手続きの流れ
を紹介します。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息をカットできる。

アイフルを任意整理すると、以下の4つのメリットがあります。

    ・将来利息をカットし、月々の返済額を減額することができる
    ・借金の発生原因を問われることなく手続きできる
    ・家族や周りの人にバレずに手続きできる
    ・手続きする借入先業者を選択できる

以下では、4つのメリットを順に説明します。

将来利息をカットし、月々の返済額を減額することができる

任意整理の一番のメリットは、

  1. 将来利息をカットできる
  2. 分割返済により、月々の返済額を減らすことができる

という点です。

借金の発生原因を問われることなく手続きできる

任意整理とは、裁判所を通さず、当事者の話し合いにより解決する債務整理のことを言います。
そのため、借金の発生原因を問われることなく手続きできます。

対して自己破産では、例えばギャンブルや浪費で借金を滞納していた場合、免責不許可事由に該当する可能性があります。
簡単に言うと、借金の発生原因によっては自己破産はできない場合があるということです。

家族や周りの人にバレずに手続きできる

裁判所を介さずに、債権者(借入先業者)との私的な話し合いで解決できるのが任意整理です。
つまり、国が発行する公的な官報には掲載されないため、家族や周りの人など第三者にはバレずに進められます。

他の債務整理の手続きと比較すると、個人再生や自己破産では官報に自分の氏名が掲載されます。
第三者でも官報は閲覧できるので、債務整理をしたことが知られてしまう恐れがあります。

手続きする借入先業者を選択できる

任意整理には、手続きする債権者(借入先の業者)を選択できるというメリットもあります。

個人再生や自己破産においては、基本的に全ての債権者を平等に扱います。
そのため、金融機関に対する借金も身内や友人に借りたお金も同じ扱いで手続きが進みます。

しかし、任意整理の場合は債権者(借入先)を選択できます。
金融機関の借金は任意整理をして、身内や友人から借りたお金はそのまま返済するということが可能です。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

アイフルの任意整理の手続きと流れ

アイフルからの借金を任意整理すると、どのような流れで手続きが進むのでしょうか?

①専門家に依頼した後、借入先金融機関と借入額を提示する

任意整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼すると、債務者は借入先の金融機関(アイフル)と借入額を尋ねられます。

その際、カードや契約書、取引明細書などがあればそちらも提示するとよいでしょう。

②専門家が金融機関に、受任通知・債権届出書・取引履歴開示請求書を送る

次に弁護士や司法書士などの専門家は、受任通知・債権届出書・取引履歴開示請求書をアイフルに提出します。

書類がアイフルに届いた時点で、アイフルからの取り立て行為が止まります。

③アイフルが書類を専門家に返送し、残りの返済額が確定する

アイフル側では書類を受け取ると、必要事項を記載して債権届出書と取引履歴を弁護士や司法書士に返送します。

専門家は、受け取った取引履歴に対して利息制限法に基づく引き直し計算を行い、債務額を確定します。

④過払い金が発生していた場合はアイフルに対し返還請求する

利息制限法の利率に引き直して計算をした時に、過払い金が発生している場合があります。
その場合は、アイフルに対して過払い金の返還請求を行います。

そうすると、借金が0(ゼロ)になるだけではなく過払いをした分のお金が戻ってきます。

⑤分割返済に関する和解案をアイフルに送り、応じると任意整理が完了する

④までの時点で借金が残っていたとしても、分割で返済するという和解案がアイフルに提示されます。
この返済額は、利息を全てカットした元金のみとなります。

そしてアイフルが和解案に応じると、任意整理の手続きは完了となります。
完了までの期間は、スムーズに手続きが進めば数カ月、長期化をした場合には半年ほどです。

法律の専門家に依頼して手続きをスムーズに進めるのがおすすめ

任意整理の手続きは、法的知識のある専門家でないと債権者が応じてくれない場合があります。
個人でも手続きは可能ですが、専門家に依頼する方が賢明だと言えます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

任意整理におけるアイフルの交渉と対応

アイフルとの任意整理の交渉で、実際にどのくらい借金が減らせるのでしょうか?

支払い総額は、利息制限法に基づいて引き直し計算をした残りの元金がベースです。
返済総額が残元金以下になることはまずありません。

その後、未払い利息や遅延損害金の計算をします。これらの金額については、交渉によって決まります。
そして、将来利息については全額カットになります。

基本的な返済期間や返済回数は、以下の通りに決まります。

    ・返済期間:3年~5年以内
    ・返済回数:36回~60回

返済額と分割回数の例としては、以下の通りになります。

    ・利息制限法に基づく計算をした後の金額:35万円
    ・未払い利息や遅延損害金:1万円
    ⇒支払い総額:36万円
    ⇒36回での分割だと、返済額は毎月1万円、期間は3年間

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

アイフルの借金に困ったらまずは弁護士に相談してみよう

司法書士の代理権は限られているため弁護士の方がおすすめ

アイフルの任意整理にかかる費用は、弁護士・司法書士への報酬と通信費くらいで済みます。

弁護士・司法書士に依頼した場合、費用はどちらでもほとんど変わりません。
司法書士の方が安く済むということもないのです。

※弁護士・司法書士費用は、事務所によって違いますので依頼前に確認してください。

しかし、債務整理をする場合は司法書士よりも弁護士へ依頼するのがベストです。

司法書士へ依頼した場合、もし裁判手続きになると司法書士は簡易裁判所管轄の代理権しか行使できません。
債権額が140万円を超える事案や合意管轄により交渉がスムーズにいかなくなるケースがあります。

そのため債務整理の手続きは弁護士へ依頼するのが賢明です。

アイフルの借金を任意整理するなら、まずは弁護士への無料相談を利用しよう

  • 弁護士に依頼するときは、まず無料相談を利用するのがいいでしょう。無料相談は「相談だけなら何度でも無料」というものが多く、依頼する前に費用の件などについて詳しく聞くことができます。

  • それは助かりますね。

  • 現在の返済状況を分かる範囲で伝えるだけでも、具体的な対応方法を提案してもらえますよ。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き