アイフルの借金返済が苦しいので、自己破産をする選択はアリ?

2017.12.24 更新

アイフルで借金をしたけれど、気がつけば返済できないほどお金が膨れ上がってしまい、かなり困っているという人もいるのではないでしょうか。 そのような場合、考えられる選択肢として債務整理をすることが挙げられます。

債務整理のなかでも自己破産をすれば、免責許可の決定を受けることで返済をする必要がなくなる可能性があります。 しかし、自己破産をすることにはデメリットもあるようです。
それでは、アイフルの借金の返済が苦しいので、自己破産をするという選択はアリなのでしょうか。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

自己破産した後でも、ローンやクレジットカードを含めた借入審査に通るのか

返済能力があり、返済義務を必ず果たせるのが絶対条件

返済能力がなければ、借入の審査には通らない

もし、借金を返済できずに自己破産してしまった場合、消費者金融やクレジットカード会社などの借入審査に通過することはできません。
なぜなら、自己破産をしたというのは、返済能力がないうえに、返済義務を守れないということを証明しているようなものだからです。

債務者が自己破産をするのは、消費者金融や銀行系のカードローン会社が最も恐れていることです。
なぜなら、借入があることを認めたにもかかわらず、お金が戻ってこないからです。

消費者金融やカードローン会社が借入を認める条件として、まず「返済能力がある」というのは絶対です。
そもそも返済能力がない人に、借入があることを認めさせても意味がありません。
しっかりと安定した収入を得ており、返済義務を守れる人に限定するのは当然のことです。

日雇いのアルバイトの生活をしている人に30万円の借入を認めても、明日には仕事がなくなってしまう可能性もあります。
そのため、簡単に借入を認めるわけにはいきません。

このように、カードローンの審査に通過できる人というのは、上記のとおり、返済能力があり、返済義務を必ず果たすことができるというのが絶対的な条件なのです

アイフルの借入を自己破産すると、系列会社やグループ会社の審査にも通らない

アイフルから借りたお金を返済できずに自己破産をしてしまった場合、信用情報機関に事故情報が登録されている間、いわゆるブラックリストに載っている間はアイフルからお金を借ることはできません。

それでは、アイフルの系列会社やグループ会社で借りることは可能なのでしょうか。
その質問の答えを知るためには、アイフルの系列やグループにはどのような会社があるのかを理解しておく必要があります。

まず、アイフルは消費者金融であり、銀行系のカードローン会社ではありません。

最近の消費者金融業界を見ていると、アイフルはすでにどこかの銀行グループに入っているのではないかと思っている人もいるでしょう。
しかし、アイフルはどこかの銀行を親会社に持つことはしていません。
つまり、独立系の消費者金融なのです。

そして、アイフルからの借金の返済が苦しくて自己破産してしまった場合、破産者として名前が残っているので、系列会社やグループ会社で借入を行うことはほぼ不可能です。

自己破産した後でも、借りられる金融機関はあるのか

消費者金融なら、事故情報が消えると再び借入が可能

返済義務と返済能力、そして安定した収入があること

過去に自己破産をした人でも借入をしたいとなると、ヤミ金業者とかしかないんですかね。

確かに、過去に自己破産をしているということで、収入状況の関係から、特に銀行系のカードローン会社では借入をするのは厳しいでしょう。
しかし、自己破産をしてしまったとしても、一生借入ができないというわけではありません。
信用情報機関に自己破産をしたという事故情報が登録されている期間は、おおよそ10年だと言われています。
つまり、事故情報が消える10年間が経過した後に、また消費者金融で借入を行うことが可能です。
なので、ヤミ金業者からお金を借りるのは絶対にやめましょう。

気をつけます。

前述のように、アイフルは独立系の消費者金融なので、過去に自己破産をしてしまったとしても、事故情報が消えていて、返済義務と返済能力があるのであれば、借入を行うことができるでしょう。

自己破産をするときの具体的な流れを理解する

手続きの依頼から免責許可決定の確定まで

自己破産をする場合の基本的な流れ

アイフルのスタッフに相談をしてアドバイスを受けたけれど、返済することができないという人もいるでしょう。
そこで、自己破産をする場合、具体的にどのような流れになるのかを説明します。

自己破産する場合、下記に記載するような流れになります。
なお、基本的な用語についてはしっかりと覚えておきましょう。

  1. 弁護士や司法書士に手続きを依頼

    まず、自己破産をする場合、弁護士や司法書士に相談をしたうえで手続きを依頼します。
    相談のときに、借入をした消費者金融や借入期間、借入をした理由、保証人の有無などを詳しく話します。

    弁護士や司法書士に頼まなくても、自己破産の手続きを行うことは可能です。
    しかし、すべて自分でやろうとするのは、かなり大変であることは理解しておきましょう。

  2. 必要書類を裁判所に提出

    次に、必要書類を裁判所に提出することになります。
    基本的に、次のような書類を提出します。

    【自己破産の手続きで必要となる主な書類】

    • 破産手続開始及び免責申立書
    • 陳述書
    • 債権者一覧表
    • 資産目録
    • 家計簿

    これ以外にも取り寄せる必要のある書類があるので、弁護士や司法書士に聞いてみるといいでしょう。

  3. 管財事件か同時廃止かの決定

    上記で説明した書類を裁判所に提出すると破産手続きが開始し、免責の許可を申し立てることになります。

    東京地方裁判所では、即日面接という制度があります。
    これによって、破産手続きの開始日程の決定と、管財事件と同時廃止のどちらにするかの決定がなされます。

    換価するほどの財産がある場合には、破産管財人が選任されて管財事件(少額管財)となり、財産がなければ同時廃止となります。

    なお、即日面接は弁護士だけが出席し、債務者が出席する必要はありません。

  4. 債権者集会の開催

    その後、債権者集会が開かれます。
    債権者集会は、債権者に対して破産手続きに関する情報を開示し、破産手続きに関して債権者の意見を反映させるために、裁判所の管理下のもとで開催されるものです。

  5. 免責審尋の実施

    最後に、裁判所において免責審尋(めんせきしんじん)が行われます。
    免責審尋は、免責を認めてもらうために行う裁判官との面談です。免責とは債務の支払いを帳消しにすることであり、審尋とは当事者に陳述の機会を与えることを意味します。

    免責審尋では、本当に免責の許可を出してもよいのか、免責不可事由がないのかについて確認を行います。

  6. 免責許可決定・免責許可決定の確定

    免責不可事由がない場合には、免責許可の決定を受けることになります。
    この免責許可の決定は官報に掲載されます。

    そして、官報に掲載されてから2週間以内に債権者から即時抗告が行われなければ、免責が確定し、争うことができなくなるわけです。

自己破産の手続きは3カ月〜半年ほどかかる

基本的に、アイフルでも自己破産をされることは望みません。
弁護士に依頼した場合でも、手続きが終了するまでに最短で3カ月ほどの期間が必要です。
一般的な期間としては、6カ月くらいはかかると考えておきましょう。

自己破産をすることのデメリットは何か

自己破産をすることで受ける主なデメリット

自己破産をすると、所有している資産を処分しなければならない

自己破産をすることには、さまざまなデメリットがあります。
そのデメリットとは、普段の生活に制限がかけられてしまうことです。

自己破産をすると、所有している資産を処分しなければなりません。
この点、99万円までの現金については所持することが認められているものの、それ以外の自己名義の財産に関しては処分され、債権者へ配当されます。

自己破産をすると、行動や職業の制限を受ける

今までであれば、自由に旅行へ行くことも可能だったのに、自己破産をしてしまうと、裁判所の許可がなければ転居や長期の旅行ができなくなります。

また、自己破産によって一定の資格を取得できない、一定の職業に就けないといった制限を受けることになります。

【自己破産による資格制限・就業制限の例】
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 公認会計士
  • 後見人
  • 証券外務員
  • 生命保険募集人
  • 警備員

自己破産をすると、10年ほどブラックリストに載る

自己破産をしてしまった場合、その事実というのは一生消えないのでしょうか。

前述のように、自己破産をするとブラックリストに載ることになります。
ブラックリストに載ると、消費者金融からの借入やカード会社でクレジットカードを作成することなどができなくなります。

ただし、ずっと載ったままというわけではありません。
なぜなら、信用情報機関ではデータの登録(保管)期間というものがあるからです。

自己破産をしたという情報に関しては、10年は登録されていると言われています。
この点、自己破産の登録期間は5年という人もいますが、詳しいことについては公開されていません。
まずは、10年ほど経てば登録が抹消されると覚えておくのがいいでしょう。

任意整理などと比べて、自己破産の手続きの期間は長いとは言えない

任意整理のほうが手続きは簡単なので、期間が短いのではないかと思うかもしれません。
しかし、両者には期間の違いはほとんどありません。
自己破産の手続きが終了するのにだいたい3カ月~半年はかかるので、そのときの状況次第だと言えるでしょう。

自己破産をしても、周りには知られてしまう可能性は低い

自己破産をすると、家族や職場の人に知られてしまう可能性があるのでは?

自己破産に関する情報というのは、一般に知られることはありません。

でも、官報に掲載されるんですよね。

確かに、自己破産をすると官報に掲載されるので、それを閲覧した人に知られてしまいます。
しかし、官報を見るのは消費者金融で働いている人など、一部の人に限定されるので、それほど心配をすることはないでしょう。

なるほど。

アイフルの借金を滞納し、自己破産をしてしまった場合、家族にバレてしまう可能性が全くないとは言えません。
しかし、借金問題を抱えているなら、自己破産をはじめとした債務整理について、一度弁護士に相談してみましょう。
きっと「もっと早く相談していれば」と思うはずですよ。

関連記事

レイクの借金返済が苦しいので、自己破産をする選択はアリ?

目次自己破産した後でも、ローンやクレジットカードを含めた借入審査に通るの自己破産してしまった人は審査に通るのか自己破産…

モビットの借金返済が苦しいので、自己破産をする選択はアリ?

目次自己破産した後でも、ローンやクレジットカードを含めた借入審査に通るのか自己破産してしまった人は審査に通るのか自己破…