モビットで借金をしたけれど、時効で踏み倒すことはできる?

 

お金が必要ということもあり、モビットで20万円の借り入れを行ってしまったとします。当初の予定では、1ヶ月目に10万円、2ヶ月目に金利を含めて約10万円支払うことで、返済が完了する予定であったにもかかわらず、返済が滞る状態が発生したとしましょう。放置し続けると時効になると考えていませんか?犯罪を犯してしまった場合、時効が認められることによって罪に問われることがなくなります。実は、時効という法律の決定事項は、カードローンの業界でも存在します。その場合、モビットで借り入れを行った際、時効が簡単に認められるのか気になるところでしょう。今回は、カードローンの業界における、時効に関する基礎知識と借金返済の解決方法について様々な視点から解説していきます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

消費者金融からの借金が時効で消滅するタイミング

一般的に借金が時効になるタイミング

一般的に、モビットで借り入れた借金は、何年で時効になるのでしょうか。商行為による債権の消滅時効は5年間と定められています。一般的なカードローンは、ローン商品となりますので、商行為というカテゴリーに該当します。そのため、5年で時効が認められることとなります。このような時効を、「消滅時効」と呼んでおり、法律内容によって一定期間の権利を行使しなければ、債権は消滅すると定めています。もしかしたら、消滅時効の法律に該当するのは、銀行系のカードローン会社だけなのではないかと思っているかもしれません。

消滅時効は、消費者金融系や銀行系や信販系のカードローン会社であったとしても、消滅時効に関する法律内容は認められています。つまり、特定の定められた日から5年経過すれば、支払い義務が発生しなくなるということです。この特定の日とは、消滅時効の起算点となっています。消滅時効の起算点とは、借り入れた金額に対する返済をした最終日が、スタート日となります。つまり、最後に返済した日から5年間経過すれば、時効が認められるということです。

モビットからの借金が時効になるタイミング

上記でも説明した通り、一般的なカードローン会社では、最終的な返済日から5年経過すれば、時効が認められることになりますが、モビットでは、どのようなタイミングで時効が認められるのでしょうか?モビットでも、一般的なカードローン会社と一緒で、最終的な返済日から5年経過すれば、時効となります。

時効期間が経過しているか確認するためには

モビットから借り入れを行ったけれど、借り入れた金額を返済することができなくて、何年も返済を放置しているという人もいるでしょう。「もしかしたら自分は、時効になっているかもしれない。」と思いあたるのでしたら、時効期間が経過しているか確認してみましょう。

時効期間が経過しているか調べるためには、どのような情報を閲覧すれば、正確に状況を把握できるのでしょうか。

もし、モビットから返済に関する請求書が届いたのであれば、返済期日を確認してください。記載されてある返済期日から5年経過していれば、時効期間になっていることがわかります。

他にも信用情報機関で情報を開示してもらった際に滞納情報を発見した場合は、返済期日を確認してください。返済期日に関する記載がない場合は、延滞日・出金日・利用日・貸付日などを調べることで、5年が経過しているのかを知ることができます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金の時効成立を狙うのは難しい

時効は「援用」しなければ消滅しない

借金を消滅させたいのであれば、消滅時効の5年が経過するのを待っているだけではいけません。「時効の援用」をすることで、初めて時効が成立します。つまり、時効の援用とは、借り入れた金額に関して、時効であることを主張することを表しています。主張しなければ、債務から逃れられることはありません。

時効の援用をすれば、債務から逃れられるということになりますが、援用方法をご存知でしょうか?

援用方法として、電話や口頭でも伝えることはできますが、公的な内容として証明にもなる「内容証明郵便」を行うことをお勧めします。「内容証明郵便」の書き方ですが、様々な表現方法がありますので、絶対的な決まりがあるというわけではありません。しかし、「消滅時効援用通知書」とはっきりと記載しておけば、明確な内容証明となるでしょう。

文字数や行数に関しては、制限がありますので、最低限の文章で分かりやすい文面を完成させていきましょう。こちらで文例を紹介しても良いのですが、インターネットで検索すれば、多数の参考例を見つけることができますので、あなたに合うものを探してみてください。基本的に、参考例を見ながら相手の会社名や代表者の氏名などを間違わないように記載すれば、問題なく文面が完成するでしょう。

モビットに内容証明を提示するのであれば、「株式会社モビット」と記載し、代表の名前を記載していきます。ホームページに記載されてある代表名を記載して問題ありませんが、もし気になるのであれば、内容証明に関してお問い合わせ先電話番号から質問してみましょう。

時効は「中断」するリスクがある

上記のように、5年間支払いをすることなく経過すれば、時効が成立するのであれば、誰も返済しなくなるでしょう。それを防ぐために、「中断」と呼ばれる権利がカードローンなどの会社には与えられています。

モビットなどのカードローン会社も時効になってしまっては、返済されなくなってしまいますので、裁判所へ訴えを起こします。これが中断と呼ばれるものです。

この中断が発生してしまった場合、時効期間はリセットとなってしまいます。つまり、4年経過していたとしても、また0に戻るということです。そのため、モビットなどの大手の消費者金融カードローン会社では、借金を踏み倒すことは不可能に近いということです。

モビットの借金の時効を待つことのデメリット

モビットからの返済期日を守ることなく、督促通知も放置し続け、滞納してから91日間経過してしまったとします。91日間経過した場合、信用情報機関に長期滞納者ということで、記録されてしまうため、他のカードローン会社でカードローンの申し込み審査を希望したとしても、通過することができません。

クレジットカードも同様です。モビットでは、初期段階の督促に関しては、まじめに対応してくれますが、督促を放置し続けると、モビットの会社は対応しなくなります。会社のスタッフが電話連絡を入れたとしても、返済する見込みがないということで、債権回収会社に仕事を依頼して返済させようとします。

モビットの借金の時効を援用することのデメリット

モビットで最終返済日から5年間が経過し、時効の援用をしてしまった場合、デメリットあることをご存知でしょうか?時効の援用をすれば、返済する義務がなくなりますが、信用情報機関に記録されている事故情報が必ず消えるわけではありません。

そのため、返済義務がないにもかかわらず、新しいカードローン会社と契約することができないということがあります。そして、正確な計算をした際に過払い金が発生していたとしても、自分が借り入れたお金を踏み倒していますので、過払い金の返還請求ができなくなってしまいます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

モビットからの借金の時効成立を狙うよりも、債務整理をするという選択

債務整理による、借金問題の根本的な解決がオススメ

もし、モビットからの督促を放置し続け、消滅時効を考えているのであれば、債務整理という方法を実行してみてはどうでしょうか。

時効成立を目指していく場合、モビットとの関係性は非常に悪くなります。信用情報機関には、どんどん悪い情報が記載され、他のカードローン会社も利用できなくなってしまいます。

債務整理という方法を選択することで、金融業者と交渉し返済金額を減らしていくことができます。債務整理という方法は、時効にしてしまう方法ではありませんので、モビットに支払い意思があることを証明することができます。そのため、継続してモビットから督促の連絡が来ていたとしても、督促が止まることとなります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金問題を相談するなら

弁護士や司法書士などの、借金問題の専門家に依頼するメリット

モビットから借り入れたお金を返済するために、債務整理をしていきたいと考えているのであれば、弁護士や司法書士などの借金問題の専門家に仕事を依頼してみると良いです。

なぜならば、素人であれば、金融問題について上手く交渉することができなかったとしても、借金問題の専門家ですので、交渉がスムーズに進みます。そして、1度、仕事を依頼してしまうと自分がやる作業というのは、ほとんどありません。

もし、債務整理を上手く進めていきたいと考えているのであれば、実績多数の専門家に依頼した方が返済額を減額できる可能性が高いです。

モビットの借金に苦しんでいるなら、まずは無料相談を利用

もし、モビットの借金問題に苦しんでいるというのでしたら、無料相談サービスを利用してみてはどうでしょうか。

時効という方法は、借金問題の根本的な解決にはなりません。最終日に、1度でも中断されてしまえば、すべてリセットとなってしまいます。その間にも督促され続け、金利によって返済金額が増え続けるのですから、あとで、非常に大きな問題になってしまう可能性もあります。

そのようなことにならないためにも、法律の専門家の助けをかりましょう。弁護士や司法書士に借金問題について相談する場合は、自分の返済状況について分かりやすく伝えられるように情報を整理しておいてください。相談する際に、近くの市役所に行き必要書類を準備する必要というのはありませんので、現在の返済状況を自分の分かる範囲で伝えていきましょう。

無料相談ですので、相談だけであれば何度でも無料で利用することができます。この無料相談では、債務整理に関する質問を何度でも問いかけることができますので、もし、何度も相談するうちに、仕事を依頼することで、上手に債務整理できると実感できたのであれば、あなたが満足する形で仕事を依頼してみても良いでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き