オリコの返済で苦しむなら、任意整理をしたほうがいい

 

オリコを利用していて返済に苦労している人は、生活費を犠牲にしてまで支払いを続ける必要はありません。借り入れやショッピング利用したものは返済しなければいけませんが、その返済の仕方はオリコの決められた返済日に必ずしも合わせる必要はないのです。
通常の状態であれば返済日に支払うのが当然ですが、生活に困窮している場合はオリコに返済方法の相談をすることもできます。

こうした返済変更を弁護士に依頼すれば、合法的に楽に支払うことができます。それが任意整理です。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

オリコなどのクレジットカードも任意整理できる

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠がある

オリコのクレジットカードを利用している場合にはキャッシング枠とショッピング枠があるのはご存知でしょう。キャッシングは貸金業法の規制を受けているので年収の1/3までの貸し付けに制限されています。これには他社の貸付残高やカードローンの利用枠も含まれます。
ショッピング枠はほとんどの場合カード利用枠と同じですが、割賦販売法で決められている分割利用ができる枠(割賦利用可能枠)も同時に決められています。割賦利用可能枠がいっぱいになると、1回払い以外利用できなくなる仕組みです。

ショッピング枠のリボ払いも任意整理できる

クレジットカードのショッピング支払い方法にはリボ払いがあります。リボ払いでは毎月支払う金額を指定することができます。通常は毎月確実に支払いできるように支払金額を低くしていますが、毎月カードショッピングをしていると返済が追い付かず、残高が増え続けていきます。そのためカード利用枠があっという間にいっぱいになり、毎月返済だけを続けるクレジットカードとなってしまいます。

リボ払いは安易に続けていると無期限に手数料を支払い続けることになります。毎月の支払金額を大きくして残高を減らすことができないのであれば、任意整理を考えたほうがいいでしょう。任意整理をすれば確実に残高が減り続け、謝金を生産することができます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

オリコの借入を任意整理するメリット

任意整理をすることで、返済方法はどうなるのか

借金を軽減して支払う方法はいくつかありますが、その中でも任意整理は裁判所を通さない私的な方法です。債務整理の方法としては私的和解とも呼ばれていますが、基本的にはオリコと交渉して支払い可能な弁済額にしてもらうということです。任意整理は必ず弁護士に依頼しましょう。法律のプロでないとオリコに都合がいい和解契約になってしまう可能性があります。私的な和解の場合は法的な制限がないので、当事者同士が納得すれば成立します。うまく和解するにはやはり法律のプロの目が必要なのです。オリコが取り扱っているものであれば、オートローン、ショッピングクレジット、クレジットカードのキャッシング、カードローン、融資といったあらゆるものが任意整理の対象になります。複数の利用がある場合は、すべての利用を任意整理の対象にします。すぐに支払い完了となるような場合を除いて、返済継続可能な債務があっても一本にまとめて交渉しましょう。
最初にチェックするのは融資やキャッシングといった金融商品の実質年率です。古くから利用していると年20%を超える金利で借り入れしている場合があります。この場合は過払い金が戻る可能性があるので、最初にチェックしてもらいましょう。ただし、貸金業法の対象たなる融資商品だけなので、ショッピング利用では過払い金は発生しません。
任意整理によって和解する場合は和解契約日以降の将来発生する利息や手数料はカットされることが多いですが、オリコでも「将来利息」のカットに関しては認めるケースが多いようです。オリコに限らず任意整理で和解を勧める場合は、ある程度減額を交渉することができます。減額率20%で交渉が成立すれば、和解水準は本来支払う金額の80%となります。この和解水準は一律に決められているわけではなく、債務者の返済能力が大きく影響します。また、弁護士の交渉能力も大きいでしょう。
対象となる金額が決まったらどれくらいの返済期間で支払えるかを検討・交渉します。返済期間については3~5年、つまり分割回数では36回~60回が標準です。反対に返済可能な金額から最長の支払回数で計算して、和解の対象金額を割り出して交渉するという方法もあります。毎月2万円の支払いが限度であれば、2×60=120万円で交渉するのです。
和解契約してから返済を滞納すると法的な手続きが行われることになるので、確実に支払うことができる返済方法で交渉しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

オリコの借入を任意整理する具体的な流れ

任意整理手続きの基本的な流れ

任意整理の流れとしては次のようになります。

1. 弁護士への相談と任意整理の依頼
2. 弁護士が受任後、オリコへの受任通知を発送
3. オリコは債務のすべてについて法律で決められた上限利息で引き直した計算書を作成し、弁護士に送付
4. 計算書をもとに和解交渉を開始
5. 交渉成立後合意書(和解書)を作成
6. 合意書に基づいて支払いを開始

1~6までにおよそ2か月はかかりますが、もちろん債務金額や件数などで違いがあります。任意整理の大きなメリットとしては、受任通知をオリコが受け取った時点で、債務者本人への督促行為ができなくなります。交渉先は代理人である弁護士だけになるからです。その後督促電話や督促状の送付が全くなくなるので、督促を受けるストレスから解放されます。弁護士の受任解除などがあるとまた督促が開始されるので注意しましょう。

オリコとの交渉はすべて弁護士が行いますが、途中経過の状況などは定期的に確認しましょう。また和解成立までは返済する必要もなくなりますが、予定されている返済金額は積み立てておきましょう。返済が免除されている期間は交渉成立までの間だけです。和解成立後も余裕をもって支払える準備をしておくことが必要です。

交渉が成立して支払いが開始になっても基本的にはすべて弁護士経由で行います。つまり支払いも弁護士が行うので、債務者は弁護士に毎月お金を支払うことになります。

周りの人に任意整理をしたことがバレる?

任意整理の交渉中は弁護士の受任通知がオリコに届いた時点ですべての督促行為が中止となります。また和解が成立してからも支払に関する連絡はすべて弁護士に対して行わわれるので、債務者に直接連絡が来ることはありません。つまり周囲の人に任意整理していることが発覚するリスクはありません。むしろ任意整理をしないと頻繁に督促電話や督促状が送られてきます。また裁判所からの督促状が送付されることもあるので、周囲に延滞していることがバレやすくなります。これが任意整理をおすすめする理由のひとつです。

任意整理をしたいなら、弁護士と司法書士のどちらに相談すべき?

任意整理を依頼するのは弁護士と司法書士のどちらでも構いません。ただし際も総額が140万円を超える場合は司法書士が任意整理の交渉をすることはできません。140万円を超える債務があれば選択の余地なく弁護士に依頼するしかありません。140万円以下であれば、報酬金額に大差はないのでどちらに依頼しても構わないということになります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

オリコの借入を任意整理したら、信用情報はどうなるか

任意整理すると、信用情報に傷がつく

任意整理したという情報は個人信用情報機関に登録される場合があります。消費者金融系の個人信用情報機関JICCでは任意整理情報は5年間登録されます。クレジット系の個人信用情報機関CICには任意整理の情報は登録されませんが、JICCとCICは情報を共有しているので結果的には任意整理の情報が伝わります。また任意整理前に3か月以上の延滞があれば、その時点ですでに個人信用情報機関にはネガ情報として登録されています。いずれにしても任意整理から5年は新規クレジットカード申し込みや融資などの利用はできないと考えましょう。

信用情報に傷がつくと、審査でどの程度不利になってしまうのか

オリコの債務を任意整理するとオリコの内部情報として、個人信用情報機関の登録期間よりも長い7年から10年のデータ保存が行われます。したがって任意整理後オリコでは10年以上なにも利用できないと覚えておきましょう。オリコには与信企業としてオリコオートリースといった関連企業がありますが、オリコ内の情報がオリコオートリースに流れることはありません。これは個人情報保護法で禁止されています。

しかしオリコオートリースが個人信用情報機関の情報を参照することは法律違反ではありません。つまり個人信用情報機関に登録されている5年間は関連会社であっても与信に影響があります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き