エポスカードを滞納中のあなたへ|延滞後の流れとたった1つの対処法

 

エポスカードの支払いを滞納してしまった...でも返すお金がない...

そのまま滞納を続けると3ヶ月で一括請求が届いてしまい、最悪の場合、裁判が行われます
ですが、滞納した分を一括で支払うことはほとんど不可能です。

その場合は『任意整理』が最善策です。
任意整理を行うことで無理のない分割払いができます。

このページでは
エポスカードを滞納したときに、無理なく返済できる方法
についてご紹介します。

エポスカードの返済ができず、延滞が3ヶ月以上続くと『一括請求』され、最終的には『裁判』を起こされます。

これらを解決する手段として『任意整理』があります。
任意整理をすると一括請求を無理のない範囲で分割に変更できますし、督促の連絡を止めることができます。

借金はひとりで悩まず
まずは弁護士事務所の無料相談


電話はちょっと…という方はメールでのご相談

web_button

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

エポスカードで滞納し、返済が苦しくなった時にすぐやるべきこと

正しい相談先に相談する

借金を返せない時は、借金のプロに相談することが一番です。
弁護士と聞くと堅いイメージですが、借金問題を専門とする弁護士は借金の相談を無料で受け付けていることを知っていましたか?

クレジットカードを滞納してしまったり、カード会社から一括請求や差押予告通知などが届いてしまっている場合でも、借金問題は必ず解決できます。
エポスカードで滞納し返済に困っている方は、まずは借金のプロに相談しましょう。

弁護士相談のメリット

①弁護士に依頼中は借金返済しなくてもよい

②家族や会社にばれずに借金問題を解決できる

③知り合いに言いづらい借金の悩みを相談することで気持ちが楽になる

以下では、エポスカードでの滞納を放置してしまった場合、何が起こるかについて説明していきます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

エポスカードの支払いを滞納した後の流れまとめ。最悪、給与などの財産が差し押さえられる

エポスカードで支払い遅延するとどのような督促が行われるのかということを解説しましょう。

エポスカードの支払いを滞納してから、裁判になるまでの流れ

エポスカードの支払日は毎月4日、27日のどちらかを選ぶことができますが、選んだ支払い日までにこうざににゅうきんができなければ再振替日はありません。自分でATMで支払いをするか、直接マルイの店舗に出向いて支払うことになります。エポスカードの支払いができるのはエポスATMとローソン、ミニストップでのロッピー操作での入金に限られています。

この支払いもできない場合は督促の電話やはがきが届くことになります。勤務先への電話は法律で禁じられているので、基本的には自宅への督促電話や督促ハガキの送付がおこなわれます。家族に内緒にしている場合はこの時点で家族にも延滞が発覚することになります。

こうした状態がさらに続くと一時的に使えなくなっていたエポスカードが本格的に使えなくなる強制解約の状態になります。強制解約になるとエポスカードの返却や一括請求の義務が生じます。さらに延滞が解消されてもエポスカードは二度と使えなくなり、新規申し込みもできなくなります。

この状態になるとすでに法手続きが開始されていて、裁判所からの督促状も届くようになります。裁判所からの督促状には異議を申し立てしなければ、エポスカードに強制執行できる権利を与えることになります。

異議申し立てをすると裁判となり口頭弁論が行われます。この口頭弁論で一度には支払いできないので分割で支払うという主張をすると、和解勧告がされて法的に和解することが可能です。

エポスカードに強制執行の権利を与えてしまうと、動産、不動産、有価証券、預金、給与などあらゆるものに対して差し押さえされる可能性があります。こうしたことを避けるために異議申し立てによる和解がありますが、裁判所に一人出向いて弁護士相手に主張をするのはかなり勇気がいるでしょう。

その点、裁判所からの督促状が届く前に弁護士に依頼して任意整理を進めると、督促自体がストップすると精神的にも楽になります。

滞納していても、エポスカードを使うことはできるのか

エポスカードに限らず基本的には3回の延滞でクレジットカードは強制解約となりますが、延滞した時点からエポスカードの利用はできなくなります。強制解約はエポスカード二度と使えなくなる状態です。また、延滞していても支払う意思を全く見せず、督促を無視していると3回未満の延滞であっても強制解約があり得ます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

エポスカードの支払いを滞納したときの遅延損害金(延滞金)はいくらかかるのか

エポスカードの延滞には必ず遅延霜害金が請求されます。ここではどれくらいの延滞金がかかるのかを解説します。

エポスカードの遅延損害金(延滞金)について

エポスカードにはキャッシングとショッピングがありますが遅延損害金はキャッシングで年20%が残高に対してかかり、ショッピングでは年14.6%が請求金に対してかかります(残高に対して年6%が限度)。

遅延損害金はキャッシングの場合利息制限法で上限が決められていて、年20%はその上限となります。貸付金利の上限も年20%ですが、エポスカードの貸付金利は年18%なので、遅延損害金は貸付金利よりも高いことになります。

つまり延滞が発生して遅延損害金が請求されると、貸付金利よりも高い利率での請求が延滞解消まで続くことになります。

実際にどれだけの金利負担となるのか、遅延損害金を実例で計算してみましょう。(残高50万円で30日延滞の場合)
 遅延損害金=500000円×20%÷365日×30日=8219円

ショッピングの遅延損害金は残高を請求金に変えて利率を14.6%にすると同じように計算できます。キャッシングの遅延損害金は貸付金利よりも高いので、遅延するほど負担が大きくなります。
遅延損害金は請求金を支払うときに支払いますが、もし支払わなければいつまでも請求が続きます。

任意整理を弁護士に依頼すると、こうした遅延損害金を免除する交渉もしてくれるので無駄なお金を支払わずに済みます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

エポスカードの遅延損害金を支払うにはどうすればいいのか

エポスカードの遅延損害金のしくみはご理解いただけたかと思いますが、それではその遅延損害金の支払いはどのようにして行うのでしょうか。

エポスカードの遅延損害金はどこに支払えばいいのか

基本的には遅延損害金は請求金と一緒に支払いますが、支払い方法はエポスATMやローソン、ミニストップのロッピーで支払うことができます。直接振り込みをする場合はエポスカードのカスタマーセンターに連絡して振込先を確認しましょう。

遅延損害金を支払ってから、エポスカードが再び使えるようになるまでの期間はどれくらいか

短期間の支払い遅延であれば、請求金と遅延損害金を支払うと数日でエポスカードが使えるようになります。しかし強制解約となって一括請求やカード返却を求められている状態では、全額支払いをしてもエポスカードが使えるようにはなりません。それどころか二度とエポスカードを作ることもできなくなります。

任意整理をしてから5年で信用回復できるようになりますが、その場合もエポスカードの新規申し込みはできません。しかし、他社カードへの申し込みは可能となります。延滞したままではいつまでたっても他社カードも作れなくなるので、早めの任意整理をおすすめします。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

エポスカードは3ヶ月以上の延滞によって信用情報に傷がつく【事故情報】

エポスカードの支払い遅延は個人信用情報機関に登録されてしまいます。ここではどのように個人信用情報機関に登録されるのか解説します。

エポスカードの支払いをどのくらい滞納していると、信用情報に傷がついてしまうのか

クレジット系列の個人信用情報機関CICでは61日以上または3か月以上の延滞は異動情報として登録され、延滞解消から5年間はクレジット利用ができなくなります。エポスカードもCICに加盟しているので60日以内には延滞を解消しましょう。

信用情報に傷がつくとローンやキャッシング、クレジットカードの審査はどの程度不利になってしまうのか

エポスカードを延滞してCICにネガ情報として登録されると、新規のクレジットカード申し込み、カードローン申し込みなどクレジットカード会社や消費者金融会社の利用はすべてできなくなります。

個人信用情報機関には消費者金融系のJICCもあり、CICとJICCは会員データを共有しています。そのためエポスカードで延滞した記録はクレジットカード会社だけではなく、消費者金融会社でも新規申し込み時に参照することができるのです。

エポスカードでの延滞はその後のクレジット、、融資すべてに影響があるので、延滞は早期に解消しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

【任意整理】エポスカードの滞納した返済を分割払いで無理なく対処

エポスカードの滞納を続けてしまう深刻なデメリットを受けてしまうことがわかったと思います。
そういった滞納によるデメリットを避けるためにも返済が厳しい場合の解決策を紹介します。

もしまだ滞納していないのなら、エポスカードの支払いをリボ払いに切り替える

エポスカードにはリボ変更というサービスがあります。1回払いで買い物をした後に返済できない状態になった場合には、リボ変更の手続きをすればリボ払いでの支払いが可能になります。しかし請求金が確定してからでは変更できないので早めに手続きしましょう。

リボ払いは毎月一定額の返済のため便利な手段に思われがちですが、リボ払いは支払い完了まで利息がかかるので長期に支払うと苦しい返済になってしまうことが多いので注意が必要です。

エポスカードの遅延損害金について任意整理を行う

エポスカードの返済を滞納してしまっている場合は任意整理による解決が最善策です。

延滞が長期になると請求金ではなく残高が一括で請求されます。その状態でも任意整理をすることで弁護士が交渉して債務者の収入に合わせた無理のない額での分割払いができるようになります。
また、遅延損害金の減額等も交渉することができますし、督促電話もなくなります。

最近では法律事務所のほとんどが無料相談を行っているので、これを活用して早めの相談をしてみましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き