自己破産後のクレジットカード|今のまま使える?新しく作る方法は?

 

「自己破産するとクレジットカードはどうなるの?新しく作れる?」
「カードが無くなって生活は不便にならないだろうか…」

残念ながら、自己破産するとクレジットカードを失うことになり、5年ほどは新しく作ることもできません。

しかし、クレジットカードでなくても他のカードを使う、5年経った後になるべく早く作成できるように準備することはできます。
このページでは、自己破産後のクレジットカードへの影響や、自己破産後にカードを作成しやすくする方法について解説します。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

自己破産後にはクレジットカードの審査に通るの?新しく作れるの?

  • 自己破産をした後は、新たにクレジットカードを作ることはできるのでしょうか?

  • いいえ、自己破産をした人はしばらくは新たにクレジットカードを作ることはできません。
    カード会社の多くは信用情報機関に加盟していて、クレジットカードを発行する際に信用情報をチェックします。

    自己破産をすると、信用情報機関に事故情報として記録されてしまい、カード会社にも伝わってしまうので、審査に通らなくなります。

主な信用情報機関

  1. CIC
  2. JICC(日本信用情報機構)
  3. KSC(全国銀行協会)
  • 自己破産をすれば借金が無くすことができますが、
    お金を契約通りに返すことができなかったという情報がカード会社に登録されて、クレジットカードの審査にも通らなくなってしまうのですね。

  • これが、ブラックリストに載ると言われている状態です。
    自己破産をした後は、基本的にクレジットカードを作ることはできないと考えるべきですね。

    しかし、クレジットカードを作れないということは、新しく借金を作れないということになるので、借金を続ける生活から抜け出すきっかけになるでしょう。

  • 確かに、借金をしたくても出来ないとなると、強制的に借金に頼る生活をやめることができますね。

    でも、やはりクレジットカードを作ることはできないのは困ります…。
    何年くらい作れないんでしょうか?

  • 事故情報は手続き後5~10年ほどで消されるので、その期間が経過したら、再びクレジットカードを作ることは可能です。
    一概には言えませんが、銀行系を除くクレジットカードの多くはCIC・JICCにのみ加盟しているため、5年経てば自己情報は消える可能性が高いです。

クレジットカードの主な分類

  1. 銀行系:銀行が発行するカード。三菱東京UFJカードや三井住友カードなど。
  2. 信販系:信販会社が発行するカード。オリコカード、ジャックスカードなど。
  3. 流通系:デパートやコンビニ、スーパーなど実店舗を持つ会社が発行するカード。イオンカード、セブンカードなど。
  4. 消費者金融系:消費者金融機関が発行するカード。ACマスターカードなど。
主な信用情報機関の記録年数
信用情報機関 加盟会社/金融機関 事故情報の記録年数
CIC
信販会社・カード会社
5年
JICC
消費者金融・カード会社
5年
KSC(全銀協)
全国の銀行
10年

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産後にクレジットカードは使えるの?

  • では自己破産をした後は、今持っているクレジットカードはそのまま使えるんでしょうか?

  • いえ、自己破産をすると今使っているクレジットカードもいずれ利用ができなくなります。

  • すでに作っているクレジットカードについても、ブラックリストに載っているかチェックをするんですか?

  • カード会社では、クレジットカードの発行後もときおり「途上与信」と言って、信用情報のチェックを行い、カード利用者の信用力を確認しています。




クレジットカード会社が、発行審査後も定期的に個人のカード利用状況を確認する行為。
JICCやCICなどに問い合わせて、利用者に問題がないか(滞納などしていないか)を常に確認している。
  • 自己破産をしてブラックリストに載ると、自己破産をしたという事実が途上与信の際に伝わり、クレジットカードの利用を止められてしまいます。

  • 途上与信って、例えばどういったタイミングで行われるんですか?

  • よくあるのが、クレジットカードの更新のときですね。
    その際に信用情報のチェックが行われるので、自己破産をした後にクレジットカードの更新があると、利用停止になると考えていいでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産でクレジットカードを失っても代わりに使えるカード

  • 自己破産すると、今持っているクレジットカードは使えなくなるし新しく作ることも難しいんですね…。
    カードがないと生活が大変そうで自己破産すべきかどうか分かりません。

  • 確かに、クレジットカードを失って不便になることもあります。
    しかし、クレジットカードがない間も代用できるカードがあり、カードでの決済もできます。
    ここでは、自己破産後にクレジットカードを使えない期間に代わりに使用するカードを紹介します。

  1. デビットカード
  2. 家族カード

1.デビットカード

ネットショッピングなどで支払い方法がカード払いしか選べない場合、「デビットカード」を使用するという手段があります。

デビットカードは、銀行口座に残高がなければ利用することができないカードです。
例として、三菱東京UFJ-VISAデビットカードやSMBCデビットカードなどあります。

デビットカードのメリットは以下の通りです。

  1. 審査が不要なのでブラックリスト状態でも作ることができる
  2. 残高や使用履歴を把握しやすく、計画的に利用できる
  3. ネットショッピングや海外でのショッピングにも使える

自己破産後は生活を見直す貴重な機会でもあるため、借金を今以上に増やさないためにもデビットカードを作ることはおすすめです。

2.家族カードを使わせてもらう

家族カードとは、クレジットカードの本会員の家族が使えるカードで、家族自身は基本的に無審査で作ることができます。
自己破産後のブラックリスト状態でも利用しやすいのがメリットです。

以下では例として、夫婦のうち夫が自己破産した場合について説明します。

妻が本会員として申し込みしたローンやクレジットの審査に落ちてしまうことは、基本的にありません。

自己破産することによって記録される事故情報は、あくまでその個人に関するものです。

そのため、夫が自己破産をして信用を失ったとしても、それは妻には影響しません。

さらに、自己破産をした夫も妻名義の家族カードを使うことができます。
なぜなら、この家族カードはあくまで「妻の信用」に基づいて発行されているからです。

債務整理をしたかどうかや、ブラックリストに載っているかどうかといった夫の返済能力は問題になりません。

妻に信用があれば、妻は自分名義のカードを作って、夫に家族カードを渡すことができるのです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産後にクレジットカードをなるべく早く作るための方法

自己破産した後5~10年はクレジットカードの審査に通らず、新しく作るのが難しいことは前述のとおりです。

しかし、事故情報が消えてからいち早くカードを作れるようにする方法はあります。
以下では、自己破産後にクレジットカードをなるべく早く作るための方法を説明します。以下の2ステップです。

  1. 信用情報機関に開示請求して事故情報が消えたか確認する
  2. クレヒスを蓄積する

1.信用情報機関に開示請求して事故情報が消えたか確認する

まず最初に行うべきは、信用情報機関に情報の開示請求をして、本当に事故情報が消えたかどうか確かめることです。

通常、それぞれの信用情報機関は一定の期間(CIC・JICCなら5年、全銀協なら10年)が経てば事故情報を削除するはずです。

しかし、自己破産したときの債権者(貸金業者)から削除が依頼されるわけではないため、事故情報がそのまま残る場合があります。
特に債権者が多い場合に起こる可能性があります。

事故情報が残ったままだと、クレジットカードの審査にも通りません。
インターネットでも開示請求はできるので、事故情報が消えたかどうか必ず確認するようにしましょう。

2.携帯電話を割賦(分割払い)で購入してクレヒスを蓄積する

事故情報が消えたことを確認し、いきなりクレジットカードを申し込んで審査に通るのでしょうか?
実は、この段階ではまだ審査に通る可能性は高くありません。

その理由は、事故情報が登録されていた何年もの間、クレジットヒストリー(クレヒス)が無かったためです。(「スーパーホワイト」状態といいます)

クレヒスとは、過去にクレジットカードやローンを利用してきた履歴のことです。

スーパーホワイト状態では、カードの申込者が今までカードの審査に通った、カードを利用してきたという事実をカード会社は確認できません。

そのため、クレジットカードの審査に通る確率を上げるためには、ある程度クレヒスを貯める(クレヒス修行をする)ことが賢明です。

では、クレジットカードを申し込む前からクレヒス修行する方法はあるのでしょうか?
一つとして、携帯電話を割賦契約(分割払い)で購入することです。

携帯電話の割賦契約を結ぶ際には、携帯電話会社はCIC・JICCなど自らが加盟している機関の信用情報を照会します。

そのため、分割払いで購入することで信用情報機関にクレヒスを貯めることができます。

また、携帯電話の分割払いの審査基準はクレジットカードほど厳しくありません。
よって、携帯電話の割賦契約は事故情報が消えた喪明け状態でクレヒスを蓄積するのにうってつけの方法と言えるでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

【まとめ】クレジットカードが使えなくても自己破産は借金生活を立て直す機会になる

これまでのポイントをおさらいすると、以下の通りです。

    ・自己破産すると、今持っているクレジットカードを使用したり新たにカードを作ったりすることは難しい。
    ・利用できない間はデビットカード・家族カードで代用できる。
    ・5~10年後になるべく早くカードを作るための対策もある。

自己破産してクレジットカードを使わない間は、金銭面で生活を立て直す貴重な機会になります。
借金の返済に苦しむ状況から脱出するには、一番の近道と言えるでしょう。

まずはお気軽に、債務整理のプロである弁護士事務所に無料相談してみましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き