【自己破産で解決!】会社に督促がきて退職。総額250万円を滞納しました

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

多重債務で250万円以上の借金。現在は無職で借金を滞納しています

32歳、独身一人暮らしの男性です。元はサラリーマンをしていました。
現在は、無職です。
借金は最高額の時には、250万以上ありました。
現在は、30万円、返済しないといけない金(親からの借金)があります。
借り入れ先は、地方銀行のローン、クレジットカード会社、4社の消費者金融の無人貸金窓口、など多数にわたります。
まず、25歳の時に、地方銀行の借り入れ(自動車購入時のローン)に関して、滞納しました。
これの毎月の返済額、返済期間は、5万円×24カ月で、自分の当時の収入からすれば払える額です。金利も低金利(0.05%)でした。
この時は、真面目にサラリーマンをしており、ただ単に生活費のやりくりがうまくできずに滞納してしまいました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

リボ払いの支払いがかさみ、自動車ローンの返済が滞る

自動車ローンに関しては、返済を続けていました。
そのうち、毎月給料から5万円をローンに払うため、自分の遊興費が不足して来ました。
身の丈に合った生活をしていれば良かったのですが、見栄を張って遊びに行ったり、ファッションにお金を使ったりしてしまいました。
現金がない時は、クレジットカードで支払いました。
クレジットカードの支払い分は、リボ払いで、月に1万円ずつ返済する事にしました。
クレジットカードも複数持っていたので、徐々に、毎月の借金返済額が増えていきました。
当時の収入は、普通のサラリーマンと同等で、月に25万円程度+ボーナスが1年に4カ月分です。
会社の同僚は、「ローンもあるのに、そんなに遊び回って大丈夫なの?」という忠告もしてくれました。
自分が28歳の時に、自動車ローンの支払いが滞ってしまいました。
その為、消費者金融の窓口でお金を借り、自動車ローンに充てました。
その時から、消費者金融の借金もかさんで行きました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

カードが使用停止になり、借金など総額250万円を滞納。

銀行の自動車ローンは、何とか完済しました。
しかし、その他の、クレジットカードの返済が滞り、カード使用を停止されました。
そして、借金の滞納の影響で数社の消費者金融会社から借り入れた金額が総額で、200万円になってしまいました。
クレジットカード未返済分の金額と合わせて、250万円が滞納していました。
自分の月給が振り込まれると、その口座からすぐに金融機関が未払い分を引き落として行きます。
その為、自分の生活費(電気代、水道代など口座振替にしている物)に関しては、「引き落としできませんでした」の請求書が溜まっていきました。
電気が止められてしまい、生活できないので、親や親戚に頼んでお金を借り、何とか家賃と光熱水費だけは維持しました。
現金は自分の手もとに残らず、毎日の食費はほとんどありません。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

会社に督促がきて退職。債務整理をお願いする

会社へ行くにも、多少の身だしなみが必要です。
昼食代もかかりますし、サラリーマン生活にかかる経費が保てなくなりました。
また、会社へも消費者金融からの連絡が入ったようで、会社に居づらくなりました。
同僚にも、「借金王」の噂が広まっており、自分は会社を辞めました。
それからは、自宅にこもって、借金の督促の連絡から隠れる毎日でした。
自分は収入が無いので、もう返済できるあてもありません。
噂には聞いていた、「債務整理」を、藁にもすがる思いでお願いしました。
その頃には、自分はヒゲは伸ばしっぱなし、スウェット上下で風呂にも入らず、引きこもりの毎日でした。
すさんだ生活だったと思います。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

相談の結果、任意整理ではなく自己破産を選択。新しく生活を始めます。

任意整理の方法ですと、借金のすべての返済を免除される訳ではないです。
その代り、自分の所有物を限定されたり、法律上の活動の制限が少ないです。
任意整理の方が、借金返済後は比較的速やかに、普通の生活に戻れるので、自己破産はできれば避けたかったです。
ただ、自分の場合は、知り合い、親戚、親などに借金があり、もう、見放されていました。
また、次の職やアルバイトさえも決まらない状態でしたので、自己破産という方法を選びました。
手続きの結果、金融機関への借金は、完全にゼロになりました。
親からの借金に関しては、自己破産の手続きで法的に返済の義務はなくなったようです。
しかし親には、今後の付き合いもありますので、返済しようと思っています。
これから、借金に頼らない、新しい生活を始めようと考えています。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き