買い物依存症で借金を繰り返してしまう人へ。たった1つの解決方法

2018.10.24 更新

ついついしてしまう買いもの。得にネットショッピングはボタンひとつで注文できて便利ですよね。しかし気付いたらクレジットカードの支払いが大変なことに…

記事では買い物による借金の解決方法について解説していきます。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

買い物依存症で借金をする生活を続けていると陥る危険な状態とは

買い物依存症とは、どのような状態を表すのでしょうか。人間である以上、誰もが買い物依存症になる可能性があります。自分のことを買い物依存症であることを理解している人もいれば、自分は買い物依存症でないと言い張る人もいます。

しかし、その違いは何なのでしょうか。買い物依存症の人は、金銭的状態が非常に貧しい状態です。1円も貯金しておらず、症状の重たい人になると、借金をして借り入れを行います。仕事などで稼いで来たお金は、買い物にすべてつぎ込むことになりますので、貯金をすることができないのです。お金の使い方が分からず、自分の判断もまともにできない状態となっているのです。

もし、借金をしてまでも買い物をし続けてしまう行動があらわれているのであれば、その方は間違いなく買い物依存症です。精神的な状態として、買い物をしているときや商品が届くまでは、非常に楽しい気持ちとなるのですが、実際に手元に届くと気持ちが下がってしまって、再び買い物を継続しようとするのです。そして、その状態を家族などに責められることで、そのストレスから買い物をする典型的な流れに陥ります。

買い物依存でできた借金の返済ができないと最終的にどうなるのか

最初、買い物依存症の方は、自分が会社で働いた稼ぎから支払いを行います。自分の稼ぎから支払うのであれば、買い物依存症ではない可能性がありますし、そのときから非常にインターネットショッピングを利用するというのであれば、買い物依存症の1歩手前というところでしょう。どちらにしても軽度の状態ですので、自分の意思で買い物を止めることができるでしょう。

買い物依存症の程度がひどくなると、自分で買い物を止めることができません。周囲の家族や友達から「何で、また買ったの?」「最近、買い物しすぎでしょ。」と責めるように言われます。そのときから、自分の稼ぎを超えて買い物をするようになり、カードローンなどを利用して借金をするようになります。当然ながら、計画性のない借り入れですので、返済能力もなく、返済義務がない可能性が高いでしょう。

そして、そのような人が借りられるカードローン会社ですので、闇金である可能性が高いのです。違法なまでに高い金利に、どうにもならない状態になってしまう人がたくさんいるのです。このままでは生活することができませんので、債務整理を行っていきます。あまり実施したい方法ではありませんが、ここまで来てしまったら自己破産をするしかありません。生活や仕事などに制限をかけられてしまいますので、思うような生活をすることができなくなってしまいます。

クレジットカードでできた借金を完済する最短の方法【債務整理】

まず、ショッピング枠について簡単に説明しておきます。ショッピング枠とは、自分が利用できる限度額と同じ金額になります。そもそも限度額とは、自分が利用できる最大の金額のことで、10万円が最大の金額なのであれば、ショッピング枠の金額は10万円になります。リボ払いとは、1回で返済することができない場合に、分割で返済することを意味します。5万円利用したら、当然5万円返済するべきなのですが、1回で返済することが厳しいため、1万円ずつ返済するということです。

リボ払いを行えば、手数料なども支払わなければいけなくなり、返済が長期化してしまい、最終的に返済できなくなり、どうしようもなくなってしまいます。

債務整理とは、計画のない借り入れを行い、まともな生活を送ることができなくなってしまった人に、解決策として提示されたサービスとなっています。買い物依存症で特にクレジットカードで借金をしてしまった人で、滞納してしまった場合でも、債務整理を行えば、督促などを止めることができるようになりますので、できるだけ早く行っていただきたいと思います。債務整理にも自分の状況によって様々な方法を選択できます。本当にどうしようもないのであれば、自己破産をする方法もあるでしょう。

しかし、信用情報機関にそのような情報を記載されたくないのであれば、任意整理にとどめておくことをお勧めします。任意整理であれば、必要以上に自分の生活に制限がかかることはありませんので、金融機関へしっかり返済ができるように、上手に交渉していきましょう。

買い物依存、カード依存の人が債務整理をするのならどの手続きがいいのか

買い物依存症で借金やクレジットカードの返済が厳しい場合、毎月収入がない状態で100万円以上の借金があるのであれば、自己破産を選択していきましょう。しかし、毎月20万程度の収入があり、借金が50万円だというのであれば、任意整理などで、交渉を有利に進めて確実に返済していくと良いでしょう。また、法定金利以上の支払いを行っていると感じているのであれば、過払い金請求をすれば、借金を帳消しにできる可能性があります。

弁護士や司法書士などの法律の専門家に仕事を依頼することは決して難しい事ではありません。法律について全く知らない方でも気軽に相談し、仕事の依頼を行うことができます。また、相談に関しては無料で実施していますので、自分の分からないことについてまとめておき、質問するようにしましょう。

関連記事

カードローンの滞納は2ヶ月を超えると危険!5つのリスクと回避法

目次カードローンを滞納すると生じる5つのリスクカードローンを滞納してしまった時の解決方法は? カードローンを滞納すると生…

「債権者」「債務者」とは?わかりづらい督促状の中身と対処法をわ…

目次「債権」「債務」「債権者」「債務者」とは? 督促状が届いた!債務者が取るべき対応は?債権者からの一括請求が返せない……

借金を一括請求された…放置は危険!滞納した借金を返済する方法

目次一括請求は借金を2ヶ月滞納したら届く消費者金融などの債権者から借金の一括請求通知が届いたときの対処法裁判所から借金…

借金の滞納払えないとどうなる?裁判所から督促が来た時の対処法

目次借金を滞納したらすぐにやるべきこと借金を滞納すると、消費者金融やカード会社から督促状(一括請求)が届く借金を滞納し督…

差し押さえ通知が届いたら危険!借金を滞納したらすぐ対応すべき理由

目次【裁判所からの督促が届く前に】差押予告通知が届いたら今すぐ対応すべき理由差押予告通知の対処法と支払督促を止める方法…