24時間365全国対応 無料

0120-249-006

個人再生で退職金額は変わる?8分の1を清算価値にする

2019.09.17 更新

個人再生をしたいけど退職金はどうなるの?

個人再生をすると退職金の8分の1が財産扱いとなり、8分の7を受け取ることができます。

ですが、退職金を受け取った後に個人再生をすると全額が財産扱いとなるため、すべて回収されてしまいます。
そのため、退職金を受け取る前に個人再生をする方が退職金を残せるといえます。

このページでは
個人再生をするときに退職金を受け取るための手順
8分の1を清算価値にするための条件について
をご紹介します。

借金の悩みについて弁護士に相談してみる


個人再生をすると退職金の受け取り見込み額が変わる

個人再生したら退職金はいくらか

個人再生とは、現在ある債務残高をカットし、現実的な支払方法で完済させようとする手段です。

その際、債権者である銀行や信販会社などは、債務者の財産をチェックして「支払いできない金額」を算定することになります。
具体的には債務残高から「財産」を引いた金額を基礎にして、債務カット額を決めるのです。

個人再生する人の多くにとって、住宅は大きな財産ですが、住宅ローンの担保になっていることが多いため財産価値はさほど高くありません。

そこで銀行以外の債権者が注目するのが生命保険や自動車ですが、案外意識されていない財産として退職金が挙げられます。

退職金は退職しない限りもらえないので、個人再生をするとはいえ財産として考えられることに抵抗があるでしょう。ですが、働き続けている限りもらえるはずなので、会社に対する一種の請求権が形成されていると考えられるのです。

個人再生では、これらの財産がどの程度あるかを考慮し、債務残高のカット額を決定します。

退職金の受け取り見込み額が多いと、財産が多くあると判断されてカット額が変わります。

とはいえ、個人再生をしてからすぐに退職をして退職金を差し出す必要はありません。
また、債権者が会社に押しかけて退職金に担保設定をするようなこともありません。
ご安心ください。

個人再生をすると家や車は差し押さえられずに済む可能性があるけど・・・

個人再生をすると退職金を全て差し押さえられると言われることがありますが、これは間違いです。
個人再生の仕組みは、住宅ローン特則が認められれば現在負っている住宅ローンを除いた債務を算定し、ここから住宅以外の資産価値を控除して返済額を決める手続きです。

しかし、住宅価値と住宅ローンの残高を比較し、住宅ローンの残高が少なければ住宅を売却すれば返済資金に充てられるという事で、先ほど述べた「財産」に含められてしまいます。

同様に退職金が個人再生の際に債務カットの計算に含まれてしまうことで、退職金が多くもらえる会社に勤めていると「財産」が増加しますから、債務カットが少なくなり、自分の返済額が多くなります。

しかし、個人再生の際に考慮されるその金額は退職金の見込み額の全額ではなく、その8分の1です。

中小企業の退職金制度は、あったとしても将来実際に支払われるかどうかはわかりませんし、大企業であっても同様です。公務員の退職金は年々減らされています。
退職金は「絵に描いた餅」という性格が大きいため、8分の1とされているのです。

個人再生をしても退職金を8分の7受け取るための具体的な条件や基準

個人再生の際に、退職金の支給見込み額が大きければ、返済しなければいけない金額も大きくなります。 具体的にどれくらいの金額が大きいと評価されてしまうのでしょうか。

まず、個人再生で返済しなければいけない金額を知ることが大切です。

これは次の金額が100万円を超える場合、それを大きな金額とし、超えない場合も100万円は最低弁済する必要があります。

・債務の5分の1
・財産の清算価値

このうち退職金は財産の清算価値の算定に影響します。
退職をしていない場合は8分の1が清算価値、もうすぐ退職する予定がある場合は4分の1が清算価値になると決められています。

もっとも、きっちり決まっているわけではなく、裁判所の裁量で若干ながら変えられる余地があります。

債務整理に強い弁護士に相談してみるのも一つの方法です。

個人再生の認可決定までは退職金を受け取らないほうがいいの?

個人再生の債務カット額は、債務者が持っている財産の額が重要になります。

財産が多ければ債務カットの額も少なくなりますが、退職金はその受取見込額の8分の1が財産として算定されます。

しかし退職金を受け取ることができる状態、つまり退職が確定するとこれが4分の1になります。
全額が財産と判断されるわけではありませんが、退職金は4分の1以上の差し押さえが禁止されているためです。

そのため、個人再生の認可決定があったとしても退職の事実があり、退職金をもらえる状態になっていたら退職金の4分の1が財産の額とされてしまいます。

ただし、もらってしまうと「現金」という財産になってしまいます。

個人再生認可決定の時には、毎月の返済額が決まっているでしょうから退職金をもらっても影響はないでしょうが、できれば認可決定がされるまで受け取りを留保したほうが無難です。

【まとめ】個人再生をするときの退職金について

退職金をもらっていなければ、その時点での支払見込額の8分の1、支払いが確定していればその4分の1と決まっていますが、もらってしまったら「預金」となり、財産額に含まれます。

つまり、8分の1や4分の1という「特例」は適用されず、退職金を受け取った後は全て差し押さえられてしまいます。

個人再生は一種の交渉です。
債務整理に強いの弁護士さんに依頼するのも一つの解決方法です。

また、個人再生を行う際は退職金見込額を把握するために、「退職金見込額証明書」を会社から得る必要があります。
いくつか必要な書類や資料もあるので、個人再生をする前に弁護士に無料相談するとよいでしょう。

関連記事

個人再生で官報に掲載されるタイミングはいつ?載らない2つの方法

目次個人再生をしたときの官報への掲載情報や掲載のタイミングは?個人再生をして官報に掲載されてもデメリットはない個人再生…

個人再生にかかる期間は?申し立てや手続きの流れ

目次個人再生の手続きの流れを理解しよう個人再生をすると、信用情報機関に事故情報が登録される個人再生をして借金を減らすな…

個人再生で住宅ローンのある家は残せる?特則の審査とは

目次住宅ローン返済中でも個人再生で家を残す方法家を残して個人再生できる「住宅ローン特則」とは住宅ローン以外の借金が大幅…

個人再生すると保証人へ一括請求が!極力迷惑をかけない方法

目次個人再生を本人がしても、保証人(連帯保証人)が残った借金を支払う保証人も借金を返済できない場合の「その人に合った手…

持ち家がある場合の個人再生のメリットとデメリット

目次持ち家がある人が個人再生をするとどうなるのか持ち家を残したまま個人再生をする方法個人再生で持ち家を残せるケースと条…