娘の学費のために総額200万円の借金。長年続く返済に大きな不安

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

奨学金を含め、毎月2.5万円の返済。対応はせずに返済できています

現在我が家で借入をしている業者は楽天銀行、教育ローンの日本政策金融公庫、日本学生支援機構の奨学金の3つを借り入れしています。借入期間は楽天銀行のローンが5年、日本政策金融公庫が10年、奨学金が10年での返済を予定しています。金利は楽天銀行に関しては実質年利14.5%での借入となっており、日本政策金融公庫は年利1.9%、奨学金は第一種なので0.4%の金利となっています。毎月の返済額は楽天銀行が1万円、日本政策金融公庫が6600円、奨学金が8837円となっているので合計で25437円の返済を行っていることになります。今の所延滞は一切生じていないので順調に返済を継続しています。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金の原因は娘の学費。金利が安いところを探して借り入れをしました

3つの借金は全て娘が専門学校に行く為の資金として借り入れたものです。我が家の収入の状況は夫婦共働きですがそれほど給与が多いわけではなく、販売業という職種のため不景気のあおりを受けてボーナスや昇給もカットされている状態です。その為、本来であればボーナスなどで賄える金額なのですがそれが現在の状況では賄えないと判断したため、出来るだけ金利の低い所から少しずつ借り入れを行ないました。現在長女は専門学校を卒業しましたがまだ中学生の娘も控えていますので出来るだけ貯蓄を切り崩したくありませんでした。奨学金や教育ローンを利用することにした次第です。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

無駄遣いを極端に減らして生活。返済も順調に進んでいます

家庭内に生じた変化は、無駄遣いが大幅に減ったということです。今の所、給与水準が回復する見込みもなくボーナスカットなどもいつまで続くか分からないため毎月26000円程度の返済はかなり大きな負担となっています。その為切り詰められるところは切り詰めていくという生活スタイルに変化しました。しかしそれによって生活が苦しくなったということはさほど感じられませんし、毎月の返済金額も無理なく返済出来る水準で納まっていますので自分の小遣いを少し減らし必要のないものを買わないようにすることで生活に支障をきたすことなく生活できています。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

この先8年間続く返済に大きな不安を抱えています

現在残っている借金の総額はまだ約200万円程度で、この先8年程度の返済が続くことになります。返済に必要な毎月の26000円は当面の間無くなると言うことはありません。可能であれば一括で返済することも考えましたが、今の所その余力も無いので毎月延滞しないように返済を行うことを心がけています。借金をしたことにより家庭には大きな負担となりましたが、それにより借金をすることの重要性を身を持って感じることが出来ました。いかに借金の返済が厳しいものであるかも分かりましたし収入に見合った借り入れをしないと重大なトラブルになることも分かりました。今の所順調に返済を行なえていますがこれから先どうなるかは不透明なのでその点に関しては不安を抱えています。もし返済できなくなった場合のことを考えるとやはり家族のことも有るのでそうならない努力を怠らないように心掛けています。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き