悪循環をどこで断ち切れるのか

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

総額100万

知名度がある金融会社三社の他、クレジットカードのキャッシュを利用しています。そのほとんどを利用額のぎりぎりまで使い、返済しつつまた借り入れるの繰り返しです。気づけば減るどころか長い目で見れば増えているのが現状です。
無利子という点では、友人から借りているお金もあります。いつ返してくれてもいいと言ってくれていることに甘えている部分があり、正直胸が痛いという気持ちはあります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

親との確執

根っこにあるのは親との関係性です。
大学生当時、親から言われたのは、「大学生は全部自分でお金を工面して頑張るものだ」であり、家から通うならば家賃の他に食費や光熱費といった生活費を入れることが条件に課されました。学費はバイトだけではどうにもならず、奨学金の利用の他にクレジットカードを可能な限りに作り、また、金融会社を数社利用しました。
大学を卒業後は、奨学金の返済のほかに、月々の細々とした支払いにより工面できるお金にすぐ限界を感じました。年金、保険料、区民税が負担となり、借金をしないと払えないこともしばしば。その環境は負のスパイラルとなり長く続くことになります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

苦しいながらも普通の生活に見せる努力

借金を抱えていると言っても、普段の生活にそれらを感じさせることはないようにしています。ただの見栄でもありますが、見るからに借金に喘いだ姿は自らをさらに気持ち的に追い込んでしまう気がするからです。日々の生活で極端な節約を強いることはしません。最低限の返済をしながらもごく普通の水準暮らしをしています。その結果、払いきれずにまた借り

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

負のスパイラルからの脱却へ

学生時代から社会人へと、皮肉にも順調に借金を増やしていきました。社会人になったとはいえ、個人事業主との仕事をしているために収入は未だ安定せず、毎月のやりくりには頭を悩ませることも多いです。ただ、気持ちだけでもポジティブに、借金をしているという気分を和らげるために生活水準を落とすことはしていません。借金の状況こそ総額100万近くの金額に変わりはなくとも、心境は重くふさぎ込んでいるということは決してありません。負け犬の遠吠えにも取られるでしょうが、借金など気にしないくらいの気持ちを持つようにしています。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

現在進行形でゆっくり債務整理

収入は安定していないこともありますが、一定の額の収入はあるためにうまいこと返済に多く充てることができる月もあります。寸志などが入れば、返済だけで済み、追加の借り入れをすることもなくなります。ここ半年においては借り入れをする頻度は減ってきているといえ、ゆっくりながらも返済をしているといえます。
今後の方針としても、最低限の返済をしながら無理なく生活をしていくというものに変わりはありません。生活水準を下げるのは苦しいですし、かといってそのせいで借り入れをしなければならなくなる状況も苦し

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き