レイクからの長期間にわたる借入と返済

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

当時の借り入れ状況

借金があった当時、消費者金融のレイクから借入れを行っていました。当初の金額は限度額だった10万円でしたが、半年ほど経過した後で限度額引き上げが可能になったので、結果的に30万円まで借入れを行いました。
2013年の4月に契約を行い、その後すぐに限度額の10万円まで借入れを行いましたが、年内に限度額引き上げ後の30万円まで借入れを行い、翌年から新たな借入れをせずに毎月返済を行っていきました。レイクでは毎月の最低限の返済額が1万円程度でしたが、出来るだけ早く返済しようと毎月3万円の返済を行いました。光熱費の支払いなどうっかりすると忘れがちになってしまう性格ですが、消費者金融の借金の場合には緊張感や義務感で毎月滞りなく返済が出来たので、完済まで滞納やうっかりも無く終えることが出来ました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金の原因や環境

レイクを利用する当時、引越しや就職など様々なターニングポイントでしたが、同時に仕事でも使用するパソコンが壊れたり、友人の結婚式があったりと出費が山のように押し寄せていました。わずかな貯金も尽きかけ、どうしようかと考えていたのですが、どれも妥協出来ない出費だったので一時的にと思い消費者金融の利用を決意しました。
これまで消費者金融どころかクレジットカードすら持った事が無かったので不安はありましたが、親や友人から借りることは出来ないので、金利や返済期日など考慮すべきデメリットはあっても、気遣い無く利用出来る消費者金融を選びました。
契約当時は障害者福祉施設の職員として勤務していましたが、年収は300万円程度でした。一人暮らしだったので契約書類なども全て自分の手元に届けて貰うことが出来ましたが、後ろめたさや恥ずかしさから家族や友人には借金のことは内緒にしていました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金後の生活の変化

これまでは家賃や光熱費などが毎月の義務的な支払いでしたが、さらに借金の返済という毎月の支払いが増えたので、返済日を忘れないように携帯や手帳にメモするように心がけていました。また放置しておくと金利がもったいないので、これまで貯金に回していたお金も全て返済に使用していました。
そのため働いても貯金は全く増えないので、借金の総額は減っていっても安心感はありませんでした。強迫観念的にとにかく早く返そうと、何か欲しいものがあってもとりあえず返済を優先し、お金があった時には返済日に限らずコンビニなどで不定期にも返済していました。
節約はあまり意識したことが無かったのですが、借金の金利を放置しておくことがもったいないと常に感じていたので、無駄遣いや浪費が減ったというのも借金後の生活の変化として大きなものでした。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

現在の借金状況・心境

毎月の最低返済額は1万円程度でしたが、とにかく早く返そうと最低3万円は返そうと決めて実行しました。またボーナス月や生活費が余った月など余裕があった場合にはその都度返済に回していたので、予定よりも早く完済することが出来ました。
借金がある生活は常に金利が勿体無いという意識が抜けませんでしたが、最近では返済に回していた金額を貯金に回すことが出来るので、働けば働くだけお金がプラスになるという実感を持てるようになりました。返済をしていた時は働いても働いても過去のマイナスを帳消しにするというモチベーションしかありませんでしたが、将来の不安の解消のため貯金にお金を回せるというのは、精神衛生上も良い生活になったと思います。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き