貧乏で借金のある生活が辛い。そんな生活の脱却法を解説

2017.12.27 更新

借金をしていて、生活が苦しい…

借金は一人で悩まないでください。今お金がなくても相談できる場所はたくさんあります。この記事では、借金がどうしても返せないときの対処法についてご紹介します。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

貧乏で借金が辛い…節約術を伝授します

家計が厳しい。家庭でできる有効な節約術とは

貧乏な状況で借金を抱えているということは、生活費が足りなくて借金をしているということです。また、収入が少ないケースも多いです。この場合に節約をするには、まずはどうしてお金がないのかを理解することが大切です。そこで、まずは家計収支表を作成して、自分達の家計がどうなっているのかをチェックしましょう。

世帯全体の家計収支を1ヶ月ごとにまとめてみます。このとき、自分一人の収入と支出ではなく、家計全体の収支を基準にして記載しましょう。

すると、月々どのくらい収入があって、どのようなことにどれだけ支出しているのかがわかります。ここで、削れる支出を削っていくと、有効に節約ができます。そもそも収入が多いのに無駄な支出があるために貧乏になっているなら、なるべく不要な支出を削るとそれだけで大きく節約することができます。収入がないために小さく生活しても貧乏になってしまっている場合でも、今以上に削れる部分があることが多いです。

たとえば、無駄な生命保険をやめてみたり、形態電話の契約を工夫してみたり外食を減らしたりするだけでも1ヶ月で数千円~数万円の節約につながることがあります。

借金の返済が厳しく滞納。借金を解決する方法とは

借金癖の方は注目!借金癖を治す有効な方法とは

借金癖がついている場合には、なかなかそれを完全になくすのは難しいです。

手段として有効なのは「債務整理」です。

債務整理をすると、本人が借金の責任をとることになりますし、本人はブラックリスト状態になるので、それ以上借入ができなくなります。
すると、本人が債務整理後に浪費やギャンブルをしようとしてもお金がないのでできない状況になります。また、ギャンブル依存などになっている場合には、カウンセリングなどを受けて精神治療をすることも1つの対処方法となります。

【債務整理】厳しい借金の返済を解決する手続きがあります

自動車ローンや住宅ローン、消費者金融などの借金がある場合、解決するためには債務整理をする方法がおすすめです。債務整理とは、借金を整理するための法的な手続きのことです。債務整理には、任意整理と特定調停、個人再生と自己破産の4種類があり、それぞれ特徴があります。

そこで、債務者の状況に応じて適切な債務整理手続きを利用すると、たいていの借金問題を解決することができます。

たとえば、任意整理を利用すると債権者との合意後の将来利息の支払いをカットして、借金返済総額を減らしてもらうことができます。

個人再生をすると、借金返済額を元本ごと大きく減らしてもらうことができますし、住宅ローンがあっても住宅を守ることができます。

自己破産をすると、借金を完全に0にしてもらうことができます。このように、債務整理をしたい場合には、弁護士に相談して依頼すると良いので、借金問題に苦しんでいる場合には、一度債務整理に強い弁護士に相談してみると良いでしょう。

債務整理とは?メリットデメリットを解説

ここでは、主に3つの債務整理手続きについて解説します。

借金を解決できる債務整理のメリットとデメリットとは

任意整理とは、債権者と直接交渉をして借金の返済額と返済方法を決め直す手続きのことです。

任意整理をすると、債権者との合意後の将来利息をカット出来ますし、借金の返済期間を延ばすことによって、月々の返済額を減らすことができます。また、利息制限法を超過する利率での取引があった場合には、借金を元本ごと大きく減額してもらうこともできますし、場合によっては0になることもあります。

ただし、任意整理の場合、利息制限法を超過する利率での取引がない限り元本の減額が難しいことや、交渉に応じない債権者がいる場合に解決できないなどのデメリットがあります。

個人再生とは、裁判所に申立をして借金返済額を大きく減額してもらう手続きのことです。

個人再生のメリットは、借金返済額を元本ごと大きく減額してもらえることです。借金額が1500万円までの場合、最大5分の1まで借金が減額されます。また、住宅ローン特則を利用する事によって、住宅ローンがあっても家を守りながら借金だけを減額してもらうことができます。ただし、個人再生では、厳格な収入要件が必要なので、安定した一定以上の収入がないと利用できないというデメリットがあります。

自己破産とは、裁判所に申立をして、借金返済額を完全に0にしてもらう手続きのことです。

自己破産をすると、どれだけ多額の借金があっても一切の支払いが不要になるので、非常にメリットが大きいです。収入要件もなく、無収入でも利用できます。ただし、自己破産をすると、一定以上の財産は一切失われることとなります。さらに、弁護士や司法書士、警備員や生命保険外交員などの一定の職業については制限を受けます。また、浪費やギャンブルが原因の借金があると、免責不許可事由に該当して免責(借金が0になること)が受けられなくなるおそれもあります。

借金はひとりで抱え込まず相談することで楽になります

借金返済による精神的苦痛は行政や弁護士へ相談して解決しましょう

貧乏で借金返済が苦しい場合には、一人で悩んでいても解決できないので誰かに相談することが必要です。

この場合に相談機関として利用できるのは、行政や弁護士です。たとえば、市町村役場では定期的に弁護士による相談を実施しているので利用してみると良いでしょう。貧乏で収入が無い場合には、法テラスを利用すると無料で弁護士相談を受けられます。さらに、各都道府県の弁護士会でも借金問題の法律相談を無料で実施していますし、個別の弁護士事務所でも、債務整理の無料相談に応じているところがあります。そこで、貧乏で借金がかさんでいる場合には、早めにこれらの相談機関を利用して相談をすることをおすすめします。

督促がストップ!弁護士へ債務整理の依頼をした場合の最大のメリット

弁護士に債務整理の手続を依頼すると、債権者からの督促が止まるという大きなメリットがあります。

借金問題に苦しんでいる場合、返済を滞納して債権者から督促が来て困っていることも多いですが、この場合、弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士が債権者に対して受任通知を送った段階ですぐに督促が止まるので、精神的に大変楽になります。

関連記事

2社から借金をしている場合のデメリット~多重債務の危険性~

目次2社以上借金をすることにデメリットはないのか【多重債務の危険性】2社以上から借金をしている場合2社以上借りるのはデメリ…

借金癖のある人の特徴~高金利で借り続けていませんか~

目次どのようなきっかけ・原因で借金癖がついてしまうのか借金を繰り返してしまうのはキャッシングサービスの手軽さにも原因が…

借金の支払いが苦しいので楽になりたい!一本化すると楽になるって…

目次借金を一本化するおまとめローン、実際にはどんな制度?そのメリットは?借金を一本化できるおまとめローンは実は高金利!…

病気や怪我で借金が返せない!債務整理で解決できるかも!

目次急病で働けず借金が返済できない場合にも支払い義務はあるの?どうしても返済不能でも滞納すれば借金を一括請求される返済…

借金払えないとどうなる?|100万円以上の借金を返す方法

目次借金払えないとどうなる?滞納が続くと借金が増える仕組みとは「借金払えない…」これからどうなってしまうの?遅延損害金や…