【家賃・借金】支払いが間に合わない場合の有効な言い訳と対処とは

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

借金返済が間に合わない!そんな時使える言い訳とは

消費者金融やクレジットカードなどの借金がある場合、多重債務状態になってしまって返済を滞納してしまうケースが多いです。返済を滞納すると、当然債権者からしつこく督促が来ます。まずは電話がかかってきて、放置していると郵便による督促状が届くようにもなります。このように借金返済を滞納する場合、どのような言い訳ができるのかと考える方がいます。滞納に対する言い訳を考える場合には、滞納後よりも滞納前の対処が重要です。いったん滞納をしてしまうと、相手からも信用がなくなりますし、債権管理係などに担当が変わってしまったりするので交渉が難しくなります。

そこで、借金返済が苦しくなったら、まずは滞納前に担当部署に連絡をして、返済が遅れそうである旨を伝えましょう。そうすると、どうして返済ができないのかとか、返済は可能なのかなどを聞かれます。そこで、返済ができなくなった事情を簡単に説明して(給料が少なかったとか、急な出費があったなど)、支払いの意思はあることを伝えます。そして、具体的にいつまでに支払いができるのかも伝えましょう。多くのケースでは、30日くらいまでは返済を待ってくれることが多いです。ただ、ここで「返済ができない」ということになると、話し合いは難しくなるので注意しましょう。

いつまでに返済ができるのかが決まったら、返済方法を聞きます。自動引き落としになるのか、指定された振込先に入金することになるのかなどを聞き取って、言われた通りに対処しましょう。ただ、どうしても返済が難しく、事前にいつ支払えるのかなどが言えない場合には、とりあえず支払いができなさそうなことを伝えて支払い意思があることを伝え、具体的な支払い方法については後日連絡をするなどの対処をするしかないでしょう。

これに対して事前に連絡をせず、いったん借金の滞納をしてしまった場合には、相手の対応も厳しくなりがちです。借金を滞納した場合には、債権者から電話やハガキなどで督促が来ますが、これに対して連絡をしたら、支払をしてほしいことといつまでに支払いができるのかを聞かれます。このときに、病気や怪我での入院や失業などの特殊で同情できるような事情がある場合には、そのような説明をすると聞いてくれることがあります。ただ、どのような事情があっても返済しなければならないことに変わりはないので、言い訳をしても解決はできません。この場合にも、いつまでにいくら返済できるのかをきちんと説明して、返済方法を決めてそのとおりに返済をする必要があります。そうでないと、基本的に督促は止まらないと考えましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

家賃の支払いができず滞納を続けるとどうなってしまうのか

借金の滞納をするとどうなるのかについて、順を追ってご説明します。

<電話や郵便による督促>

借金返済を滞納すると、まずは債権者から電話がかかってきます。電話は、滞納後比較的すぐかかってくることが多く、滞納後2~3日や1週間以内にかかってくるのが普通です。電話に出ないで放置していると、今度は債権者から郵便による督促状が届きます。このとき、ハガキを利用する業者もいれば封書を利用する業者もいます。表面からはサラ金の名称がわからないようにしている業者もいれば、そうでない業者もいます。ハガキや郵便には、お支払いのお願いなどと書かれていて、借金の滞納額や滞納期間、遅延損害金の金額などが書かれています。そして、連絡先の電話番号などが記載されていて、そこに連絡をするように、などと書かれていることも多いです。郵便による督促が行われる時期も比較的早く、滞納後1週間もすれば届き始めることもあります。郵便による督促は、何度か繰り返されることも多いです。

<内容証明郵便による督促>

このような郵便による督促も無視していると、今度は内容証明郵便による督促状が送られてきます。内容証明郵便による督促状が送られてくるのは、借金の滞納後だいたい2ヶ月~3ヶ月後くらいです。

ここには、借金残金の一括請求と遅延損害金の合算の支払い請求が書かれていることが普通です。借金返済を滞納すると、その滞納額が返済額の2ヶ月分などを超過した場合、借金の分割払いが認められなくなって、一括払いが必要になってしまいます。このことを「期限の利益喪失」と言います。そこで、返済を滞納し始めてから2ヶ月程度が経過すると、そのときの借金残金の一括請求が行われてしまうのです。また、借金返済を滞納すると、滞納金額に対して遅延損害金が加算されます。遅延損害金とは、借金返済を滞納した場合に債権者に支払うべき損害賠償金です。遅延損害金の計算は、利息と同様年率で日割り計算をします。ただ、通常の利息よりも高利率になるので、遅延期間が長引けば長引くほど大きく遅延損害金が加算されてしまいます。内容証明郵便で借金の一括請求が行われる場合には、ある程度借金滞納期間がありますし、滞納額全体に対して遅延損害金が加算されるので、かなりの金額が加算されていることも多いです。そして、「~までに支払をしないと、民事訴訟などをします」などと記載されていることも多いです。

<民事訴訟(裁判)を起こされる>

このような内容証明郵便による督促状も無視していると、今度は本当に裁判をされてしまいます。裁判を起こされるタイミングはケースによってさまざまであり、内容証明郵便の到着後比較的すぐであることもありますし、さらに数ヶ月後であることもあります。中には借金を滞納して数年が経過したあと、時効完成直前にいきなり裁判をされるケースなどもあります。

この場合の裁判は「貸金返還請求事件」です。裁判を起こされると、裁判所から口頭弁論期日呼出状という書類が届き、答弁書の提出も催告されます。答弁書を提出してもしなくても借金を滞納している限りは返済の必要があるので、和解しない限りは滞納額の支払い命令の判決が出てしまいます。このときには、滞納額に応じた遅延損害金と訴訟費用(印紙代)についても支払い命令が出てしまいます。判決が出ても支払いができないのが普通ですが、支払をしないで放置していると、債権者から財産の差押をされてしまいます。

<財産の差押(強制執行)>

判決が出ても支払をしないで放置していると、強制執行(差し押さえ)をされてしまいます。このとき差押の対象になるのは、債務者名義の預貯金や生命保険、不動産や投資信託、売掛金や給料などのあらゆる財産です。これらの差押が起こるようになると、債務者としては日々の生活にも困ってしまうので、そのような事になる前に対処しておくことが必要です。借金を滞納し始めた場合には、このように問題が大きくなる前に債務整理などによって解決しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

家賃の滞納は放置せずに大家と話し合うことが大切です

支払いを滞納する債務としては、借金以外にも家賃があります。家賃を滞納すると、どのように対処すると良いのでしょうか?家賃を長期にわたって滞納すると、賃貸借契約を解除されて家を追い出されてしまうことになるので、大変な問題となります。

家賃を滞納した場合、大家と話し合う必要があります。賃貸借契約では、大家との人間関係がとても重要になるので、滞納したときに放置してはいけません。話のわかる大家の場合には、言い訳次第で長期間家賃を待ってもらうことも可能です。

家賃の支払いが出来ない場合には、まずは支払いができないことを真摯に謝罪した上で、どうして支払いができないのか、同情できるような事情をきちんと説明することが必要です。約束通りの支払いができないのですから、謝罪の意思を示すことは当然必要です。ここできちんと誠意を見せることにより、印象も良くなって話し合いがしやすくなります。また、家賃を支払えない理由については、納得してもらえるような事情をきちんと説明する必要があります。たとえば、若い人の場合などには収入が少なくて支払いができないけれども、親に頼むなどして必ず払うと言えばわかってもらえることがあります。家族や自分が病気にかかったため支出が増えたり働けなくなったりして支払いができなかった場合には、状況が改善したら必ず支払うことを約束したら許してもらえることがあります。子どもがいる場合などには、子どもにお金がかかってしまったことや、家を追い出されたら子どもと共に路頭に迷ってしまうことなども説明しても良いでしょう。高齢者で年金が少なくて支払いを滞納してしまったようなケースでも、年金だけでは生活にいっぱいいっぱいであることを説明して、それでも何とか工面して必ず支払いをすると言えば、少し待ってもらえることがあります。

このように、家賃の滞納をする場合には、借金滞納する場合よりも大家ときちんと話し合いをすることで問題が解決しやすいです。ただし、人間関係がいったんこじれると借金の場合よりも解決が困難になることが多いので、真摯に対応することが何より重要です。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

滞納を続けて言い訳できない状況になる前に弁護士に相談しよう

家賃の滞納を続けていると、大家もいよいよ待っていられなくなります。賃貸借契約の場合には、滞納期間が長くなると、賃貸借契約を解除されて家を追い出されてしまいます。

<電話や郵便で督促が来る>

家賃を滞納しても、いきなりは追い出すことができないので、まずは家賃の督促をされることが多いです。滞納後1ヶ月、2ヶ月したら、「支払いがないけれどもどうなっているのか?」という問い合わせの電話がかかってきたり郵便が届いたりするでしょう。これに対応して待ってもらえることになれば良いですが、話し合いが難しい場合などには、半年くらい経った頃に内容証明郵便で滞納家賃の請求書が送られてきます。

<内容証明郵便による通知書が来る>

滞納後半年以上が経過すると大家から内容証明郵便による通知書が送られてくるが多いですが、そのとき、滞納家賃全額の支払いと、相当期間内に支払をしないと賃貸借契約を解除すると記載されていることが普通です。そして、実際に支払をしないでいると、賃貸借契約は解除されてしまいます。賃貸借契約が解除されたら、家に住んでいる権利がなくなるので、相手から建物を明け渡すことと、滞納家賃の支払い及び、解除後の賃料相当損害金の支払いを求める通知書が送られてきます。

この明け渡し請求にも対応しないでいると、今度は裁判所で建物明渡等請求訴訟を起こされてしまいます。

<建物明け渡し等請求訴訟を起こされる>

大家から建物明け渡し等請求訴訟を起こされた場合、裁判では、和解ができればその内容で解決できますが、和解ができなければ判決が下されます。このとき、特に合理的な理由もなく賃料不払いの期間が半年以上の長期に及んでいる場合、建物明け渡し命令と滞納家賃、賃料相当損害金の支払命令が出てしまいます。判決に従わないでいると、強制執行をされて家から追い出されてしまいますし、滞納家賃や賃料相当損害金については、財産を差し押さえられて強制執行をされてしまいます。

このように、家賃を滞納し続けると、家を追い出される上に高額な支払いも必要になるので、そのようなことのないよう、早めに対処する必要があります。家賃も債務整理の対象になるので、困ったときには弁護士に相談に行くと良いでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き