車の購入資金で400万円の借金

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

400万円の重いローン

新車購入のために¥4,000,000-のローンを組みました。
これは、担当営業マンさんとの熾烈な凌ぎ合いに勝った大きな買い物です。
今まで生きてきた中でもかなりの大博打な買い物になりましたが、結果私は勝ったのです。
その一部始終を皆さまにお伝えします。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

ローン返済か新車購入か

たまたま訪れたディーラーでローンのシミュレーションをしてみたところ、なんと現在の返済額と同等で新車購入が出来ると分かりました。
私はその場で契約書を作ろうと担当営業マンさんに持ち掛けるとものすごい驚き様。
それもそのはず、私がその時に乗っていた車はまだ1年目の新車だったのです。
まだ買い換えるには早いのではないかと担当営業マンさんは引きとめようとしましたが、そもそも私はこの車を買うこと前提にその時乗っていた車を購入していたのです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

忘れていたボーナス払い

今までのローンはボーナス払いなし。しかし今回のローンはボーナス払いが¥250,000-がのしかかるものでした。
確かに¥250,000-は小さな額ではありません。
通常支払いが¥36,000-ある上にのしかかるため、ボーナス払い時には¥286,000-が支払額となるのです。
しかし、ボーナス払いは年1回です。
月に¥20,000-程の小遣いを貯めることができれば払えない額ではありません。
総ての計算を頭で終わらせた状態でお話を進めていたのですが、この¥36,000-がのしかかることをこの時は忘れていたのです。
通常¥36,000-とボーナス払い¥250,000-での頭だったのです。
大誤算です。
しかし、契約してしまったものは仕方ないですし、今更ローン組み直しなんて出来ません。
ここは気合を入れて稼ぐしかないでしょうと自分に鞭を入れて前向きに考えることにしました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

それでも嬉しい新車

前回の車も新車購入でしたが、その時に悩んだのがハイブリッドカーの出る時期と車種でした。
担当営業マンの方は購入した車よりもワンランク上のワンボックスカーをオススメしてきましたが、ここはグッとこらえてランクを落としたもので様子を見ることにしました。
結果は大的中。ワンランク上の車はハイブリッドカーを輩出してきました。
私はこの時を1年間待ってきました。
同車種でのハイブリッドカー輩出であれば据え置こう。
ワンランク上でのハイブリッドカー輩出であれば多少の増額であっても乗り換えよう。
その気持ちでその1年間本気で我慢をしていました。
その間にディーラーへは何度も足を運び、ワンランク上の試乗車に乗ってはその性能をまざまざと感じていました。
そして、その担当営業マンさんはそのワンランク上のガソリン車を私がランク下を購入したすぐ後に買ってしまったのです。
しかし、このたった1年でハイブリッドカーの輩出をされてしまい、結果その担当営業マンさんは買い物に、メーカーの策略にまんまと敗北を期してしまったのです。
そして私は、このハイブリッドカーを購入することで担当営業マンさんの営業努力とメーカーの策略に勝ったのです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

トータル¥5,000,000-のローン

前車種の支払いは1年分しか済んでいないため、当然のことながら支払い残高は大きなものが残っていました。
しかし、私は経験上車は乗り換えるものと割り切っているため当初から売り離す頭でいます。
そのため、購入する時は必ずフルローンの8年で組むので、1年の支払いで約¥400,000-の支払いしかすることはありません。
しかし、この低い返済額には訳があります。
それは、手放す時期が早いのであれば下取り買い取り額は断然高くなるということです。
下取り車は、無事故車であっても新車価格から50%程は値落ちしてしまうのが当たり前なのですが、買い取り額はおよそ25%程度の値落ちで済むのです。
業者によっては15%程度の値落ちに収めてくれるところもあります。
そこをうまく使うことで、新車購入額を抑えることができるのです。
前車種の新車購入額が¥3,400,000-程でした。
単純計算で年利3.2%の車は返済額を引くと¥3,100,000-程になります。
買い取り額はこの時¥2,100,000-が付き、私はトータル¥5,000,000-のローンを組むことになりました。
しかし、このローンは決して負けのローンではありません。
前向きに見た結果の勝ちのローンなのです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き