父の借金の返済のためにアコムから借り入れ

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

カードローンと言えば響きは良いが

借金という言葉にあまり良い印象をいだかない人は多いのではないでしょうか。
私もその1人。自分の昔の借金経験から未だに良い印象を抱くことが出来ません。
当時アコムという消費者金融会社で50万円の消費者金融系カードローンを行い、
毎月3万円ずつ返済をしておりました。

便利に買い物等に使うためにというならば、明るい印象も抱くのでしょうが、
私の場合は、父がもともと抱えていた借金の返済原資。借金返済の為の借金でした。
家庭もあった私からすれば、毎月3万円とという返済額は決して楽な金額では
ありませんでした。

何とか滞納してしまうと言うことはなく、毎月返済は出来ておりましたが、
しばらく返済して、また借入枠が復活すると再度借り入れるという、
終わりの来ない流れに嫌気がさしてしまっておりました。
ましてや父の借金が原因。腹立ちを覚えながら返しては借り、返しては借り、
そんな生活を送っておりました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

安月給に新婚家庭、小さな子供と父の借金

当時の給与額は今よりも全然少なく、年収にして350万円くらい。
そんな状況で結婚して新婚だし、子供も生まれてました。
そもそも私の父が作り出した状況だったので、自宅でも余計に肩身の狭い思いを
していかなければなりませんでした。

父が作った借金の返済が滞りだし、父ではこれ以上借金を出来ないから
「助けてくれ」と懇願されました。そこで父の借金をまとめて、
一本化して返済負担を減らすという計画で何とかこの難局を乗り切ろうと計画を
しておりましたが、残念ながらその願いは叶いませんでした。

消費者金融会社の審査結果は融資不可能という結論となってしまい、
結局は、私名義で消費者金融系のカードを作りました。家内はあからさまな反対は
しませんでしたが、はやり元気はありませんし、悲しい顔をしておりましたし、
当時家内に目を合わせることができませんでした。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金を抱えていると明るい雰囲気こそ負担

当然子供はまだそんな事がわかる歳ではありませんでしたので
無邪気に毎日すくすくと育っておりました。しかし、当時その子供の無邪気さこそが
私を余計に苦しめる事となってしまいました。普通は、子供を見て癒やされるのでしょうが、
私も家内もカードローンを抱えているという暗い感情に支配されておりましたので、
子供の明るさ故に、その暗さが際立ってしまって苦しいため息が漏れてきてしまうのです。

また家に電話がかかってきたら滞納をしているわけでもないのに、父の借金の相手からと思って
ドキッとしたり、アコムさんからの電話かと思って暗い気持ちになってしまったり、
何か悪い事でもしているかのような、何とも言えない感情が家の中で渦巻いておりました。
そしてテレビでお金にまつわる話題などを取り上げている番組などは一切見ないようになりました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

終わりの見えない恐怖感

毎日の生活が漠然とした不安に包まれてしまう借金。
住宅ローンとは全く違う印象を持ってしまうカードローン。
本来は賢く使って便利なツールのはずが、内容によっては自分自身の抱く印象が
これだけ違ってきてしまうものなのだと痛感しております。

今までは普通に出来てきたちょっとした贅沢もしなくなりますし、
段々と返済を行って、残高が減っていくことに心が軽くなる思いをしていたと思ったら、
再度借入を行わなければならなくなり、ガックリと方を落としてまた振り出しかと
悲しくなってしまい、「いつになったらこんな生活から抜け出せるんだろう」という
想いから、生活全般に渡って暗い時期を過ごしていたのだと思います。

一番記憶に刻まれているのが、借入に行ったときの店員さんの対応。
もうそれはそれは明るいんです。気さくに話しかけてくれるのです。
そんな明るさや気さくさが、私にとっては地獄でした。
情けなさに涙が出そうに何度もなりました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

苦しくなっても楽をしない事

今、返済を終えてみてつくづくと思うのは、
お金で困る人は、お金で助かるということは無いなということ。
多重債務を抱えてしまったり、なかなか返済の終わらない長旅の様な状況の人は
どうしても資金が必要になったら、またお金を借りると言うことを行ってしまいます。

お金が無いならば無いなりの生活環境を作り出さなければ、破滅へ向かって
一歩一歩確実に進んで行ってしまいます。どうしても借りてしまった事は仕方ありません。
その変わり借りたら返す。返し続ける。再度借入は行わない。
借金の苦しみを借金で乗り越えることはしないようにすることが大切だと思います。

結局、自分という人間の人格。
甘い考えて捨て、腹をくくって、しっかりと返済していく。
働いて、お金を返してという当たり前の生活ができない限り、借金地獄から
抜け出せることが無いのだという事を身を持って体験させていただきました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き