ギャンブル依存者が借金をしてしまう原因と解決方法

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

ギャンブル依存者が借金を繰り返し滞納してしまう原因

ギャンブル依存者が借金を膨らませてしまう流れ

ギャンブルというのは簡単に勝つことができないので、賭け事と呼ばれているのですが、大勝ちした時や大逆転したときの記憶だけが強く残ってしまいます。しかし、冷静な判断をすると大勝ちや逆転勝ちのよりも負けた回数のほうがはるかに多いということがわかります。しかしギャンブル依存症になると冷静な判断ができなくなり、生活費もパチンコやスロットにつぎ込んでしまいます。

生活費をパチンコやスロットにつぎ込むようになると、生活費のためにキャッシングや消費者金融からの借り入れをするようになります。それでもギャンブルはやめられないため、生活費に加えてギャンブルに使うお金も借り入れに依存するようになり借金が膨らんでいきます。

限度額を超えてからはどうするのか

カードローンやカードキャッシングなどには利用枠があり、直接の融資にも限度があります。特に現在では貸金業法の改正によって貸付は年収の1/3までに制限されています。以前のように無制限に借り入れすることはできないのです。借り入れの限度に達してしまうと、ショッピング枠を現金化したり、闇金に手を出したりと取り返しがつかない道に踏み入ることになります。

ショッピング枠の現金化は利用しても違法ではありませんが、カード会員規約違反になるので、クレジットカードを強制解約されることになります。その場合一括請求されるのでますます返済不能となります。闇金は法律を無視する違法業者です。法律の規制などに関係なく債務者を恫喝したり、勤務先を訪問したりといった違法行為も平気です。闇金を利用することだけは避けましょう。

闇金に手を出さないとしても借入枠が一杯になってしまうと、返済してから空いた利用枠しか借り入れができなくなります。返済のための借り入れしかできなくなり、これを繰り返していると返済に必ず行き詰まり、延滞することになります。

ギャンブル依存の人が借金をしてしまう性格的傾向

ギャンブル依存症で借金を重ねてしまう人たちに共通しているのは、目の前のことにしか頭が回らなくなるという点です。かならず勝つという根拠のない考えにとらわれて、冷静な判断力が欠如してしまうのです。ギャンブル依存症は以前男性に多かったのですが、最近では主婦といった女性にも増えています。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

ギャンブル依存と借金癖を治す方法

h4>ギャンブル依存を治すには2つのアプローチが必要

カジノといったギャンブル場はもともと富裕層の遊び場です。一攫千金を求めるような場所ではありません。しかし日本のパチンコ店はもともと子供の遊び道具だったパチンコから始まっているので、庶民の遊び場からスタートしています。

そのため気軽に誰でも遊べるのでギャンブルという意識はあまりありません。それに反してパチンコ店は客を集めるためにギャンブル性の高い機種を導入したので依存症になる人が増加しました。依存症になったときに発生するのは、やめたくても自分の意志ではやめられないという精神的なコントロールと、ギャンブルを続けるための資金調達という問題です。

ギャンブル依存を治す方法

依存症は一種の病気なのでこの問題を解決するには、まず医師に相談することが必要です。最近では依存症治療専門の病院もありますが、一般病院でも心療内科で治療ができます。

ギャンブルでできた借金を解決する方法

依存症は病院で治療してもらうことである程度解決できますが、それまでに背負った借金の問題は自分で解決するしかありません。生活が困窮するほど借金がかさんでしまった場合は、そのまま放置しているとますます苦しくなってしまいます。借金解決を目指すのであれば、依存症と同様にやはり専門家に相談するのが一番です。

まずは借金の整理から始めるのがベスト

依存症は治療の専門家である医師に任せることができるので、借金の問題は法律の専門家である弁護士に任せるのがベストです。任意整理という解決手段では債権者からの督促もなくなり、家族に迷惑をかける事なく弁護士の力を借りて解決することができます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

ギャンブル依存と借金を解決するベストな方法

債務整理をすれば借金をこれ以上隠す必要もなくなる。

債務整理にはいろいろな方法があります。任意整理や裁判所で調停を行って和解する方法、最悪の場合でも自己破産によって解決することができます。どの場合では共通したメリットがいくつかありますが、その一つに手続きが開始されると債権者は督促行為ができなくなるという点です。調停の場合は直接話し合うので当然ですが、任意整理や自己破産の場合は弁護士に依頼することになります。

弁護士依頼をするとすべての交渉は弁護士を通さないとできなくなります。債権者が債務者に対して直接交渉することが禁じられているのです。そのため督促電話はもちろん督促状の送付、単なる連絡の電話すらできなくなります。こうして督促行為がストップすることは自分だけではなく家族にも良い影響を与えます。

支払いを延滞し続けたままでは督促電話や自宅訪問を受けることになります。その時に怯えたり動揺したりというのは自分よりもむしろ家族であることが多いのです。債務者であるあなたはある程度覚悟があり、予想も付きますが、家族には予期しない出来事になります。

債務整理をすることで、むしろ家族には隠す必要もなくなり、解決に向かって進展していると伝えることができます。督促もなくなることで電話や訪問に怯えることもなくなります。

【任意整理】長期間返済していた場合には過払い金が戻ってくることも

債務整理の手段の中で最もおすすめの方法は任意整理です。任意整理は弁護士に依頼して債権者と交渉してもらい、返済額を縮小したり長期で分割返済したりといったことを行います。自分の返済可能な支払い方法を交渉できるので、メリットが大きい方法です。もちろん任意整理が開始されれば債権者は債務者に対しては直接交渉ができなくなります。つまりあらゆる督促行為がストップするというメリットがあります。

債権者の数がいくら多くてもすべて弁護士が交渉してくれるので、自分で複数の債権者と交渉する必要がありません。また長期間借り入れしている場合にはお金が戻ってくることもあります。過去に年20%を超える借り入れをしていた場合、返済が完了していても10年以内であれば過払い金を請求することができます。

返済が完了していなくても過払い分が相殺されるので債務金額が縮小します。また、弁護士の交渉によって過払い金がなくても債務金額全体を減額することも可能です。更に交渉では遅延損害金の免除や将来利息のカットなども可能で、依頼人が支払い可能な範囲に債務総額が調整できます。

一括請求されている場合も3年~5年、場合によってはそれ以上の長期支払いも交渉可能なので確実に支払うことができるようになります。

任意整理ならギャンブルが原因の借金も整理できる

任意整理の対象となるのは、金銭の借り入れだけではなくカードショッピングによる買い物の返済金も含まれます。貸金業者だけでなくクレジットカードで作った借金すべてが対象となります。もちろん住宅ローンやオートローンといった銀行からの借り入れも対象となりますが、オートローンや住宅ローンはすでに長期の支払いをしているので、遅延していなければそのまま継続したほうが良いでしょう。

貸金業者からの借り入れは資金使途に関係なく任意整理の対象になります。お借りたお金の使いみちが生活資金でもギャンブル資金でも関係なく対象となるので心配する必要はありません。

返済が延滞しているのであれば先延ばしにせず、まずは弁護士に相談してみましょう。解決への一歩を踏み出さないと、いつまでたっても解決せずストレスを抱え込もことになります。砂金では弁護士事務所も無料相談を頻繁に行っています。まずは無料相談をきっかけにして一歩踏み出しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き