過払い金回収ってどんな流れで行われるの?

2018.10.24 更新

「過払い金を請求したいけど、どんな流れですればいいの?」

過払い金の請求はテレビCMなどでよく知られていますが具体的にはどのような手順や期間を要するのでしょうか。
このページでは、過払い金の流れ(手順)や、方法についてご説明します。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

過払い金を回収する方法と知っておきたい事

過払い金回収の前に知っておきたいこと

テレビなどで、法律事務所に相談すれば、過払い金の返還請求ができるという話を聞きますが、どのような手順に基づいて手続きを進めれば良いかということを、全く知らない人が多いのではないでしょうか。

法的手続きについて無知な状態だと、過払い金の返還請求をせずに終わってしまうという人もいます。
そのようなことにならないようにするためには、必要最低限の法律の知識を学ぶべきです。

今回は、過払い金返還請求について、具体的に解説していきたいと思います。
過払い金を請求するためには、自分が利用していた金融機関の貸し付け金利が違法となるのかどうか調査しなければいけません

例えば、某金融機関で30%の貸し付けが行われていたとします。これは、利息制限法で定められた利息を超える金利ですので、違法金利に該当します。

このような上限金利を超える状態で返済を続けていた場合は、払いすぎた利息を取り戻すことができるということです。そのため、過払い金を請求するためには、利息制限法を超える貸し付けが行われていたという事実が必ず必要なのです。

過払い金請求の具体的な方法

過払い金の返還請求ですが、大きく分けて2つの方法があります。それは、任意によって解決する方法と、訴訟によって解決する方法です。

具体的な両者の違いは、裁判を視野に入れるのかどうかということです。
そのようなことを言われても、初めて過払い金請求をするのであれば、どちらを選ぶことが基本的なことか分からないと思います。法律の世界では、過払い金請求に関しては、任意で済ませることが一般的でした。

しかし、様々な法律事務所が任意に関する仕事の受注を大量にするあまり、手続きが遅くなってきているのです。以前は、任意交渉でも手続き自体も早く、迅速に解決することができていました。

しかし時代は変わり、任意交渉に関する手続きが遅くなっているため、訴訟による裁判交渉も視野に入れる必要が出てきているのです。
訴訟による裁判交渉は、手続きが長期化する傾向にありましたが、現在は、手続きが比較的早く済むようになっています。

この点に関しては、あなたの依頼する法律事務所などに相談しながら決定すると、良い選択ができるのではないかと思います。
過払い金を回収したいのであれば、過払い金請求を得意とする専門家に依頼する必要があります。

もし法律事務所に依頼するのであれば、経験や実績について直接聞いてみましょう。その際、「○○件の実績があり、問題解決ができています。」と明確に答えられるような専門家であれば、依頼して間違いないのではないでしょうか。

過払い金はだれに相談すればいい?

自分だけで過払い金請求の判断がつかない時は

もし、過払い金請求ができる可能性があると感じているのであれば、上記で説明したような専門家を探す必要があります。しかし、専門家を探すと言われても、どのように探したら良いか分からないと思います。

このような借金問題に関して相談する場合は、法律事務所や法務事務所と呼ばれるところがありますので、そこに相談することが一般的です。

過払い金交渉にはどのくらいかかる?

過払い請求に関しては、どのような金融機関でも交渉が長引く可能性が高いです。大体ですが、6ヶ月から8ヶ月以上かかると考えてください。

法律事務所で、過払い金請求を依頼する場合、2つの方法のどちらかで行うのか決定しなければいけません。この2つとは、任意交渉と訴訟での交渉です。どちらにしても、過払い金請求に関しては長期化することを、覚えておきましょう。

過払い金の無料相談は多くの弁護士・司法書士事務所で実施されている

過払い金請求に関して、法律事務所で相談する場合は、無料で相談することができます。インターネットでも調べれば、相談までは無料だというところがたくさん出てくるでしょう。
この無料相談に関しては、あなたの疑問点など、調べても分からないことがあるのであれば、色々質問してみると良いでしょう。

そして、あなたの相談にのってくれた弁護士や司法書士が良い人なのであれば、仕事を依頼することもできます。その場合は、有料での依頼となりますので、お互いが納得いくかたちで、契約していただけたらと思います。

過払い金回収のための借金の引き直し方法

過払い金を含めた借金の計算は意外と複雑

過払い金請求をするためには、数字の計算が必要となります。金融関係にお勤めの方であれば、過払い金請求の計算ぐらい簡単であると考える人もいるでしょう。

。しかし、金融に関する知識が全くなく、初めてこの言葉を聞いたという人は、インターネットなどで、計算方法を見たとしても、どのように計算すれば良いか具体的にイメージできないという人もいるでしょう。
その場合は、法律事務所に相談して、担当の専門家に過払い金の計算をしてもらいましょう。

そもそもですが、専門家に仕事を依頼すれば、複雑な手続きや計算などは、担当者がすべて行ってくれますので、あなたは言われた通りに動くだけです。そのため、自分で計算する必要はありません。

回収のために必要なもの

弁護士や司法書士などの専門家に仕事を依頼するためには、明細以外にも様々な書類を集める必要があります。しかし、そのような明細が手元にないということもあります。その場合は、依頼する弁護士や司法書士に明細などの書類がないという事実を伝えましょう。

必要な書類に関しては、あなたの契約していた金融機関に連絡するなど、情報を集める方法がありますので、弁護士や司法書士の指示に従うことが大切です。

過払い金を回収するのに裁判は必要ない

裁判所への出廷は必要ない

過払い金請求をすれば、必ず裁判所に出廷しなければいけないと考えている人もいるでしょう。
人によっては、時間がないので出廷できないと感じている人もいるかもしれません。過払い金請求の場合、必ず出廷というのは必要ありませんので安心してください。
裁判所に出廷することで、どのような流れで過払い金請求が行われるのかということを目の前で見ることができます。

具体的に流れを知っておくということは、自分にとって良い経験となるでしょう。しかし、このような裁判に出席するためには、時間が奪われてしまいますので、大きなデメリットとなります。

基本的に、裁判所に出廷する場合は、訴訟を行う場合です。訴訟をするためには、裁判に必要な書類を作成していかなければいけません。
作成後、裁判所に出廷します。必要な期間として、6ヶ月から8ヶ月以上かかると考えておくと良いでしょう。

過払い金回収の費用とその流れ

過払い金回収の流れ

今回は、任意交渉を行う場合の過払い金請求の流れについて記載しておきます。しかし、分かりやすいように、初心者に向けて説明しますので、実際には様々な過程があることを、承知しておいてください。

法律事務所の仕事の依頼の受任

利息制限法による引き直し計算

賃金業者へ過払い金の返還請求を行う
(過払い金返還請求書の発送)

賃金業者と返還の交渉

合意書作成後、返還

上記の流れを読めば、どのように返還されるのか、イメージしやすいでしょう。最後に合意書を作成して返還要求をするのですが、実際に返還してもらうまで、監視を行っていきます。

過払い金を回収したときの費用

弁護士に仕事を依頼する場合、着手金と解決報酬金と週払い金報酬と呼ばれるものを支払います。着手金は、業者1件につき2万円~3万円支払います。解決報酬金も同様に賃金業者1件につき2万円~3万円となります。週払い金報酬とは、返還された金額から支払う手数料のことで、和解で20%、訴訟で25%ぐらいでしょう。

司法書士の場合は、着手金と解決報酬、そのほかを含めて5万円以内までと決められています。

過払い金が返ってくるまでの期間と返ってくる金額

過払い金を回収するためには、上記でも説明した通り、6ヶ月から8ヶ月以上かかる傾向があります。この期間については、短縮することができませんので、必ず必要な期間と覚えておきましょう。
過払い金請求とは、払いすぎてしまって金利の分しか、戻ってくることはありません。人によっては、依頼法律事務所先を変更することで、回収金額が変わると考える人もいるでしょう。そんなことは全くありませんので、誠実な弁護士や司法書士に相談し依頼しましょう。

過払金の回収に必要な書類と必要な時期

過払い金の回収に必要な書類

過払い金請求をするためには、下記に記載するものを準備する必要があります。

  • 取引明細書
  • 今までの全取引の契約書
  • 振込明細書
  • クレジットカード
  • その他、契約内容が確認出来る書類等

書類はいつ必要?

過払い金請求をするのであれば、上記で説明した書類などが必要です。少しでも早い段階で、書類を集められた方が有利ですので、準備できるものは自分で準備しておきましょう。
そうすれば、法律事務所の専門家に、すぐに書類を渡すことができます。

過払金請求と和解

過払い金回収なのに和解?

例えば、10万円の返還請求があるとして、金融機関としては、あまり払いたいと思いません。そのため、和解交渉をすることで、5万円の支払いで済まないかと交渉してきます。5万円で決定すれば、減額に関する和解交渉が成立したことになります。

つまり、和解交渉とは、減額交渉だということです。和解交渉をするためには、弁護士・司法書士費用が必要です。必要な書類に関しては担当者が作成しますので、専門家を雇うためのお金が必要なのです。和解交渉をする場合、訴訟をする場合と違って、訴訟費用を両者が負担することになる可能性があります。

そのためにも、訴訟費用を準備しておきましょう。

和解する目安の金額は?

この点に関しては、個人的な事情(仕事が休めない)によりますので、自分の判断で行っていただけたらと思います。

しかし、何かアドバイスをするのであれば、生活状況に合わせて選択すると良いでしょう。人によっては裁判にしない方が、平和に暮らせるという人もいます。無理に裁判をする必要はありませんので、話し合いで簡潔に済ませても良いでしょう。

実際に、和解交渉をするためには、金融業者と話し合いを行わなければいけません。この交渉は、約1ヶ月から3ヶ月かかると言われていますので、それなりの期間が必要だということを把握しておきましょう。

関連記事

過払い金は時効援用後は請求できない?期限延長で確実に回収する方法

目次過払い金が発生するのはどのような場合に発生するのか過払い金の時効はいつから計算が始まり、どの時点で成立するのか過払…

過払い金の計算方法を知りたい。無料計算チェッカーと過払い金発生…

目次おおまかな金額を計算できる過払い金診断チェッカーわからなければ弁護士や司法書士に依頼。用意すべきものは?過払い金と…

リボ払いの過払い金を請求できるのはキャッシング枠だけ。仕組みを…

目次リボ払いの仕組みと過払い金請求できるクレジットカードの借入れ条件大まかな発生可能性がわかる!過払い金チェッカーリボ…

クレジットカードも過払い金請求の対象になるのか?

目次ショッピングでのクレジットカード利用で過払い金は発生するのか?クレジットカードによるキャッシングでは過払い金が発生…

過払い金請求で信用情報が登録されてしまうのか

目次過払い金請求をするとブラックリストに登録されるの?過払い金請求で気をつけるべき要素とは?過払い金請求で信用情報がブ…