クレカの使い過ぎで借金地獄。解決方法はこちら

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

クレカの利用が原因で借金地獄に陥るワケ

クレジットカードのリボ払いの利用で借金地獄に陥るのはなぜか

クレジットカードを利用する場合キャッシングに関しては金利に注意して利用する人は多いですが、カードショッピングの手数料を気にかける人はあまり多くありません。貸金業法で上限金利が引き下げられてからキャッシング金利も標準で年18%に落ち着いています。カードショッピングの手数料に関しては割賦販売法によって規制されていますが、実は上限金利が定められていません。つまりキャッシング金利よりも高い設定でも構わないことになり、実際キャッシング金利よりも高いショッピング手数料のクレジットカードも存在します。
標準手数料率としては年15%ですが、それでもキャッシング金利年18%と比べてそれほど大きな差はなくなっています。これに気づかずにリボ払いを多用しているとキャッシングと同様に多重債務になる可能性が高くなります。
最近は1回払を利用してもリボ払いで請求されるサービスをどこのクレジットカード会社でも提供しています。ポイントが優遇されたり、年会費が無料になったりというメリットはありますが、最低支払金額で利用していると残高が減らずカード利用枠がすぐにいっぱいになってしまいます。これに対して返済金額を変更せず、さらに新たにクレジットカードを作ってしまうことで多数債務に陥るケースが多くなっています。

クレカのキャッシング利用で借金地獄に陥るのはなぜか

キャッシングは更に金利負担が大きいので、カードショッピングのリボ払いよりも残高の減りかたが遅くなります。またお金の借り入れはカードショッピングと違って商品が手元に残るわけではありません。カードショッピングは最悪の場合、すでに支払いが終わった購入商品を売却して返済に充当できる可能性があります。キャッシングにはそうした事ができません。その為返済に困るとほかから借りて支払いを続けるという自転車操業になってしまいます。
キャッシングが原因で多重債務なるケースが多いのは、使いみちの問題があります。生活資金やギャンブル依存症などでキャッシングを始めてしまうと、返済能力を超えた借り入れをしてしまって抜け出せなくなります。こうした使いみちは短期で少額利用というキャッシング借り入れの原則からは大きく外れた使い方になってしまいます。特に依存症が原因であれば医師に相談するといった自分では解決できない要素もあります。借金問題を一人で抱えてしまうといつまでも解決できない状態になりやすいのです。
また、リボ払いでキャッシングをした場合にこうした自転車操業に陥るケースがほとんどです。カードキャッシングを利用する場合は少額を短期で返済するというのが原則です。この基本を守らずにリボ払いを利用して最低支払金額で返済していると必ず行き詰まることになります。
リボ払いを最低支払金額で返済を続けていると、すぐに利用枠が一杯になってしまいます。そうすると他のカードを作ることになりますが、貸金業法で年収の1/3以上の借り入れができなくなっているのですぐに行き詰まってしまいます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金地獄に陥らないためにクレジットカードの返済を計画的に行うコツ

カードショッピングにしてもキャッシングにしてもクレジットカードを計画的に利用するためには返済方法をリボ払いに頼らないことが必要です。カードショッピングは手数料負担のない1回払をメインに利用して、高額商品を購入する場合はリボ払いではなく返済回数を指定する分割払いを利用しましょう。その返済が終わるまでは次の高額商品の購入は控えるといったことも必要です。どうしてもリボ払いを利用する場合はなるべく支払える範囲内で最大の返済金額に設定しましょう。さらにクレジットカードの枚数を増やすことで、カード利用枠を増やそうとせずに、なるべく一枚のクレジットカードを使い続けて増枠する方法を選びましょう。
キャッシングも同様に1回払が望ましいですがそれが無理な場合はリボ払いを利用しても都邑で一括する、一部でも元金を返済するといったことをしなければ金利負担が大きく返済に行き詰まる原因となります。
キャッシングもショッピングもクレジットカードの枚数が多くなる歩で返済が厳しくなります。リボ払いにしていたとしてもカードの枚数分返済金が増えていきます。その為ますますリボ払いから抜け出すことができなくなり、多重債務になってしまいます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

クレカによる借金地獄は任意整理で解決できる

クレカのリボやキャッシングの返済額は任意整理で減らせる

自分の支払い能力では返済できないほどクレジットカードの借金が大きくなると、支払いを延滞してしまいます。これをそのままにしてしまうと、最悪の場合は強制執行が行われて、給与の差し押さえといったこともあり得るのです。こうなると会社にもいられなくなり、生活の糧を失うことにもなります。また、督促電話や自宅訪問といったことがあると家族にも迷惑をかけてしまうことになります。
最悪の結果を防ぐためにはなるべく早く債務整理をすることを考えましょう。債務整理にはいくつか方法があります。法的手段としては自己破産・個人再生・特定調停がありそれぞれ次のような特徴があります。
1. 自己破産は債務が免除される代わりに資産のほとんどを処分して債権者に分配することになります。自己破産によるデメリットは実質的にクレジットやお金の借り入れが5年から10年はできなくなるだけで、資産を持たない人にはメリットが有る。
2. 個人再生は債務の1/5~1/10まで債務金が減額される可能性がありますが、返済能力が認められなければならず、厳しい条件がある。自己破産に比べると自宅などの資産を残せる可能性が高い。
3. 特定調停はお金の貸し借りに特定した調停のことで、裁判所内で当事者が話し合いをする法的な和解のこと。話し合った結果は調停調書となって法的な効力を持つが、債権者が多い場合には調整がうまくいかない可能性がある。
任意整理は法手続きが不要ですぐに解決に結びつくおすすめの方法です。任意整理には次のメリットがあります。
1. 弁護士に依頼して受任されるとそれ以降督促が行われない
2. 任意整理では弁護士が債権者と交渉するので債務金額の減額や将来利息のカットなど債務者に有利な交渉ができる
3. 債務金額が確定すると3年~5年、場合によってはそれ以上の長期での返済が可能
4. 法手続きは必要ないため成立するための条件はそれほど厳しくなく交渉次第となる
弁護士は受任通知書を債権者に送付してそれが届くと債権者は債務者に直接連絡を取ることができなくなります。すべての交渉は弁護士を通して行われることになるので、それ以降督促電話はもちろん連絡することもありません。こうした督促のストレスが無くなるのが最大のメリットです。
また、弁護士に依頼することで債務金額が減額され、自分で支払い可能な返済金額になるよう交渉してもらえます。すでに一括返済を迫られていたとしても、再度分割で支払うことができるのも大きなメリットです。

クレジットカードの完済が自力でできないときには弁護士事務所に相談を

任意整理は弁護士の他に司法書士にも依頼することができますが、司法書士が取扱できるのは総額140万円までの債務金額に限られます。これを超える場合は必ず弁護士への依頼が必要です。また法的な知識や経験、交渉力を考えると140万円以下でも弁護士に依頼するのがベストです。
しかし、弁護士に依頼するとなるとハードルが高いと感じる人も少なくないでしょう。最近では弁護士事務所でも無料相談を行っているので、以前ほど高い敷居ではありません。それよりも相談するのが遅れるほど、債権者の法手続きが進むことになり強制執行がいつ行われてもおかしくなくなります。そうなる前に早めに弁護士に相談しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き