借金癖は治せる?対処法を徹底解説

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

借金癖に陥る理由と対処法

ギャンブル依存症の治し方

ギャンブル依存症の方には財布を持たせないことが一番です。
普段の外出に困りますから、スマホに電子マネーを組み込ませてコンビニでお昼ごはんなどを買うようにするといいです。
こうすることでギャンブルをしたくても掛け金を支払うことができません。
クレジットカードがなければキャッシングもできません。
自分の手元に現金を一切置かないようにすることが大切です。
このような状況に自分を追い込むことで、今までの生活がいかに非常識であったかわかるでしょう。

買い物依存症の治し方

買い物依存症の方は、買い物をしなければいいのですが、これは周囲の協力が必要です。

外出の際には家族などが必ず付き添うようにし、ショッピングセンターや百貨店に近寄らせないようにするのです。

もちろん財布を持たせず、スマホに組み込んだ電子マネーか、コンビニで利用できるプリペイドカードを持たせるのです。

仕事などで毎日外出する人であれば、仕事帰りは家族の人が会社近くまで迎えに行くなどのサポートも必要でしょう。

クレジットカードでの借金癖の治し方

クレジットカードは非常に便利な支払手段ですが、頼りすぎると一種の中毒症状になります。

こうなってしまうと買い物依存症も併発するので、クレジットカードをすべて解約することが一番です。

アメリカではこのような人の集まりがあり、入会時に自分が持っているクレジットカードにすべて鋏を入れて使用できないようにする「儀式」があります。

自分でも同じことをするのです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金癖がこのまま続くと…?

借金をすることが癖になった人は、自分のお金と借金をしたお金の区別がついていません。

給料でもらったお金もキャッシングしたお金も同じなので、わからないことはありませんが、借りたお金は返済しなければいけません。

しかし、このような人の多くはお金の管理がルーズなので、消費者金融でカードローンの契約をしても、すぐに限度額を使い尽くしてしまいます。

消費者金融の約定返済額は最低額が千円単位と低いことがメリットだと言われていますが、残額が大きくなると約定返済額が大きくなり、自分の給料だけでは足らなくなります。

そして、次の消費者金融へ申込をすることになりますが、金融機関はどこでも多重債務者を嫌がりますから、借り換えという目的でない限り、大手消費者金融も銀行も相手にしてくれません。

結果として、使い勝手に難がある中堅規模の消費者金融に頼ることになりますが、そこの限度額も時間の問題で使い尽くします。

ご存知の通り、消費者金融には年収の3分の1以上借りることができない総量規制という融資制限があります。

何軒もの消費者金融で借り続けることはできません。

総量規制がないからと銀行系カードローンを利用しようとしても、ほとんどの銀行系カードローンは信販会社や消費者金融が審査をしているため、信用情報機関のデータから多重債務者だと一発でバレてしまい審査には通りません。

生活費のほとんどを借金返済に充てることとなり、追加で借りることができないこともあり、生活苦にあえぐ毎日が待っています。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

こころと借金との関係

収入の多い人の方が借金癖がつきやすい?

借金が癖になる人の多くは、収入が少ない人が多いと思われがちですが、現実は逆です。

収入が少ない人は将来に不安を持っていることから貯蓄に励むことが多く、借金をしていません。

収入が少ないから借りることができないという事情もあります。

これに対し、収入が多い人は「借りることができる」ため、お金の管理がルーズな人は借金が癖になります。

下手に借りることができてしまうため、気が大きくなってしまうためですが、収入が多いと多少借りても返済できるという慢心も生じてしまいます。

いずれにせよ、お金にルーズな人は借金が癖になりやすいわけです。

このような生活を変えるためには、自分でお金の管理をする習慣をつける必要があります。

一番の方法は家計簿を付けることです。

精神修行をしても、このような癖は治るものではなく、お金の管理ができるような習慣がつかない限り何をしても借金が癖になる性格は治りません。

家計簿を付けるようになると、今までいかに自分が浪費をしていたかわかるようになります。

必要のない支出があまりにたくさんあることに気が付くと、その支出をやめようとするようになります。

また、毎月の借金返済がいかに多額化を目の当たりにするでしょう。

こうして、借金をしなくても自分の収入だけで生活ができるようになり、結果として借金をすること自体なくなります。

借金癖は精神科のカウンセリングで治せるのか

借金癖は精神科では治せません。
精神科のドクターとはいえ、性格まで治すことはできないためです。
精神科のドクターは気分の起伏が激しい躁鬱の人に対し、精神安定剤などの投与で調整することはできますが、借金癖に対する投与薬はありません。
よく、借金が多くなりノイローゼになった人が精神科のドクターに通っている例があります。
しかし、この場合でも気分をハイにする薬を投与するだけですし、心療療法のようなセラピーと呼ばれる治療法も一時しのぎに過ぎません。
債務が多すぎるのであれば、頼るべきは精神科のドクターではなく、債務整理を専門にしている弁護士なのです。
このように借金癖などを精神科のドクターに依頼しても根本的な治癒ができないわけです。では、どうすればいいのでしょうか。
自分で治すしかないのです。
とはいえ、そのようなことは難しいでしょう。
最近は禁酒や禁煙を目指す人が自主的なグループを作って克服する自助グループが増えています。
借金についても同様の自助グループが存在します。
同じ悩みを持つ人が弁護士などの法律的な専門家のアドバイスを得ながら借金依存症から脱出していくのです。
気の長い話ですが、借金癖から脱出する一番効率的な方法です。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金を出来なくしてしまうという荒療治

債務整理をして金融機関からお金を借りられなくする、という荒療治

借金癖のある人に対し、どのような対策ができるかはいろいろな方法があるでしょう。
しかし、どんなことをしても治らないなら、ちょっと荒療治も必要かもしれません。
意識的にする荒療治ではなく、結果的にそうなってしまう類の荒療治ですが債務整理という方法があります。
債務整理は自分が行動を起こすのではないかと思われがちですが、借金が多くなり支払ができなくなる事態に追い込まれると文字通り自分でそうせざるを得ないのです。
債務整理をすると、それがどのような形であれ信用情報機関に登録されます。
任意整理であれば、契約変更ということになりますし、自己破産などの法的整理であれば完全な事故情報です。
このような情報が登録されると、金融機関から相手にされなくなります。
特に自己破産などの法的整理は官報にも載り、永久に公開され続けることになります。
自分の人生で最大の汚点となるでしょう。
借金の額が少なくて元本程度なら返済できるのであれば、任意整理という方法が使えます。
弁護士さんなどが信販会社や消費者金融などの金融機関と交渉をして利息支払を棚上げし、返済期間を短縮しようとするものです。
どちらにせよ、信用情報機関に登録されれば5年間は情報が消えないため、新たな借入はできなくなります。
ひとつの荒療治と言えるでしょう。

借金できなくすることは有効

借金ができなくなると、借金癖が治る可能性は高いです。

借金をしたくてもできないのですから当然のことでしょう。

債務整理をした人は、このような形で半強制的に借金を禁止されますから、自分の給料などのような収入の範囲内で生活をするしかなくなります。

一般的にブラックリストと呼ばれる状態ですが、この状態になると5年間は金融機関から借り入れができなくなるだけではなく、クレジットカードを作ることもできなくなります。

コンビニなどの支払で不便なことはありますが、クレジットカードの代わりにデビットカードを利用すればクレジットカードのような支払いができるため、日常生活では支障がありません。

デビットカードは預金から即座に引き落しされる形式なので、預金残高がないと支払ができなくなります。

使いすぎて給料日前に苦しい目に合うことを何度か繰り返すと、身に染みて給料の花以内で生活することの大切さを知ることになります。

5年間のブラックリストを過ぎると、借金をしようとも思わなくなるでしょう。

現金決済の生活に慣れていますし、生活もスリムになっているため借金をする必要がなくなっているのです。

債務整理を行うなら、弁護牛に相談しましょう

このように借金癖がある人は最終的に債務整理をしないと治りません。
しかし、債務整理は自分だけできるものではありません。
最近特定調停という債務整理の方法が話題になっており、手続が簡単なので弁護士などに依頼しなくて済むと評判が高いです。
しかし、債務整理は自己破産などのような法的整理でない限り、相手との交渉が必要です。
特定調停では裁判所が選定した調停委員が仲介しますが、必ずしも自分に有利な調停になるとは限りません。
交渉は相手があるわけですから、金融機関側が強硬な態度に出たら対処はできないのです。
これに対し、債務整理を得意とする弁護士に依頼すると、結果は異なります。
弁護士に依頼すると、特に債務額が大きくて元本も支払えないような状態でない限り、任意整理という方法による債務整理がされます。
この際債務整理の方法は、元本は確実に返済する代わりに、利息を免除してもらうというものです。
金融機関側も元本が回収できれば、自己破産などで切り捨てられるよりマシだという判断が働き、交渉に応じることが多いです。
特定調停の調停委員は必ずしも法曹資格者とは限らず、特定調停事態に強制力がないため金融機関側も応じる義務はな

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き