借金癖と借金問題を弁護士の力を借りて克服する方法

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

借金癖のある身近な人を救う方法は弁護士に相談すること

自分の親族の方に借金が止まらない人がいると、他人事ではなく不安になります。
特にそれが自分の家族、中でも子供などの場合は将来を案じることにもなるでしょう。
そんな際に、この借金癖を治すいい方法はないものかと探したくなるものですが、お医者さんで治るようなものではありません。
もともと借金癖は生活環境に依存するものであり、収入に比べてあまりにも派手な生活に慣れていると借金をしなければ暮らしていけないことから、このような症状が発生するのです。
言い方を変えれば、生活を改めることでこのような借金癖を完治することが可能です。
ただ、借金癖とはいえ、無尽蔵に借金ができる者ではありません。
基本的に金融機関は収入がなければお金を貸しません。銀行が専業主婦に貸すという例外はありますが、それは旦那さんの収入があるから貸しているのです。
そのため、収入以上の生活を続けていくことはできず、そのうち借金ができなって借金癖は自然と治癒します。
しかし、このような事態になるときは金融機関への返済ができない時であり、返済できない借金の処理方法は債務整理以外にありません。
債務整理は、弁護士さんなどに依頼して消費者金融などの支払を現実的な金額にする手続です。
金額が少なければ負担の少ない任意整理という方法で債務整理をすることができます。
しかし、金額が多すぎて支払ができなければ、自己破産などのように借入金額の全額をカットするような債務整理が必要になります。
借金癖がある家族の方がいらっしゃる場合、まず現在の借金がどの程度あるかを把握する必要があります。
その金額によってどのような手段を取るべきかを考えるのです。
例えば、債務整理をするまでなく、借金癖を止めれば返済を継続できるなら、クレジットカードや消費者金融のローンカードをいったん取りあげて返済だけに集中させることができます。
もちろん借金癖がある人なので、出勤の際などに誰かが同行したり、休日の際にも一人にさせなかったりするようなケアは欠かせません。
また、借金が多めで、しかも借入件数が多ければおまとめローンの選択肢の一つです。
借金癖が収まったら、再度普通の生活をすることを前提にすると、債務整理をすることでブラックリスト入りし、金融機関の利用が制限される事態は避けたいものです。
とはいえ、借金癖の程度がひどかったり、借金自体の残高が多かったりすれば、もっとドラスティックな手段が必要になります。
つまり、債務整理が必要になります。
債務整理は、借金をゼロにするという効果もありますが、同時に借金ができなくなるという効果もあります。
通常はブラックリストに載り、借金などができなくなるデメリットを嫌って、債務整理は避けたいと思う人が多いのですが、借金癖がひどい人はむしろこのデメリットがメリットになるのです。
身近に借金癖がある人がいたら、その借金の額や借金癖の程度によって取るべき手段を考えることが大切です。
一番理想的なことは、借金癖がある人に「借金は長く続けることができない」という事に気が付いてもらう事です。
しかし、それができなければ周囲のサポートが必要です。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金癖を直してもすでにある借金がなくなるわけではない

では、借金癖を実際に直す方法はあるのでしょうか。
さきほど説明した通り、周囲のサポートは欠かせないのでしょうが、最終的には自分の行動が間違っていたと気が付いてもらわないと完治しません。
借金癖は、買い物依存症などと同時に発生することが多く、この症状は気分が異常に乗っている際に気が大きくなって起こります。
そのため、精神科のドクターに相談すると、気分を沈める薬を処方してくれることがあります。
しかし、薬の多用は副作用が心配ですし、精神的にウツの状態で固定されると大変です。
とはいえ、気分が乗っている際に借金癖が起きているなら精神科のドクターに相談することも一つの方法かもしれません。
軽い躁状態になっている可能性があります。
とはいえ、常時借金癖がある人は精神科のドクターでは治せません。
借金癖をターゲットにした精神薬などないのです。
この場合、借金癖というより「借金依存症」といったほうが正しいでしょう。
効果があるのは、カウンセリングや自助グループへの参加です。
クレジットカードでの買い物が多くなり、自己破産寸前に陥った人のグループでは、「入会」の際にクレジットカードをすべてハサミで切り落とす「儀式」をすることがあります。
クレジットカードなどを使えなくすることで、借金をしようとしても二度とできないように自分を追いこむのです。
このようなグループで借金癖をなくすことができる場合も少なくありません。
同じような境遇で周囲の人に迷惑をかけていることがわかっていても、借金癖を止められない悩みをグループ内で話すことで、自分の心の中が整理されるのです。
借金癖は一つのストレスであることも少なくありません。
仕事が忙しくなり、残業手当が多くなると収入が多くなり、使えるお金が多くなります。
今まで買えなかったものも買えるし、できなかったこともできるようになります。
それはそれでいいことですが、次第にエスカレートして収入以上にお金を使うことを覚えてしまいます。
このような人は、収入が多くなったため借金をしても返済はすぐにできると変に安心してしまい、結局借金癖が治らないのです。
このような場合、クレジットカードをデビットカードに変えるだけで完治することが少なからずあります。
収入以上の生活ができなくなるためです。
しかし、これらの方法で借金癖が治っても、今までの借金が消滅することはありません。
その返済をどのようなにするかを同時に考えなければいけないのです。
収入の多寡にかかわらず、自分の生活費を節約して今までの借金を偏差する資金を作ることが必要になります。
しかし、借金癖の程度がひどかった場合、要返済額が収入をはるかに超えて返済不能になっていることもあります。
この場合、やみくもに返済を頑張ることは現実的ではありません。
債務整理を得意とする弁護士さんに依頼をして、債務整理を行い人生の再出発をすることがベストの手段です。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金癖は弁護士に相談することで根本から解決できる!

債務整理を弁護士さんに依頼するとはいえ、弁護士さんに依頼することは面倒ではないかと躊躇する人も少なくないでしょう。
しかし、債務整理を得意としている弁護士さんは、相手のことをよく知っています。
相談料は通常1時間5千円程度取るのですが、債務整理の場合は無料です。
支払うことができる相手かどうかは弁護士さんの方がよく知っています。
また、債務整理を開始した際の着手料も取りません。
理由は同じです。支払える相手ではないことがわかっているのです。
では、弁護士さんはどのようにして報酬をもらっているのでしょうか。
弁護士さんが債務整理を開始すると、消費者金融などの金融機関は取り立てを停止します。
また、債務者である弁護士への依頼者も債務の弁済を止めなければいけません。
つまり、毎月のように金融機関に支払っていた返済がストップしてキャッシュが浮くのです。
その浮いたキャッシュを弁護士さんの報酬として支払えばいいのです。
もちろん、それだけですべて終わるとは限りません。
しかし、債務整理をすると毎月の支払額は確実に下がります。
無理のない返済額に落ち着きますから、分割払いも可能になります。
さきほど説明した債務整理開始直後にある程度支払をしているため、分轄支払額自体も少額になっています。
弁護士報酬の支払については心配いらないと言っていいのではないでしょうか。
しかし、それでも今までの借金癖を弁護士さんに非難されるのではないかと恐れる人もいるようです。
そのような心配をすることがいることは当然でしょう。
でも、債務整理を専門に手掛けている弁護士さんにそのような人はいません。
債務整理を相談する人の中に、借金癖のある人は結構多いのです。
借金癖は。先ほど説明した通り、周囲のケアや自助グループなどに参加することで自分自身により治すことがベストの手段です。
借金の額がさほど多くなければ、その方法が一番でしょう。
しかし、自分だけではどうしようもなかったり、借金癖を治そうと思ったときに既に借入残高が非常に多かったりする場合は、早く債務整理をしないと自分の傷口がドンドンと大きくなります。
仕事をしている人であれば、下手をすると消費者金融などから給与の差押をされる可能性があります。
給与の差押をされると、自分の信用は地に落ちます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き