多重債務の一本化は吉と出るか凶と出るか?

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

多重債務の一本化は本当にメリットがあるのか?

最近よく聞く「借金の一本化」って何?

借金の一本化とは、多重債務に陥っている人の借入金を一つの金融機関に集めることです。
一時的に借入額が倍増しますが、一本化した金融機関から、他の金融機関に送金をすることで完済させますから借入額は元に戻ります。
消費者金融のように年収による融資制限があると難しいのですが、銀行は一本化が前提であれば応じてくれることが多いです。
消費者金融でも、借金の一本化を目的としたローンを提供しています。
これは、一本化を目的とすることを条件にして、年収による融資制限の例外規定として認められているローンです。
ただし、カードローン形式ではなく追加借入ができないタイプのローンなので、利用の前には注意が必要です。
借金の一本化をするためには、それに対応したローンを探すことが大切です。
銀行に大手と述べましたが、全ての銀行で取り扱っているわけではなく「おまとめローン」と呼ばれる借金の一本化を目的としたローンを取り扱っている金融機関を探す必要があります。
最近は借金の一本化に対するニーズが多くなったため、多くの金融機関で提供しています。
ネットで検索すれば、多くの金融機関を探すことかできるでしょう。

借金の一本化って、そんなにメリットがあるの?

借金の一本化をすることで、多くの場合は利率が下がります。
借入金利息は、元本が多いほど下がる傾向にあるため、一本化により利率が下がります。
利率が下がることで毎月の返済額も下がりますから、今まで複数の金融機関に対する返済に苦しんでいた人も返済がスムーズに進むようになるメリットがあります。
また、返済額には関係ありませんが、複数の金融機関に返済をしていると、実際の返済額より多額の返済をしているような錯覚に襲われます。
これによりノイローゼになる人も少なくありません。
精神科のドクターに通う人も少なくないようですが、治療手段は「おまとめローン」であることが多いです。
しかし、借金の一本化の最大のメリットは、完済に向けた意識付けができる点と言えるでしょう。
今まで複数の金融機関から借入をして、返済も複数あるため面倒ですし、将来こんなことがいつまで続くのだろうかと不安に思う事も多かったのではないでしょうか。
借金の一本化は、このような不安を解消するために一番有効な手段です。
そして、このような行動を起こそうとする意志は、多額にある借入金を減らし、完済させるという目的に自分を近づけることができるのです。

一本化の落とし穴には要注意

借金の一本化もメリットばかりではありません。
一本化のデメリットもあるのです。
一番の落とし穴は、必ずしも返済額が少なくならない点です。
言い方を変えれば、思ったほど金利が下がらないことも少なからずあるのです。
確かに先ほど述べた通り、借入額が増加すれば金利は下がります。
しかし、一本化を目的としたローンの利用者は「多重債務者」です。
金融機関としては一番警戒するタイプの人たちなのです。
当然、保証会社に保証を依頼するとしても、保証料が高くなります。
借入金額増加による金利低下と、保証料の増加で、結果として相殺されることもあります。
借金の一本化により毎月の返済額が少額になると期待していた人にとっては裏切られた思いになるかもしれません。
また、一本化のデメリットとして追加借入ができないケースがある点も挙げられます。
一本化を目的としたカードローンもありますが、審査面を考えれば消費者金融の「おまとめローン」の方が有利です。
複数ある借入先の一つに一本化目的で借入を申し込もうとするのであれば、返済遅延などを起こしていない限り、審査では間違いなく有利です。
しかし、追加借入ができなくなるので緊急時に借入ができなくなってしまうデメリットがあります。
今までお金に困ったらカードローンを利用していた人にとっては無視できない事態です。

一本化は成功するとは限らない。成功する人としない人の違いは?

一本化にはメリットもデメリットもあります。
しかし、一本化したにもかかわらず支払不能になってしまう人もいます。
このような人は、元々の債務総額が大きくて一本化しても返済できない状態にあった人です。
今までダッチロール状態で返済を何とかしていたとしても、ちょっとした資金不足や減給が命取りになります。
また、先ほど述べた通り、追加返済ができないタイプの一本化ローンを申し込んだ人も同様に返済不能になる可能性が高いです。
一本化を決断する前に、自分の収入と支出を見直して、貯金ができるほどのスリムな家計にすべきなのです。
借金の一本化は、返済がしやすくなるだけであり、金利の低下や返済額の減少をあまり期待してはいけません。
これにより借入元本が減るわけではありません。
「おまとめローン」を積極的に宣伝している金融機関であっても、借金の一本化をしようとする人を本心では警戒しているのです。
結果として借入額が思ったほど減らず、しかも使い勝手が悪くなるため、返済不能となり一本化に失敗するのです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

多重債務は一本化より債務整理の方が有利か?

債務整理って怖そうだけど、どんな手続ですか?

債務整理とは、さきほど説明した借金の一本化と異なり、既存の借入にかかる契約などを変更することで毎月の支払額を減額しようとすることです。
大別して、法律に基づいて行う債務整理である法的整理と、法律に基づかず話し合いで決着をつける任意整理の2種類があります。
法的整理の代表格として自己破産があります。
債務をすべて帳消しにして人生再出発をさせようとする債務整理の方法です。
また、住宅ローンと住宅を維持し、それ以外の借入金を一部カットする個人再生という債務整理の方法もあります。
いずれの方法も借入元本が減るというメリットがありますが、官報に載ったり、ブラックリストとして登録されたりするデメリットがあります。
これに対し、任意整理は元本を3年から5年で完済し、それを条件として利息の減免をするという和解に向けて交渉をする債務整理の方法です。
ブラックリストに載りますが、官報には載らないため債務者のダメージが少なくなります。
ただし、法的整理は裁判所に申請をする必要があり、任意整理は金融機関相手に交渉が必要です。
これらの手続を自分でするのは無理があり、債務整理を専門とする弁護士のサポートは必須です。

債務整理のメリットって何ですか?

先ほど説明した借金の一本化に比べれば、債務整理はブラックリストに載るというデメリットはあっても、現実的な返済スケジュールで確実に借金地獄から抜け出せるメリットがあります。
このように債務整理は借金の一本化より有利だと言えます。
ブラックリストに載るという点で債務整理を躊躇している人も多いのですが、多重債務に苦しみ返済をづけている現状では、どこからも追加借入はできはませんし、クレジットカードの新規発行も事実上無理でしょう。
それなら、5年間ブラックリストとして登録されても、その間に自分の借金をすべて整理して身軽になり、5年後に審査が甘いと言われるスーパーやガソリンスタンドのハウスカードに申込をして、じっくりと自分の信用を回復したほうが現実的でしょう。
借金の一本化で残った借金をすべて完済できればいいのですが、一本化を決断したものの完済する前にギブアップする人も少なくありません。
債務整理はスタートが早い方が、債務元本は少ないので、ダメージの少ない任意整理を適用できる可能性が高いです。
弁護士さんに依頼する以上報酬が必要ですが、法的整理の自己破産や個人再生に比べれば任意整理の報酬は非常に少額ですし、所要期間も短くなります。

いい事ばかりではない債務整理のデメリット

債務整理をすると、その方法に関わらずブラックリストとして登録されます。
5年間でこの登録は抹消されますが、金融機関から借入の契約が一切できないのは日常生活で不便といっていいでしょう。
先ほどブラックリスト解除後に信用を回復させる一例を述べましたが、結構リカバーには時間がかかります。
また、債務整理は弁護士さんに依頼することが前提です。
最初の相談料は無料にしてくれても、報酬まで無料にしてくれることはありません。
弁護士さんの報酬は債務整理開始とともに返済もストップするため、その間に浮いた返済資金で支払うことも可能ですが、負担があることは間違いありません。
また、債務整理をすると家族などが心配します。
ほとんどの方は家族などに内緒で債務整理を実行していますが、債務整理が完了するまでは内緒にし続ける努力が必要です。
今まで借金に苦しんでいたはずの人が、いきなり気軽な顔をし始めたら「何か悪いことをしたのではないか」と勘繰られます。
案外見過ごされがちなポイントですが、このようなことがないように隠すとしてもポーカーフェイスが必要です。
債務整理を開始する際は、これらのデメリットを知ったうえで決断することが大切だと言えます。

債務整理を有利に進める方法ってありますか?

債務整理で一番効果があると言われるのは自己破産です。
債務整理は基本的に素人が手を出すものではなく、専門家である債務整理を得意とする弁護士さんに依頼するのがベストです。
しかし、最近の裁判所はサービス精神が旺盛で、自己破産がしたいと窓口に来る人を親切に指導して申請書を作成させるのです。
もちろん裁判所の人は「申請書の書き方を手伝う」だけですから、有利不利の判断などしません。
官報に載ることで、ヤミ金などのダイレクトメールやセールスの訪問が相次ぐことなど裁判所の人も知らないかもしれません。
しかし、債務整理に詳しい弁護士さんはこのような実情を承知しています。
また、債務整理の相談があった際に、無条件で自己破産を勧めるようなことはなく、まず任意整理の検討をして、次に個人再生、最後に自己破産を検討するのです。
弁護士さんに債務整理の相談をすると、まず現在背負っている債務の全てを開示させられます。
相談の際には現在借入をしている金融機関の返済明細書や請求書を持って行く必要があります。
また、過払い金の請求ができる可能性があるため、過去に利用していた金融機関のカードなどを持って行くことも必要です。
しかし、これらの資料が揃えば債務整理を得意としている弁護士さんであれば、全て任せることができます。
仕事を持っている人などは大助かりでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き