借金返済だけの人生はもうたくさん。誰か助けて!!

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

毎月の支払額などが多くなって借金返済は次第に苦しくなります

借金の返済が苦しい理由は、様々な理由があります。
ここでは、借金の返済が苦しくなってしまう主な理由を4つ考えてみましょう。(1)どこにいくら借金があるのか把握していない借金が滞納される最大の理由は、「どこにいくら借金があるのかを把握しきれない」ということです。借金の返済が苦しくなると、「他の業者から借金をして、借金で借金を返済する」ということがよくあります。このような場合、借入先が複数の業者となってしまうため、どこに借金があるのか把握することができなくなり、うっかり滞納してしまいます。一度でも借金を滞納すると、遅延損害金が発生し、火だるま式に借金がふくらんでしまいます。どこにいくら借金があるのかをきちんと把握していないと、借金の返済がどんどん苦しくなってしまいます。(2)利息が高すぎる数年前まで、違法な金利で貸付を行う業者がたくさんありました。
あなたが返し続けている借金も、もしかしたら違法な金利かもしれません。法律に違反するほどの高い金利であれば、返済が滞るのは当然のことです。大手の銀行であれば、法律に従った利息を採用している可能性が高いですが、消費者金融やヤミ金であれば、違法な利息である可能性が高いでしょう。もし利息が高すぎると感じているのであれば、利息を確認してみましょう。
借り入れを行った際の契約書や規約を見れば、利息が記載されています。(3)遅延損害金が発生しているもし一度でも借金を滞納したことがあれば、遅延損害金が発生しています。
一般的に、遅延損害金は、利息よりも高く設定されています。つまり、遅延損害金が発生すると、今まで以上に借金がふくれあがるスピードが速くなります。一度でも返済が滞ったことがある方は、滞納状態が解消されているかどうか、返済状況を確認してみましょう。(4)返済額が高すぎる月々の返済額を高めに設定すると、返済期間が短くなるため、返済総額は少なくなります。
しかし、あまりに高い返済額を設定してしまうと、生活費が圧迫されてしまいます。生活費が圧迫された結果、別の業者から借金をしてしまうと、借金を借金で返すことになってしまい、悪循環に陥ってしまいます。月々の返済額を高めに設定することは、返済を早めるというメリットがありますが、生活費を圧迫するほどであれば、返済額を見直すことが必要です。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

毎月の借金返済額を増やすための一工夫(債務整理以外)

月々の返済が苦しい場合、どのように解決したらよいのでしょうか?もちろん、弁護士に依頼すれば法的に解決することはできますが、弁護士に相談する前に、まずはあなた自身で対策できる方法を考えてみましょう。(1)生活費を見直すまずは、あなたの月々の生活費にいくらかかっているか、具体的に把握しましょう。携帯電話の明細をチェックすると、使っていない音楽アプリやゲームアプリから課金されているかもしれません。このような不要な支出があれば、すぐに解約しましょう。(2)家賃を見直す賃貸マンションに住んでいる方は、あなたの収入に見合った家賃なのかどうか、今一度考えてみましょう。家賃の相場は、月々の手取りの4分の1におさまることが理想とされています。
都心部などの家賃の相場が高い地域の場合は、3分の1以内におさめることが理想です。もし、家賃が月収の4分の1以上かかっているのであれば、引っ越しをすることを考えましょう。
家賃が月々1万円安くなるだけでも、年間で12万円の節約になります。月々5千円安くなるだけでも、3年間で18万円もの節約になります。もちろん、引っ越し自体にもお金がかかりますので、引っ越しは慎重に決めなければいけません。
しかし、家賃は今後ずっと支払わなければいけないものなので、長期的に考えることが必要です。少しでも安い物件を見つけた場合は、具体的に引っ越しのシミュレーションをしてみましょう。引っ越し代はかかりますが、引っ越し代は1度しかかかりません。家賃はこれから毎月ずっと支払い続けなければいけませんので、引越し代を差し引いてもなお安くすむという場合は、引っ越しを真剣に考えてみましょう。(3)銀行口座をまとめるいくつかの銀行口座を持っている方は、使わない口座を解約して、一つの口座にまとめましょう。複数の銀行口座を持っていると、それだけで手数料がかかることがありますし、残高や引き落としを確認できないというリスクもあります。いくつかの銀行に口座があるという方は、まずは全ての通帳を確認して、1ヶ月以内に記帳していないものは、とりあえず記帳してみましょう。記帳したうえで、3ヶ月以上お金の動きが無い口座は、思い切って解約しましょう。(4)生命保険や学資保険の見直し生命保険や学資保険に加入している方は、契約内容を見直しましょう。
月々の支払額が高すぎるのであれば、プランを変更することを検討しましょう。生命保険や学資保険は、時期によって様々なキャンペーンを行っています。月々の支払い額を減らすことが、必ずマイナスになるとは限りません。もしかしたら、支払い続けるよりも解約した方が得になるかもしれません。何らかの保険に加入している方は、保険会社と相談して、支払いプランを定期的に見直しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借り換えやおまとめでどこまで苦しい返済を軽減できるのか?

いろんな業者から借金をしていると、返済日や返済額が分からなくなってしまい、うっかり滞納してしまうことがあります。このような事態に陥った場合に、いわゆる「おまとめローン」という借り換えの方法を使うと、事態は改善するのでしょうか?おまとめローンは便利な方法のようにきこえますが、実はおまとめローンには多くのデメリットがあります。(1)金利が高くなることがあるいくつかの借金をまとめてくれる代わりに、金利が高くなることがあります。金利が上がる場合は、返済総額が高くなるということです。「少し金利が上がるだけだから、大丈夫だろう」と安心していると、思わぬ落とし穴があります。
金利は月々課されるものなので、総額で考えると、大きな差となるのです。金利が1%上がるだけでも、返済に1年かかるのであれば、何十万円もの差が出てしまうかもしれません。おまとめローンに申し込む前に、「いくら金利が上がるのか」「あなたの場合は返済総額がいくら高くなるのか」など、きちんと計算しておきましょう。(2)返済が延びると利息が高くなるおまとめローンを使い、月々の返済額を今までよりも安く設定すると、そのぶん返済期間が長くなります。返済期間が長くなるということは、総額として支払う金額が高くなるということです。月々の返済額が低くなるのは、大きなメリットのように思えますが、それはあくまで目先の利益です。長い目で見ると、返済の総額は高くなりますので、注意しましょう。(3)保証人をとられて家族に迷惑がかかるかもしれないおまとめローンを申し込むときに、「保証人をつけてください」と言われることがあります。
業者の中には、「形だけの保証人でよいので」「ここに印鑑を押してもらうだけでよいので」などと、簡単なことのように説明することがあります。しかし、保証人というのは、「あなたが借金をした場合、その全責任を負う人」です。家族や親戚であれば、気軽に保証人を引き受けてくれませんが、その責任は重大です。もしあなたが一度でも滞納してしまうと、保証人は返済する責任を負います。形だけの保証人といっても、法律上は重い責任を負うことになります。家族を保証人にしてしまうと、家族に迷惑がかかるかもしれませんので、慎重に検討しましょう。(4)おまとめローン詐欺「おまとめローン」という名前が付いているものの中には、詐欺まがいの業者もあります。借金をまとめる代わりに、高い手付け金を必要としたり、法外な金利を請求する、というものです。あなたが利用しようとするおまとめローンは、本当に信頼できるものでしょうか?おまとめローンを申し込む前に、その業者が本当に信頼できる業者かどうか、詐欺の危険性がないかどうかについて、入念に調査しておきましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

苦しい返済は続きません。債務整理を検討してみましょう。

以上のとおり、おまとめローンには様々な落とし穴があります。おまとめローンはあくまで一時的な方法に過ぎません。借金の悩みを抜本的に解決するためには、債務整理をすることが一番です。

弁護士に債務整理を依頼すれば、法律通りの適正な返済額を計算してくれます。借金の残高を減るかもしれませんし、既に支払った借金を取り戻すことができるかもしれません。

弁護士と聞くと、敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、借金を放置する火だるま式にふくれあがるおそれがあります。借金のトラブルは、早期解決が重要です。借金でお悩みの方は、まずはお気軽に弁護士に相談してみましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き