借金地獄から抜け出したいけど、誰に相談すればいいんだろう

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

一度ハマった借金地獄からの脱出方法は?

借金で生活が苦しい場合、どこに相談したらいいのでしょうか?まずは、家族や友人に相談しましょう。あなた自身が返済できない場合でも、家族が立て替えてくれるかもしれません。ご家族やご友人が立て替えてくれるのであれば、業者のように高い利息を支払う必要がないので、返済が少しでも楽になります。もし家族や友人に相談できない場合は、専門家に相談しましょう。借金の問題を解決できる専門家は、弁護士です。弁護士に相談すれば、あなたの借金の状況を詳しく説明して、今後どのような手続きを進めるべきかどうか、アドバイスをしてもらうことができます。弁護士といっても、日本全国にはたくさん弁護士がいるので、どうやって見つければいいのか分からないかもしれません。法律事務所を選ぶ際には、以下の2点に注目してみましょう。1)借金の問題を扱っているか病院に外科や内科があるように、法律事務所にも専門分野があります。会社関係の問題しか扱わない事務所もあれば、刑事事件しか扱わない事務所もあります。法律事務所のホームページを見ると、取扱分野が表示されています。その中に「借金」「債務整理」などの記載があれば、個人の借金の問題を扱っています。法律事務所にホームページが無い場合は、電話をして尋ねてみましょう。通常は、いきなり弁護士に電話がつながることはなく、秘書や事務員さんが対応してくれます。2)無料相談を設けているか最近では、無料相談の制度を設けている法律事務所がたくさんあります。弁護士の相談料は、通常は30分5,000円かかります。
借金の相談には1時間ほどかかりますので、相談料は約1万円かかります。無料相談を利用すれば、1万円の相談料を節約できます。無料相談の場合は、「1時間までは無料」というように、時間制限を設けていることが一般的です。借金の相談は、通常は1時間程度で終わりますので、1時間の無料相談であれば、お金がかかることはありません。「30分までは無料」とされている場合は、注意が必要です。おそらく30分以内に相談を終わることはないので、残り30分の相談料は払わなければいけません。相談料は5,000円ほどかかることになりますので、念のためお財布に入れておきましょう。また、法律事務所の中には、「離婚の相談料は無料」というように、相談内容に限定を付けていることがあります。借金の相談が無料なのかどうか、無料相談をする際には事前に確認しておきましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金地獄から抜け出す手段は自己破産か任意整理か?

借金地獄を脱出するためには、任意整理や自己破産、自己再生という方法があります。

どのような解決方法があなたにふさわしいかは、あなたの借金の状況によります。

借金の総額が比較的少なく、数年以内に返済できる見込みがあれば、任意整理で解決できます。任意整理は一番迅速な方法ですので、任意整理で解決できるのであれば、任意整理を選択するのがベストです。

数年以内に返済できないのであれば、自己破産か自己再生のどちらかを選択することになります。

もしどうしてもマイホームに住み続けたいとお考えの方は、自己再生を選択しましょう。借金の額はゼロにはなりませんが、いくらか減額できますので、月々の返済は楽になります。住宅ローン特別条項を使えば、マイホームに住み続けることもできます。

マイホームにこだわらない場合は、自己破産を選択しましょう。自己破産が認められれば、借金は事実上ゼロになります。

おおまかな流れは、以上のとおりです。

しかし、個別の状況によっては、他にも考慮しなければいけないことがあります。たとえば、過去7年以内に自己破産をしたことがある方は、自己破産をすることができませんので、任意整理か自己再生かどちらかしか選ぶことができません。

このように、どのような手続きを選択するかは、ご自身の具体的な状況によって様々です。

弁護士に相談すれば、ご自身の具体的な状況を説明したうえで、あなたの状況にふさわしい手続きを提案してもらうことができます。

借金のことでお悩みの方は、まずはお気軽に弁護士に相談してみましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金地獄は辛いけど、弁護士の相談料って高いのでは?

弁護士に借金の悩みについて相談すると、どれぐらいの相談料がかかるのでしょうか?借金の相談をすると、通常は約1万円の相談料がかかります。しかし、借金でお悩みの方にとっては、相談料1万円は高いと感じるかもしれません。このような場合、無料相談という制度を利用してみてはいかがでしょうか。無料相談であれば、相談料はかかりません。無料相談を利用しても、その弁護士に依頼しなければいけないわけではありません。
弁護士に相談したうえで、「この弁護士は話しにくいので、依頼したくない」と考えれば、依頼する必要はありません。その場で決断できなければ、「数日考えます」と伝えれば、その日に依頼する必要はありません。弁護士の無料相談は、洋服を買う際に試着をするのと同じことです。試着をすれば、洋服を実際に着たときのイメージが分かります。無料相談をすれば、実際の弁護士の雰囲気をつかむことができます。弁護士も人間ですので、様々な性格の人がいます。あなたにとって話しやすい人もいれば、堅苦しくて話しづらい人もいるかもしれません。実際に会ってみないと、雰囲気をつかむことはできません。相談料はかからないので、デメリットはありません。別の弁護士を探したいと考えれば、別の法律事務所の無料相談を探して、また無料相談をすることもできます。試着をした洋服を買う必要がないのと同じように、無料相談をしてもその弁護士に依頼する必要はありません。「弁護士に相談すると、借金の理由を根掘り葉掘り尋ねられるのではないか」と心配する方がいらっしゃるかもしれません。しかし、このような心配はありません。もちろん、弁護士としては、借金の概要を把握しなければいけないので、借金の詳細について質問することがあります。しかし、どういう理由で借金をしたのかについては、しつこく尋ねることはありません。たとえばエステや海外旅行などのように、贅沢なことに使ったとしても、そのことを責められることはありません。弁護士は、あくまで依頼人を弁護することが仕事です。あなたが借金の相談をしたのであれば、あなたの味方となって、「どのように進めれば、抜本的に解決するか」を考えます。弁護士はあなたの味方ですから、借金について責められる心配はありません。ギャンブルなどに使ってしまったとしても、弁護士がそのことを叱責することはありません。ただし、自己破産の方針を話し合う際には、借金の原因について尋ねられることがあります。ギャンブルや浪費によって借金をした人については、自己破産が認められないことがあるからです。自己破産には、「免責不許可事由」というものがあります。「免責不許可事由」に該当する場合は、裁判所から自己破産が認められないことがあります。その「免責不許可事由」の一つに、「ギャンブルや浪費」があります。パチンコや競馬などのギャンブルによって借金をした場合、「免責不許可事由」に当たります。
高価な絵画やアクセサリーを買い物をするために借金した場合も、「免責不許可事由」に当たります。もっとも、このような「免責不許可事由」に該当する場合でも、自己破産が認められることがあります。ギャンブルによって借金をしていても、それがわずかな額である場合や、ギャンブルを行った時期が何年以上も前である場合などは、自己破産が認められることがあります。免責不許可事由があっても自己破産が認められるかどうかは、裁判所の判断によります。もちろん、免責不許可事由がある場合は、自己破産が認められない可能性が高くなりますので、慎重に手続きを進めなければいけません。ギャンブルや浪費によって借金をした方は、弁護士に相談しづらいと感じるかもしれません。しかし、ギャンブルや浪費によって借金をしたからこそ、慎重に手続きを進めなければいけませんので、弁護士に相談した方がよいでしょう。弁護士に依頼すれば、どのように手続きを進めればよいのかについて、的確なアドバイスをしてくれます。借金の返済でお悩みの方は、お一人で悩むのではなく、まずはお気軽に弁護士に相談しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き