借金地獄から抜け出したいけど、誰に相談すればいいんだろう

2017.12.27 更新

返しても返しても減らない借金…

生活を切り詰めるのもそろそろ限界だけど、誰にも相談できない…

借金問題は一人で抱え込まないことが一番です。

恥ずかしい…家族や友人などにバレたくないという方は借金問題に強い弁護士への無料相談をオススメしています。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

一度ハマった借金地獄からの脱出方法は?

借金で生活が苦しい場合、どこに相談したらいいのでしょうか?まずは、家族や友人に相談しましょう。あなた自身が返済できない場合でも、家族が立て替えてくれるかもしれません。ご家族やご友人が立て替えてくれるのであれば、業者のように高い利息を支払う必要がないので、返済が少しでも楽になります。

もし家族や友人に相談できない場合は、専門家に相談しましょう。借金の問題を解決できる専門家は、弁護士です。弁護士に相談すれば、あなたの借金の状況を詳しく説明して、今後どのような手続きを進めるべきかどうか、アドバイスをしてもらうことができます。

法律事務所を選ぶ際には、以下の2点に注目してみましょう。

  1. 借金の問題を扱っているか
  2. 無料相談を設けているか

病院に外科や内科があるように、法律事務所にも専門分野があります。会社関係の問題しか扱わない事務所もあれば、刑事事件しか扱わない事務所もあります。法律事務所のホームページを見ると、取扱分野が表示されています。その中に「借金」「債務整理」などの記載があれば、借金の問題を扱っています。

また、最近では、無料相談の制度を設けている法律事務所がたくさんあります。

また、法律事務所の中には、「離婚の相談料は無料」「本人以外の相談は受け付けていない」というように、相談内容に限定を付けていることがあります。借金の相談が無料なのかどうか、無料相談をする際には事前に確認しておきましょう。

借金地獄から抜け出す手段は自己破産か任意整理か?

借金地獄を脱出するためには、任意整理や自己破産、自己再生という方法があります。

どのような解決方法があなたにふさわしいかは、あなたの借金の状況によります。

借金の総額が比較的少なく、数年以内に返済できる見込みがあれば、任意整理で解決できます。任意整理は一番迅速な方法ですので、任意整理で解決できるのであれば、任意整理を選択するのがベストです。

数年以内に返済できないのであれば、自己破産か自己再生のどちらかを選択することになります。

もしどうしてもマイホームに住み続けたいとお考えの方は、自己再生を選択しましょう。借金の額はゼロにはなりませんが、いくらか減額できますので、月々の返済は楽になります。住宅ローン特別条項を使えば、マイホームに住み続けることもできます。

マイホームにこだわらない場合は、自己破産を選択しましょう。自己破産が認められれば、借金は事実上ゼロになります。

個別の状況によっては、他にも考慮しなければいけないことがあります。たとえば、過去7年以内に自己破産をしたことがある方は、自己破産をすることができませんので、任意整理か自己再生かどちらかしか選ぶことができません。

このように、どのような手続きを選択するかは、ご自身の具体的な状況によって様々です。

弁護士に相談すれば、ご自身の具体的な状況を説明したうえで、あなたの状況にふさわしい手続きを提案してもらうことができます。

借金のことでお悩みの方は、まずはお気軽に弁護士に相談してみましょう。

弁護士の無料相談になかなか踏み切れない方へ

弁護士に借金の悩みについて相談するときは、無料相談という制度を利用してみてはいかがでしょうか。無料相談であれば、相談料はかかりません。無料相談を利用しても、その弁護士に依頼しなければいけないわけではありません。

弁護士に相談したうえで、「この弁護士は話しにくいので、依頼したくない」と考えれば、依頼する必要はありません。その場で決断できなければ、「数日考えます」と伝えれば、その日に依頼する必要はありません。弁護士の無料相談は、洋服を買う際に試着をするのと同じことです。試着をすれば、洋服を実際に着たときのイメージが分かります。

無料相談をすれば、実際の弁護士の雰囲気をつかむことができます。弁護士も人間ですので、様々な性格の人がいます。あなたにとって話しやすい人もいれば、堅苦しくて話しづらい人もいるかもしれません。相談料はかからないので、デメリットはありません。別の弁護士を探したいと考えれば、別の法律事務所の無料相談を探して、また無料相談をすることもできます。試着をした洋服を買う必要がないのと同じように、無料相談をしてもその弁護士に依頼する必要はありません。

「弁護士に相談すると、借金の理由を根掘り葉掘り尋ねられるのではないか」と心配する方がいらっしゃるかもしれません。しかし、このような心配はありません。もちろん、弁護士としては、借金の概要を把握しなければいけないので、借金の詳細について質問することがあります。しかし、どういう理由で借金をしたのかについては、しつこく尋ねることはありません。

弁護士は、あくまで依頼人を弁護することが仕事です。あなたが借金の相談をしたのであれば、あなたの味方となって、「どのように進めれば、抜本的に解決するか」を考えます。弁護士はあなたの味方ですから、借金について責められる心配はありません。ギャンブルなどに使ってしまったとしても、弁護士がそのことを叱責することはありません。

関連記事

「借金地獄=ギャンブル依存症」ではない!専門家に聞く借金地獄か…

ツイート 目次なぜ借金地獄に陥ってしまうの?借金地獄は女性の方が陥りやすい?借金地獄に陥りやすいケースとは借金地獄から脱…

パチンコで借金癖が付いたらどうすればいいの?

目次借金癖ってお医者さんで直せるの?相談窓口はあるの?借金でギャンブルをする人の相談窓口はあるのか?借金癖の自助グルー…

借金が苦しい…どうしても返済できないときは債務整理を

目次借金返済が苦しくなるのは「借入先」か「計画性」の問題キャッシングやカードローンの利用は計画的に苦しい借金の返済から…

借金がある場合、確定申告することで減税できることがある!

目次借金が住宅ローンの場合には所得税などが減税されることがある事業資金を借金している場合、減税できることがある一般的な…

借金返済のストレスもう耐えられない!債務整理で生活を楽にする方法

目次借金返済の重圧、どう向き合うべき?なるべくお金を使うイベントを避ける両親や親族からお金を借り入れる日常生活で、スト…