自己破産すると借金がチャラになるってメリットは本当?

2018.01.17 更新

自己破産にはメリットが多い

自己破産ってよく聞くけど、一体何の事?

知っておきたい自己破産のデメリット

自己破産の具体的な定義というのは、新破産法と呼ばれる法律によって、明確に定められています。

自己破産とは、計画性のない借り入れを行ってしまい、借金をしてしまった人がいたとします。

どのような努力を行ったとしても解決できないほどに生活が破綻してしまっている場合、裁判所が返済不可能であると認め、様々な手段を尽くしたとしても解決不可能であると判断した場合に借金の支払いを免除するという法律なのです。

自己破産とは、名前の通り自分で破産に関する申し立てを行うことです。様々な債権整理の中でも、最も重たい判断であり、できるだけ選択したくない方法です。

自己破産にはどんな書類が必要で、どんな手続をするの?

実際に自己破産を実施するためには、申立人の返済能力がないということが裁判所に認められる必要があります
このとき、返済不可能だと認められることを破産手続開始決定と呼びます。これが自己破産手続きの最初の段階です。

その後、破産手続開始決定が正式に降りると、免責許可の決定が実施されます。
これは、免責をすることが法的に妥当であると認められた場合に決定される手続きです。

法的妥当性が認められると免責決定書が送付されます。
この手続きが完結して、初めて自己破産が成立します。

この状況になると、返済することができない借金を抱えていたとしても、自己破産手続きによって、返済する必要がない状態になっています

そして、自己破産をするためには、必要な書類を準備しなければいけません。詳しい書き方については、法律事務所の弁護士に相談すれば丁寧に教えてくれます。

必要書類は下記に記載する5つとなります。

  • 破産申立書・免責申立書
  • 生活状況
  • 資産(財産)目録
  • 陳述書
  • 債権者一覧表

自己破産をする時には、何に気を付ければいいの?

連帯保証人について

あなたは、カードローンを契約する際に、連帯保証人になっていないでしょうか?

もし、本人が返済を完了できず、自己破産をするとなると、連帯保証人になった人に返済請求が行きます
相手の方は困ってしまうことになりますので、その点についてはしっかりと相談してから行うようにしましょう。

銀行からお金を引き出すことができない

自己破産をしてしまうと、給料の振り込み先の口座が凍結されてしまう可能性があります。
そのため、給料が支払われているにも関わらず、口座が凍結しているため、お金が利用できない状態になってしまいます。

これを防ぐためには、給与が支払われる口座を他の銀行へ変更する必要があります

貸金業者に、1度も支払いを行っていない

自己破産というのは、上記でも説明した通り、どうしてもお金を支払うことができない人が利用するものです。
最初から返済する気のない人が、利用するものではありません。

そのため、賃金業者に対して、1度も支払いを行っていないと、自己破産が認められない可能性がありますので気をつけてください。

自己破産をすると取り立ても差押もなくなるの?

自己破産手続きを完了すれば、取り立てというのは、絶対に行ってはいけません。
法的にそのように定められています。

もし、自己破産を実施したにも関わらず、取り立てが止まらないというのであれば、国民生活センターや警察に通報してしまいましょう

そのように、法律を守らない金融機関は、闇金と呼ばれる違法な会社である可能性が高いです。
もしかしたら、あなたの借金が帳消しになる端緒となるかもしれません。

また、自己破産を実施したからといって、すべての財産を差し押さえられるというわけではありません

自己破産というのは、あくまでも債務者に社会復帰を促していくための法律です。法的に定められた部分の差し押さえが完了したとは、必要以上に財産を差し押さえられるということはありません。

もし、自宅に1円も残らない状態であれば、生活することができませんので、その点についても安全な生活ができるように法律で定められています。

自分が自己破産をして、家族や周囲の人に迷惑がかかるの?

自己破産というのは、あくまでも債務者が健全な生活を送るための法律です。
借金を返済できず、生活がどうにもならないという状態で、今後も生活するというのは厳しいでしょう。

自己破産をすれば、その状態を解消することができます。特に家族に影響が出るということはありませんので、どうしようもない場合は利用しましょう。

また、特別な契約をしていなければ周囲の人に影響が出るということはありません。

自分が自己破産をすると保証人になった人はどうなるの?

債務者が自己破産をしてしまった場合、保証人というのは、必ず借金を支払わないといけません

このとき、保証人が都合良く借金を回避する方法というのはありませんので、必ず請求が行くことになります。

このような状態になってしまうからこそ、保証人がいる場合、自己破産は、あまりお勧めできないと言われています。

自己破産をしても残せる財産はあるの?

自己破産を実施したからといって、すべてのものを差し押さえられるというわけではありません。差し押さえをすることができるのは、法的に差し押さえが認められているものだけです。

そして、法的に差し押さえが認められていたとしても、金額など具体的な条件設定もありますので、その範疇で残すことを認められた財産に関しては、手元に残しておくことができます。

例えば、自由財産というものをご存知でしょうか?
現金というのは、自由財産に含まれます。また、日用家具や家電に関しても、差し押さえることが禁止されている財産となりますので、手元に残すことができるのです。

自己破産しても家や車は残したいんだけど、できる?

持ち家や車というのは、債権者の返済にあてられますので、手元に残しておくことはできません。
そのため、家は手放さないで良いだろうと考えているのであれば、考えを改める必要があります。

自己破産をしたとしても、今すぐ自宅から追い出されるということはないのですが、数ヶ月間しか準備期間がないということを理解しながら、次に住むことができる家を探さなければいけません。

車に関しても、価値があるものに関しては、手放す必要があります。しかし、車に関しては、「処分見込額が20万円以下の自動車」に関しては、手放さなくても良い財産として扱われます。

しかし、もし自動車ローンが残ってしまっているという場合、この状態で自己破産をすると、車の価値に関係なく回収されてしまうことがありますので、その点について把握しておく必要があるでしょう。

自己破産をした後に無一文では困るけど、お金は残せるの?

手元に残せるお金というのは、自由財産の規定によって、99万円までであれば、手元に残した状態で自己破産を実施できます

これによって、最低限の生活ができるように保障されているということです。

自己破産以外の方法はないのか

自己破産にはメリットが多いけど、最後の手段なの?

債権整理の中でも自己破産というのは、本当の意味での最終手段です。

自分の頑張り次第で借金を返済することができるというのであれば、任意整理という方法もありますので、弁護士と相談しながら返済方法を選んでほしいと思います。

ほとんど収入がないにも関わらず、大きな借金を抱えてしまった人は、どうしても生活を元に戻すことができません。
このような状態の人が、正しい生活を再びするためには、自己破産をするしか方法がないと言えるでしょう。

債務整理には任意整理が多いけど、自己破産のメリットは何?

自己破産と任意整理を比べると、返済方法が大きく違います。

任意整理とは、あくまでも自分で返済する意思をもって、返済を完了させていきます
その際、自分だけの努力では少し厳しいですので、金融機関と交渉して、少しでも有利な条件となるように契約を見直すことが、一般的な内容となっています。

自己破産と比べて財産が差し押さえられるということもなく、信用情報機関に記録は残りますが、職業が制限されるということもありません。

返済してからの自由度が高いですので、ぜひこの返済方法を選んでいただきたいと思います。

自己破産は誰に頼むべきか

自己破産は自分でできるか、誰かに頼むべきか?

自己破産の手続きに関しては、法律事務所に在籍している債務整理に詳しい専門家に依頼するべきです。

経験が豊富な弁護士に依頼すれば、分からないことについても丁寧に教えてもらうことができます。

自己破産には弁護士や司法書士のような専門家が不可欠

債務整理に関する法律の専門家に仕事を依頼するのであれば、弁護士に依頼すると良いです。

弁護士というのは、問題を解決できる範囲が広いですので、様々な分野において、しっかりと対応してくれます。

司法書士であれば、対応できる場所に制限がありますので、状況によっては、対応できない場所も存在します。

そのため、弁護士に依頼するほうが、様々な問題をしっかりと解決できます。

自己破産以外の方法もあるので、専門家に相談しよう

もし、自己破産以外に解決できる方法があるのかもしれないと考えているのであれば、法律事務所に相談してください。

相談に関しては無料ですので、借金に関する様々な問題を受けつけています。もしかしたら、良い債権整理方法が見つかるかもしれませんよ。

関連記事

自己破産手続きの方法や流れが知りたい|期間から費用まで徹底解説

目次自己破産申し立て手続きの流れ【知らないと損】費用は財産と弁護士事務所で変わる自己破産の手続き方法は?申立てで絶対必…

自己破産後クレジットカード作成まで5年|早くカードを発行する方法

目次自己破産後でもクレジットカードは新しく作れる?自己破産後に今のクレジットカードは使える?自己破産をして5年が経過して…

自己破産すると生命保険は解約?親バレせずに契約を維持する方法

目次【自己破産時に注意】掛け捨て型と積立型の生命保険の違い解約時に帰ってくるお金が20万円以上だと差し押さえられてしまう…

自己破産したら起業できない?借金の返済が苦しい場合の解決策とは?

目次自己破産後に起業したい!法律上の制限はある?【自己破産後】一定の職業に就けなくなる!注意が必要です!自己破産時、取…

自己破産をすると退職金は差し押さえられるのか?

目次自己破産!退職金も「財産」として差押えられたり没収される?自己破産するとき、『すでに受け取った退職金』は没収される…