つらい借金返済の解決方法|どうしても返せない時どうすればいい?

2018.10.24 更新

稼いでも借金のためにお金を返し続ける毎日は精神的につらいですよね。

今回はいくつかの体験談とどうしても返せない場合の借金の解決方法をご紹介します。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

借金返済がつらいけど誰に相談すればいいんだろう

つらい借金返済の悩みを誰かにわかってほしい

借金返済が辛い原因は人によってもさまざまですが、どのような人でもどのような状況でも、そのことをわかってもらいたいという気持ちがあるものです。

借金問題を抱えていると、周囲には打ち明けづらく、一人で抱え込んでいることも多いです。家族に借金を秘密にしていて、ばれたら離婚されてしまうかも知れないなどとおびえていることもよくあります。このような場合、本来であれば誰かの助けを借りなければならないのですが、実際には話をする人すらなく、精神的にどんどん追い詰められてしまいます。しかし、借金返済が辛いのは、皆同じなのです。決して借金してしまった人が悪いわけではありません。借金返済ができないからといって自分を責める必要はありません。借金問題は、適切な対処方法をとれば必ず解決できるものです。

大学進学のために借りた奨学金返済がつらい

借金を抱えていると、毎日がつらいものです。返済ができているうちでも、次はきちんと返済出来るだろうか、と不安になりますし、返済が苦しくなってきたら、いよいよ追い詰められた気持ちになってしまいます。

奨学金も借金の1種なので、奨学金返済をしている方の中にも借金返済に追われて辛い生活をしている方がいらっしゃるでしょう。

奨学金は、一般的に借金であると認識されていないことも多いのですが、立派な借金です。ただし、それは貸与型の奨学金の話です。

奨学金には、貸与型と給付型の2種類があり、給付型の場合には返済は不要なので、借金にはなりません。
有名な日本育英会(日本学生支援機構)の奨学金は基本的に返済が必要なので、借金になります。

育英会の奨学金には、有利子型と無利子型があります。
有利子型の場合には、学校の卒業後に利子をつけて毎年返済していかなければなりません。毎月の支払額が6万円以上になっている人もかなりたくさんいます。しかも、今は学生の就職事情もそれほど良いとは言えず、非正規雇用の若者も増えているので、そのような人が奨学金の返済をすることができずに困っています。

念願のマイホームは実現したけど住宅ローンの支払いに追われる

一般の人がかかえることの多い借金として、住宅ローンがあります。

住宅ローンの借入先には、銀行や日本住宅支援機構(旧住宅金融公庫)、信用金庫などの金融機関があります。

住宅ローンの返済額は月々数万円以上になるので家計に大きくのしかかることが多いです。無理な返済計画を立てて高額な住宅ローンを組んでしまった場合には、返済ができなくなって困ってしまうことになります。かといって、住宅ローンの返済をしないでいると、住宅の抵当権を実行されて家がなくなってしまうので、何とか返済を継続しようと必死になって、追い詰められてしまうことが多いです。

ちょっとだけのつもりで借りたキャッシングやリボの返済がつらい

一般の人がよく利用する借金として、銀行カードローンやキャッシング、リボ払いなどがあります。銀行カードローンとは、銀行口座を持っている場合などに預金口座がある銀行で利用できるカードローンのことです。

消費者金融やクレジットカードよりもイメージがよく、利率も多少低いことが多いので、たくさんの人が利用しています。ただ、銀行カードローンも借金には変わりなく、それなりに高い利息の支払いも必要なので、かさんでくると大きな負担になってしまいます。

キャッシングは、消費者金融やクレジットカードを利用して借金する方法です。クレジットカードには、キャッシング機能とショッピング機能があります。
このうち、ショッピング機能は借金ではなく、買い物の代金をいったんクレジットカード会社にし払ってもらうための立替金です。これに対し、キャッシングはダイレクトにクレジットカード会社から借金をすることです。

ただ、ショッピングであってもキャッシングであっても返済が必要になることには変わりありません。銀行カードローンやキャッシング、リボ払いの借金が辛くなった場合にも、放っておくと解決できないのできちんと対処する必要があります。

生活費のための借金返済が多いです

一般の人が借金をしてしまう原因としては、生活費のための借金というケースが多いです。

借金をする理由はさまざまですが、生活費が足りなくなるとどうしようもなくなるので、借金に頼らざるを得なくなる人が多いです。

たとえば、突然リストラされて収入が無くなった場合でも、家族の生活を守るために借金をするかもしれません。その後収入が増えて返済ができるようになれば良いですが、現実にはそううまくはいかず、延々と生活費不足と借金に頼る生活が続くことになりがちです。

このような状況では、毎月の借金返済もままならないので、精神的に追い詰められてしまうケースが多いです。

この借金がなくなれば…いい解決方法が知りたい

根本的に返済のつらさを解決するには債務整理がお勧めです

借金返済が辛い場合、解決方法があると言われても具体的にどのような解決方法があるのかと疑問を持たれることがあるでしょう。

借金問題を解決するための方法は、いくつかありますが、おまとめローンや借り換えローンを利用しても実際の解決にはつながりにくいです。

おまとめローンを利用すると、以前の借り入れ先の枠が空いてしまうため、結局は以前の借り入れ先からも借金をしてしまい、結果的に借金が倍増してしまうこともあります。

このようなつらい借金問題を根本的に解決するには、債務整理をする必要があります。

債務整理とは、借金を整理するための法的な手続きのことです。
債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類の手続きがあり、状況に応じた適切な手続きを選択すると、たいていの借金問題を解決することができます。債務整理をする場合には、単なる借金の借り換えであるおまとめローンなどと異なり、借金問題を根本的に解決することができます。

債務整理で借金のつらさは改善される?

債務整理で返済のつらさが楽になるかどうかは人によります

債務整理をするとつらい借金問題を解決できるとは言っても、具体的にどのようにして解決できるのかイメージしづらいことが多いでしょう。そこで、以下で具体的にご説明します。

たとえば、債務整理の中でも任意整理をした場合には、債権者との合意をした後の将来利息をカット出来るので、借金の総支払額が減ります。また、返済期間を延ばすことによって月々の返済額を減らすこともできて、支払いが楽になります。

個人再生を利用すると、借金を元本ごと大幅に減額してもらえるので、やはり支払いが楽になります。住宅ローンがあっても家を守りながら他の借金だけを減額する住宅ローン特則などを利用できるメリットもあります。

自己破産の場合には、どれだけ多額の借金があっても全額返済を免除されるので、借金問題から完全に解放されます。まったくの無職無収入でも自己破産することはできるので、とても助かります。

このように、どの債務整理手続きを利用すべきかについては、個々の債務者の状況によっても変わってきます。ただ、どのような状況であっても適切な手続きを選択すれば、つらい借金問題から解放されるのです。

関連記事

借金問題解決の切り札!弁護士の役割や選び方・費用について詳しく…

目次法律のプロ・弁護士だからこそ可能な借金の解決方法債務整理で解決する過払い金請求で解決する借金問題を弁護士に依頼する…

借金が払えないとどうなる?手遅れになる前に取るべき対処法とは

目次借金払えないとどうなる?滞納が続くと借金が増える仕組みとは「借金払えない…」これからどうなってしまうの?遅延損害金や…

【リボ払い体験談集】減らないのはなぜ?気付いたら残額100万円超えに

目次こんなに返せない…返しても減らないリボ払い体験談リボ払い体験談1  ギリギリまで生活を切り詰めても残高が減らないリボ…

リボ払いはなぜ”やばい”?怖い仕組みの解説とリボ地獄のリアル

目次リボ払いが「やばい」3つの理由 やばい理由(1)手数料が高い やばい理由(2)支払額が一定やばい理由(3)危機的状況になっても…

苦しい生活から抜け出したい!シングルマザーに最適な借金の解決法…

目次節約していても苦しい生活…母子家庭のための公的な救済制度とは①児童扶養手当②母子父子寡婦福祉資金貸付金③生活保護借金を…