パチンコ依存の借金。借金地獄からぬけられない

 

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

パチンコ依存症になった家族の借金を解消したい

自分が借金をしていなくても、家族が借金をしていることはよくあります。たとえば、家族がパチンコ依存症になっている場合、いくらお金があっても足りないので、いくらでも借金をしてしまいます。返済出来るかどうかなどを考えることなく、ともかくパチンコをするために借金をするので、すぐに返済ができなくなってしまうのです。
このような場合、何度も尻ぬぐいをさせられて迷惑をかけられていることも多いです。家族の借金問題は、自分の借金問題以上に難しい面があります。自分の借金問題なら、自分が解決しようと思ったら自分で弁護士に相談するなりして解決に向けて動いていくことができます。また、自分の借金であれば、いったん借金によって酷い目に遭ったら、もう二度と借金しないと誓って同じ問題を繰り返さないこともできます。しかし、家族の借金の場合にはそうはいきません。そもそも家族が借金のことを何とも思っておらず、平気で借金を繰り返して借入額を増やしていることがあります。また、返済が苦しくなっても平然としており、いつか家族が尻ぬぐいしてくれるだろうと期待していることもあります。さらに、いったん家族に援助してもらって何とか借金問題を解決しても、反省するのはそのときだけで、しばらくしたらまた同じように借金を繰り返すことが非常に多いです。パチンコ依存などで借金癖がある家族がいる場合、昔から何度も迷惑をかけられ続けていて、もうこれ以上は関わりたくないなどと考えている人もたくさんいます。しかし、家族である以上は縁を切ることなどは難しく、結局援助をしてしまい、悪循環に陥ってしまいます。
このように、家族がパチンコ依存などになって借金を繰り返している場合、どのようにして問題を解決できるのかが問題です。この点、家族の借金問題も解決する方法はあるので、諦める必要はありません。その方法については、この記事で具体的にご紹介いたしますので、順番に読み進んでいただけましたら幸いです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金依存症って治療法はあるのかなぁ?

<パチンコ依存を治療しよう>
そもそも家族がパチンコ依存症などで借金をしている場合、借金問題の解決も重要ですが、それ以前にパチンコ依存症自身を解消する必要があります。パチンコ依存症は1種の精神的な症状なので、適切に治療する必要があります。やみくもに「パチンコを辞めろ!」などと言ってしかっても、解決できるものではありません。パチンコ依存をしている本人も、そのこと自体には罪悪感を持っていることが多いです。やめたくてもやめられずに悩んでいるのですから「なんでパチンコをするのか」「パチンコを辞めないなら縁を切る!」などと言っても解決できるものではありません。追い詰めすぎると本人が精神的に参ってしまい、現実逃避のためにさらにパチンコにのめり込んでしまうおそれもあります。
そこで、パチンコ依存に陥った家族がいる場合には、まずはその状況を理解してあげて、一緒に治療していくという姿勢を持つことです。そのためには、まずはパチンコ依存が病気だという認識を皆で共有しましょう。そして、みなでパチンコ依存状態を克服するための対処方法を一緒に考えます。
<本人にお金を持たさない>
まずは本人にお金を持たさないことが重要です。パチンコをするのはお金があるからです。本当にお金が全くなかったらパチンコができないのは当然です。そのためには、本人からクレジットカードやキャッシング用のカードを取り上げて、貸金業者に対しては貸付をしないように依頼をしましょう。もちろん、本人にも借金をしないことを約束してもらいます。
<本人とよく話し合う>
そして、本人から、どうしてパチンコをするのか、パチンコをするとどのような良いことがあるのかを聞き出しましょう。そして、パチンコをすることによって今までどのような不利益があったのかも逆に考えてもらいましょう。きっといろいろなトラブルがあったり、家族に迷惑をかけたりしたことを思い出してたくさんの問題が洗い出されるはずです。このようにして聞き出した内容をすべて書き出してみて、今までどんなに不利益を受けてきたかを明確に示せば、本人もいよいよパチンコを辞めようと強く思うはずです。
<専門家に相談する>
さらに、専門家の助けを借りることも1つの方法です。心療内科に通ってみたり、カウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。1つの心療内科やカウンセラーが合わなくても、別の合う専門家が見つかることもありますので、良い専門家が見つかるまで数軒のクリニックなどを訪ねてみるのも良いです。本人が1人で行くのは嫌がる場合も多いので、家族が一緒に付き添ってあげると良いでしょう。無理矢理連れて行くのではなく、「調子が悪そうだし、1人で悩んでいても解決できないから、とにかく一度一緒に相談してみよう」などと言って、病院に連れ出すとうまくいきやすいです。このようにして、パチンコ依存自身を少しずつでも治していくことが、問題の根本的な解決につながってきます。
以上のように、家族にパチンコ依存の人がいる場合、借金問題の解決だけではなく、同時にパチンコ依存自身の克服(治療)も重要なので、同時に進めていくと良いでしょう。
<借金問題を解決する>
もちろん、できてしまった借金問題の解決も重要です。借金問題を解決するには、債務整理手続きをする必要があります。パチンコ依存による借金も債務整理によって解決することができます。ただ、債務整理をするには弁護士に相談する必要があるので、本人に債務整理する気持ちがあることが必要です。もし本人にその気がなさそうなら、家族が代わりに弁護士に相談に行って弁護士のアドバイスを聞き、帰宅後本人に伝えてあげましょう。このようにして本人が債務整理に関心を持って乗り気になったら、次は一緒に弁護士事務所に行って、本人に手続きを依頼させて債務整理をしてもらうと良いのです。もちろん、はじめから本人が債務整理に積極的なら問題はないのですが、そのようなことがなかなか難しい場合には、まずは家族が先に相談をして話だけでも聞いてくることが役立ちます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

パチンコ依存症のキャッシングって任意整理できますか?

<パチンコ依存になると、借金がかさんでしまう>
次に、家族ではなく自分がパチンコ依存で借金をしてしまった場合の対処方法をご紹介します。パチンコ依存になってしまうと、パチンコをするために際限なく借金を繰り返してしまうことがあります。このようなとき、よく利用するのが消費者金融です。消費者金融は審査も甘いですし、保証人なども不要で、少額からの借入もできるのでとても便利です。しかも、たくさんの消費者金融があるので、複数から借り入れをすることにより、多額の借り入れをすることができます。最初はアコムやプロミスなどの銀行系の大手の消費者金融を利用していても、それらの枠がいっぱいになってきたら中小の街金などを利用することができます。このようなことが原因で、気づけば何百万円もの借金ができてしまうことも多いです。生活費などの借金であれば、生活費に必要なレベルなのでさほど多額にならないことが多いですが、パチンコなどのギャンブルが原因の借金の場合には、金額が大きくかさみがちです。
<パチンコ依存の借金は債務整理で解決する>
パチンコなどのギャンブル依存が原因で借金ができてしまった場合には、債務整理によって解決することができます。債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類がありますが、それぞれのケースに応じた適切な手続きを進めると、たいていの借金問題を解決することができます。このとき、便利で利用しやすいのは任意整理の手続きです。任意整理とは、債権者と話し合うことにより、借金の返済額と返済方法を決め直す手続きのことです。債権者と直接話し合うので、裁判所を利用する事がなく、手続きがとても簡単でかかる費用も安いです。
消費者金融のキャッシングは利率がとても高いので、ふだんの返済で高い利息に悩んでいる人も多いでしょう。ここで任意整理をすると、債権者との合意後の将来利息の支払いを全額カットしてもらえるのが普通なので、借金の総返済額がかなり少なくなります。また、借金の返済期間を長くしてもらうこともできるので、その分月々の返済額が小さくなり、支払が楽になります。さらに、任意整理をするとブラックリスト状態になってそれ以上ローンやクレジットカードなどの利用ができなくなるので、ギャンブルのために借り増ししてしまうおそれもなくなります。
このように、ギャンブル依存による借金問題を解決するためには任意整理はとても効果的な対処方法なので、是非とも利用する事をおすすめします。任意整理をしたい場合には、自分で手続をすすめるのは難しいので、弁護士に依頼することが大切です。今は多くの弁護士事務所がホームページを出して広告をしているので、債務整理に強そうな弁護士事務所を探して一度相談を受けてみると良いでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

パチンコ依存症の専業主婦でも任意整理で救われるのか?

パチンコなどのギャンブル依存に悩んでいる人は、男性ばかりではありません。女性でもパチンコを利用する人は多いですし、主婦がパチンコ依存状態になっているケースもあります。主婦の場合、家族にも借金やパチンコ問題を相談することが出来ずに1人で抱え込んでいるケースも多いです。借金やパチンコがばれたら離婚されてしまうかも知れないとおびえていることもあるでしょう。
主婦がパチンコ依存で借金をかかえてしまった場合でも任意整理はできます。任意整理では、手続き後に債権者への返済が必要ですが、この返済は自分自身の収入ではなく夫の収入からでも可能です。よって、無職無収入の専業主婦でも任意整理ができますし、もちろんパートなどの兼業主婦でも手続きできます。兼業主婦の場合には、自分のパート代から任意整理後の支払いをすることもできるので、より利用しやすくなります。このように、主婦のパチンコ依存による借金問題の解決にも任意整理がとても役立つので、借金がかさんで苦しんでいる場合には、まずは一度弁護士に相談をしましょう。このとき、多くの弁護士事務所では借金問題の無料相談サービスをしているので、利用することをお勧めします。弁護士事務所のホームページ上に「債務整理の相談無料」とか「初回30分無料」などと掲載されている事務所を探して連絡を入れてみると良いでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き