甘かった自分の判断に反省/32歳フリーランス

 

<借り入れ先業者名>楽天カード、エポスカード、セディナ
<借り入れ金額>240万円
<借入期間>2年3ヶ月
<毎月の返済額>6万3千円
<滞納状況>3ヶ月

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

景気の悪化で減少した収入の補填として借金。当時は前年度の半分の収入に。

固定でもらっていた仕事が無くなったことで基本給的な収入が大幅に減りました。次を探すために模索しましたがなかなか思うようにいかず時間ばかり経過する中でやむを得ず借金しました。当時は、それ以前の年収の半分程に落ちてしまいましたが、今考えると十分生活可能な金額です。しかし、一定水準の生活に慣れてしまったことで急に生活レベルを落とすことができない状態でした。その為、生活費を補填するために借りることになりました。借りた時には一瞬まとまったお金が入ることで余裕ができたような錯覚に陥っていました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

全部で3社利用し、240万円の借金。月々6万円の返済

始めはクレジットカードのキャッシング枠を利用しました。一時的に補填できればすぐにどうにかなると考えていたのもありますが、それ以前に余裕のある生活をしていたので、すぐに返済できると軽く考えていた部分もあります。しかし、実際には思うようにいかず、収入は戻らないまま返済が苦しくなっていきます。始めに無理な返済をしていたのですぐに生活費が不足するようになり、追加の借金をすることになりました。結果的には合計3社から借りてしまい、返済額がどんどん上がるという最悪なパターンになりました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

返済しやすくなりました。もう無理をしなくていいと安堵しました。

収入が減ったとは言え、毎月給与に近い感覚で入る上に一定のラインは保っていたということもあって、相談した弁護士さんのすすめで個人再生を選びました。個人再生ができる条件の一つは安定収入があることですが、メインの仕事が無くなった後も毎月一定の報酬を得ていたことで、自営業でも可能だということでした。金利が高いことでなかなか減らずにいたどころか、途中で増やしてしまい遂には返済もままならなくなった借金でしたが、残金200万円程の返済総額がおよそ100万円になり、3年で完済できました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話の着信にドキドキすることが無くなりました。

考えが甘かったと反省する部分がかなりあることに気づきました。すぐに返済できると思ってしまったことや、おまとめ返済を利用しようとして逆に増やしてしまったことは本当に恐ろしいと感じています。返済が完全に滞ってしまうまで冷静に考えることができなくなっていたことは今でも悔やんでいます。個人再生で大幅に減額してもらい、完済できたのは良かったですが、借金をして生活を保つより確実に入る収入でできる生活水準に落とすことの大切さに気づきました。電話や手紙での督促から解放された時の安堵感は忘れません。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き