同僚との付き合いで借金を抱え、任意整理でカードと縁を切りました

 

<借り入れ先業者名>セゾンカード、オリコ、三井住友カード
<借り入れ金額>210万円
<借入期間>6年3ヶ月
<毎月の返済額>9万円
<滞納状況>なし

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

昇進を狙って同僚との付き合いを増やしてしまって借金。

大学を卒業して就職してから気が付いたこととして、社内に派閥があることを知りました。主流派に入れてもらえなければ、昇進が係長止まりとなることが何となく周囲の情報から分かったのです。確かに大学時代から付属上がりの学内エスカレーターで進学して来た人と外部生では違いがあることは感じていました。しかし、会社に入ってからも外部生と内部生との格差があることを知って焦り、内部生と勤務後もつるんで飲食を共にした所、経済力の差から借金をすることになってしまいました。クレジットカードの利用可能枠が増えていったことで歯止めが掛からなくなったのです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

セゾンカード、オリコ、三井住友カードから各70万円の借金。月々9万円の返済。

会社の同僚との付き合いで仕事が終わった後や休日に遊びに行くことが多くなりました。今まで行ったことが無いお店に入れたわけですが、どう考えても会社からの給与だけでは通いきれない金額を同僚が使っていたのです。格差を感じましたが、何とか上を目指そうと頑張っていたおかげで何とか課長まで昇進が出来たものの、副業をしないと返済が厳しくなってきました。仕方なくこれ以上の昇進は諦め、転勤を願い出して作ってしまった借金返済を中心に考えて行こうと方針を切り替えるしか無かったのです。これ以上進んでいたら、破産するしか無かったので、ギリギリの決断でした。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

任意整理で返済総額を圧縮出来たので、無事に完済出来ました。

債務整理をしなければならないと感じたのは、手持ちのクレジットカードを利用可能枠一杯まで使い切ってしまう所だったからです。各社残り10万円という段階になって、ふと我に返り堅実な生活に切り替えて家庭を持ちたいと考えるようになりました。債務整理を行なう際には、任意整理であれば裁判所を通さないので将来金利をカットしてもらい、返済計画を立てて完済を行ってゆきたいと考えました。個人での交渉は難しいと判断して、司法書士へ依頼をしました。着手金無しで引き受けてもらえたのですぐに任意整理を決断出来たのです。任意整理によって返済額を9万円から5万円に圧縮出来ました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

考え方が変わり、クレジットカードの利用を極力無くせるようになりました。

今までは昇進目当てで無理をした生活をしていましたが、これ以上の昇進よりも生活の安定を取ろうと決められたのは債務整理を決意出来たからです。任意整理の形で元金は全て完済させることが出来ました。確実に支払える金額を均等に毎月支払うことで、完済後はそのまま将来家を建てる時のために貯金を行なえるように週間づける意味合いがあります。ある程度早めの段階で任意整理を行なえたので、完済にたどり着けたことが良かったです。あと1年経過してから債務整理を始めたのでは、個人再生手続きに頼ることになっていたかと思うと、クレジットカードを使わない今の生活に切り替えられて良かったと考えています。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き