24時間365全国対応 無料

0120-328-007

リボ払いの返済が終わらない!? 完済のために知っておくべき3つのこと

2019.10.31 更新

リボ払いの返済、もう1年以上払っているのに終わらない…どうして?
明細を確認していなかったけど、リボ払いって元金がほとんど減らないの⁉

このように、リボ払いに疑問を感じていませんか?
リボ払いは、毎月の返済額が一定になる支払い方法の一つです。

しかし、リボ払いは金利が15%程度と高く設定されています。消費者金融のキャッシング金利が15~18%なので、消費者金融並みの金利といえるのです。
このため元本が減りにくく、返済期間が長期化してしまうことがあります。

返済期間が長引けば支払う利息はどんどん増えていき、いつまでたっても返済が終わらないという悪循環になってしまいます。

また、忘れては行いけないことは、リボ払いは借金だということです。
その意識を持たずに利用を繰り返していけば、いずれ返済に行き詰まってしまいます

この記事では、リボ払いの仕組みと危険性、さらにはリボ払いから抜け出す方法 について説明します。

つらいリボ払いについて相談してみる

この記事のポイント

リボ払いの返済を終わらせる3つの方法

  1. 返済方法を一括払いなどに変更する
  2. 毎月の返済額を増やす
  3. 上記2つができない場合は、債務整理という方法もある

一括返済や返済増額などが難しい場合は、弁護士や司法書士に相談して「債務整理」も検討してみましょう。

リボ払いは残高の増加に気づきにくく、返済期間が長期化しやすい

リボ払いとは、クレジットカードの支払い方法の一つで、利用金額や回数に関係なく、月々の支払額が一定になるという特徴があります。
正式名称をリボルビング払いといいます。

通常の分割払いであれば、返済回数によって毎月支払う金額が異なります。
例えば10回の分割払いなら、20万円の商品を購入すると月々の返済は2万円+手数料(金利)、30万円の商品を購入すると月々の返済は3万円+手数料(金利)となります。

一方、リボ払いで毎月の支払いを1万円に設定した場合、利用金額がどれだけ多くなっても月々の支払額は1万円で変わりありません(定額方式の場合)。

しかし、リボ払いの手数料(金利)は、分割払いより高く設定されています

買い物を繰り返えば当然ながら残高も増えてくのですが、支払額が変わらないため残高が増えていることに気づきにくく、返済期間がどんどん長くなっていくのです。

また支払は銀行口座からの自動振替にしている場合は「毎月きちんと返済しているから問題ない」と思ってしまいがちです。

<一般的な金利の例>

サービス 手数料
クレジットカードの2回払い 0%
クレジットカードの3回払い 12.00%
クレジットカードのリボ払い 15.00%
消費者金融のキャッシング 18.00%

※「借金返済が終わらない 体験談から学ぶ滞納の恐ろしさと完済のコツ」の記事を参照

リボ払いが減らないと感じたら、いますぐ残高を確認するべき

リボ払いは、利用残高が多くなるほど毎月の支払い時にかかる手数料も多くなります。
毎月の支払額のうちの多くが手数料で占められている場合、元金はほとんど減らず、いつまで経っても残高が減らないことになります。

手数料の金額を知るためには

利用残高×手数料率÷365日×30日

という式で計算することができます。

まずは、ご自身の利用残高と手数料の割合を調べてみましょう。
利用残高を調べるためには、各クレジット会社のWebページで確認することができるはずです。
ID、パスワードを登録しログインすることで、使用明細や残高が確認できます。

リボ払いの返済を終わらせるために今すぐすべき3つの方法

では、リボ払いの返済を終わらせるためには、どのようにすればよいのでしょうか。
リボ払いの返済を終わらせるには大きく3つの方法が考えられます。

リボ払い債務整理

(1)一括返済や繰り上げ返済に変更する

クレジットカードの支払い方法は途中で変更可能の場合が多いです。まずは一括返済や繰り上げ返済にするなど支払い方法の変更をしましょう。

繰り上げ返済とは
毎月の返済とは別に、利用残高の一部を返済すること。繰り上げ返済すると利用残高の返済に充てられ、手数料を軽減できます。

リボ払いの手数料は、利用残高に対して発生します。

繰り上げ返済で、利用残高を20万円→15万円に減らした場合

<利用残高が20万円の場合>
20万円×15%÷365×30日=その月の手数料は約2,450円
<利用残高が15万円の場合>
15万円×15%÷365×30日=その月の手数料は約1,850円
※手数料率15%で計算

繰り上げ返済するとその分の利用残高が減るので、それだけ支払わなければならない手数料の金額が減るのです。

利用残高を減らさないといつまでたっても高い手数料をとられ続けてしまいます。

もしまとまったお金を用意できるのであれば、ボーナスなどで一括返済をすることをおすすめします。
可能なかぎり利用残高を減らす努力をしましょう。

(2)毎月の返済額を増やす

次に月々の返済額を少しでも増やすことです。
家計を見直して5,000円でもいいので返済額を上げることができないか考えましょう。

返済額を5,000円増額した場合

10万円を1万円ずつ返済すると…合計10回の返済で、約6,650円の手数料が発生

10万円を1.5万円ずつ返済すると…合計7回の返済で、約4,600円の手数料が発生

※手数料率15%で計算

これも一括返済と同じで、リボ払いの手数料は利用残高に対して発生するので、返済期間が短くなることやリボ払いの利用残高が減ることにより、結果的に支払う手数料も少なく済みます。
こうして完済が近づくのです。

(3)債務整理をする

しかし、「一括返済をしようにもお金がないよ」「毎月の返済額を上げるのは厳しい…」など、上記2つの方法で解決できない人もいるかと思います。

そういう人は債務整理という手続きも手段の一つです。こちらは少し複雑なので次の章で詳細に説明します。

なお、リボ払いを返済するために他の金融機関で低金利のカードローンをつくり、借り換えをするという手段もありますが、当サイトではこれを推奨しません。

失敗すると多重債務に陥ってしまい、返済がより複雑で大変になります。
借り換えに成功したとしても、結局利息がかかるので、借金問題の根本的な解決にはつながりません。

そもそもリボ払いの滞納や遅延をしている時点で、すでに審査に通らない可能性もあります。そのため、リボ払いが終わらないからといって新たにカードをつくることは避けた方がよいでしょう。

債務整理って?一括や返済増額が厳しい人でもできる対処法

債務整理とは、借金を整理するための法的な手続きです。債務整理には「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、「自己破産」という4つの手続きの種類があります。

その中でも、リボ払いの借金問題を解決するには、任意整理も一つの手段です。
任意整理について詳しく見ていきましょう。

特におすすめするのは任意整理という手段

任意整理とは、債権者(お金の貸し手)と直接交渉をして、借金の返済額や返済方法を決め直す手続きのことです。

借金が整理されるので、返済計画どおりに支払いを続ければ、借金を完済できる可能性が高くなります。

任意整理のメリットとデメリット

メリット

  • カード会社など債権者との合意後の将来利息や手数料の支払いが不要
  • 返済総額が減るので、膨れ上がってしまったリボ払い利用残高も完済に近づく

デメリット

キャッシングやローンの利用、クレジットカードの発行や利用をすることができなくなる(ブラックリスト状態)

任意整理をすると、債権者との合意後の将来手数料の支払いが不要になるので、リボ払いの利用残高のみを返済していけばよいことになります。

こうするとリボ払いの返済総額が大きく抑えられて、膨れ上がってしまった債務も完済することもできるようになります。

これは、任意整理の大きなメリットです。

ただ、任意整理にもデメリットはあります。

任意整理をするとブラックリスト状態になって、消費者金融のキャッシングやクレジットカードの発行や利用、銀行ローンなどの利用ができなくなってしまいます。

しかしそもそも、リボ払いの返済ができなくなり滞納した場合でもブラックリストには載ってしまいます。

どうしても必要な場合には完済後一定期間経過すれば、クレジットカードをつくることができるようになるので、とにかく早く完済することが重要です。

リボ払いの任意整理は弁護士や司法書士に相談することも一つの手段

クレジットカードのリボ払いを任意整理する場合、自分で手続きをすることは難しいことがあります。

任意整理をするためには、債権者(クレジットカード会社)との間で残金の確定と、支払い方法についての交渉をしなければなりません。

支払い方法の交渉には知識や経験が不可欠です。

任意整理をする場合には、弁護士や司法書士に相談することも手段の一つです。

◆任意整理の手続きと流れについての詳しい記事を見る

リボ払いを任意整理で減らした体験談

リボ払いの返済額を実際に任意整理によって減らした人の体験談です。

複数のカード会社でリボ払い。気づけば借入総額は200万円に

  1. 仕事のストレスからリボ払いで衝動買い
  2. 5社のカード会社でリボ払いをしていたところ、月々の返済総額は合計10万円に
  3. 任意整理で借金総額を減らし、月の返済額は半分の5万円にまで減額

任意整理の費用が用意できない場合は?

任意整理を弁護士や司法書士に依頼した場合には、費用がかかります。手元にお金がない場合でも、弁護士や司法書士に任意整理を依頼することはできるのでしょうか。

手元にまったくお金がない場合には、分割払いに対応している事務所もあります。

リボ払いが苦しい場合には、まずは弁護士や司法書士に相談してアドバイスを聞いてみるのもよいでしょう。

まとめ

  1. リボ払いの返済期間は長ければ長いほど手数料が高額になります。
  2. 一括返済や、返済額を増やす余裕がない人は任意整理を検討しましょう。
  3. 任意整理をすると、利息や手数料の支払いが不要になり、月々の返済額を減らすことができます。

関連記事

リボ払いとキャッシングリボの違いとは?活用方法と注意点を解説

目次「リボ払い」「キャッシング」「キャッシングリボ」の違いリボ払いとは? キャッシングとは?キャッシングリボとは? キャ…

リボ払いと分割払いの違い リボ払いは利息で大きな借金に?

目次リボ払いと分割払いの仕組みの違いリボ払いと分割払いの返済額の違いリボ払いと分割払いの返済期間の違いリボ払いと分割払…

リボ払いは信用情報に影響している?リボ払いとローン審査の関係

目次リボ払いを利用していると信用に傷がつくの?基本的には傷はつかないそもそも信用情報とはリボ払いはどのように登録されて…

リボ払いのデメリットは知らなきゃダメ!リボ地獄の仕組みを徹底解説

目次リボ払いのデメリットとは?利用の手軽さで陥るリボ地獄の恐怖高い手数料が発生 支払い残高がわかりにくい 支払額が低いと…

リボ払いはなぜ”やばい”?怖い仕組みとリボ地獄のリアル

目次リボ払いが「やばい」3つの理由 やばい理由(1)手数料が高い やばい理由(2)支払額が一定やばい理由(3)危機的状況になっても…