リボ払いの支払いが終わらない…知らないと絶対損する3つの返済方法

 

リボ払いの支払いが終わらない…。

毎月の支払いが一定になる!」や「リボ払いにしたらポイントが貯まる!」などの謳い文句に乗せられてリボ払いにした結果、支払いが全く終わらないなんてことがあります。

リボ払いは、返済期間が長くなればなるほど高い手数料を取られ、かなりの損です。
ここでは、リボ払いを今すぐ終わらせる方法についてお話します。

リボ払い返済方法
お金の悩み相談は弁護士が無料で受け付けています。
毎月のカード返済が苦しい人は弁護士事務所に相談してみることをおすすめしています。


「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

今すぐできる!リボ払いの返済を終わらせる3つの方法

リボ払いを終わらせるには大きく3つの方法が考えられます。

リボ払い返済方法
なお、リボ払いを返済するために、他の金融機関で低金利のカードローンを作り、借り換えをするという手段もありますが、当サイトではこれを推奨しません。

失敗すると多重債務に陥ってしまい、返済がより複雑で大変になります。借り換えに成功したとしても、結局利息がかかるので、借金問題の根本的な解決にはつながりません。

そもそもリボ払いの滞納や遅延をしている場合、すでに審査に通らない可能性があります。そのため、リボ払いが終わらないからといって、新たにカードを作ることは避けた方がよいでしょう。

①一括返済に変更する

まずは一括返済か繰り上げ返済を考えることです。リボ払いでも一括返済をすることができます。

「一括返済をしようにもお金がないよ」という方もいらっしゃると思いますが、もしまとまったお金を用意できるのであれば、一括返済をすることをお勧めします。利用残高を減らさないといつまでたっても高い手数料を取られ続けてしまうからです。

②毎月の返済額を増やす

次に月々の返済額を少しでもいいので上げることです。家計を見直して5000円でもよいので返済額を上げることができないか考えましょう。返済期間が短くなり、結果的に支払う手数料も少なく済みます。完済が近づくのです。

③債務整理をする

しかし、上記二つの方法を取ることがどうしてもできない方もいらしゃると思います。そういう方は最後に債務整理という手続きを検討しましょう。こちらは少し複雑なので次の章で詳細に説明いたします。

月々の返済を減らすなら債務整理を

特におすすめするのは任意整理という手段

リボ払いの返済が終わらず不安に思っている方は、債務整理によって解決する方法がもっとも効果的です。

債務整理とは、借金を整理するための法的な手続きです。債務整理には「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、「自己破産」という4つの手続きの種類があります。

その中でも、リボ払いの借金問題を解決するには、任意整理が適しています。

任意整理とは、債権者(お金の貸し手)と直接交渉をして、借金の返済額や返済方法を決め直す手続きのことです。借金が整理されるので、返済計画通りに支払いを続ければ、借金を完済できます。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理をすると、債権者との合意後の将来利息や手数料の支払いが不要になるので、リボ払いの元金のみを返済していけばよいことになります。

こうすると、リボ払いの総返済額が大きく抑えられて、膨れ上がってしまった債務も完済することができるようになります。これは、任意整理の大きなメリットです。

実際にクレジットカードのリボ払いを任意整理で減らした事例はこちら

ただ、任意整理にもデメリットはあります。任意整理をするとブラックリスト状態になって、消費者金融のキャッシングやクレジットカードの発行、利用、銀行ローンなどの一切の利用ができなくなってしまいます。

しかし、終わらないリボ払いの返済を続けていき、最終的に滞納してしまってカードが止められてしまうよりも、任意整理をして早く完済し、リボ払いを利用する生活から抜け出すことがおすすめです。どうしても必要な場合には、完済後一定期間経過すればクレジットカードを作れるようになるので、とにかく早く完済することが必要です。

任意整理のメリット ・債権者との合意後の将来利息や手数料の支払いが不要
・総返済額が大きく抑えられて、膨れ上がってしまった債務も完済できる
任意整理のデメリット ・個人信用情報に事故情報が記録されて、キャッシングやローンの利用、クレジットカードの発行や利用をすることができなくなる(ブラックリスト状態)
任意整理は弁護士に依頼する

クレジットカードのリボ払いを任意整理する場合、自分で手続きをすることは難しいです。任意整理をするためには、債権者(クレジットカード会社)との間で残金の確定と、支払い方法についての交渉をしなければなりません。

支払い方法の交渉には時間や経験が不可欠です。結局は、債権者の言いなりになって、うまく残債務を整理できなくなってしまうおそれもあります。よって、任意整理をする場合には、債務整理に強い弁護士に依頼すべきです。

任意整理の費用が用意できない場合は?

任意整理を弁護士に依頼した場合には、弁護士費用がかかります。手元にお金がない場合でも、弁護士に任意整理を依頼することはできるのでしょうか。

手元に全くお金がない場合には、分割払いに対応している事務所を選ぶことをおすすめします。多くの弁護士は、借金問題の無料相談を実施しています。リボ払いが苦しい場合には、まずは弁護士の無料相談を利用してアドバイスを聞いてみるとよいでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

リボ払いや借金の悩みは弁護士に無料相談できることを知っていましたか?

「任意整理」を弁護士に依頼すると、リボ払いの返済を終わらせることができるとお話しましたが、弁護士事務所はお金の悩みについての無料相談も受け付けています。

弁護士と聞くと固いイメージがありますが、借金問題を専門にした弁護士事務所であれば、お金の悩みも親身になって聞いてもらえます。
「借金がなかなか返せない」「生活が苦しい」などといった悩みを人に相談することで気持ちも楽になります。

借金の返済の悩みは弁護士事務所に無料相談してみましょう。


「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

【少しずつ返しても永遠に終わらない】損だらけのリボ払いの仕組み

リボ払いには高い手数料が付き物~リボ払いの基礎知識~

リボ払いを終わらせるためには、まずリボ払いがどうして終わらないのかを理解する必要があります。

クレジットカードのリボ払いとは

商品やサービスを購入する際のリボ払いは、クレジットカードのショッピング枠というものを利用する機能です。クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠というものがあり、それぞれについて限度額が定められていることが多いです。

ショッピング枠を利用する際には、商品やサービスの代金をいったんクレジットカード会社から購入先に立替えてもらいます。後日、利用者はクレジットカード会社に対して分割や一括払いで立替金を手数料とともに支払います。

そのなかでもリボ払いとは、ショッピングで利用した分を毎月あらかじめ決められた一定の金額で支払い続ける方法です。正式名称をリボルビング払いと言います。

リボ払いではない通常の分割返済だと、例えば10回払いと定めれば、20万円の商品を購入したら月々の返済は2万円、30万円の商品を購入したら月々の返済は3万円と増えていきます。

一方リボ払いで毎月の支払いを1万円と定めたら、基本的には残高がどれだけ高くなっても月々の支払金額は1万円です。その代わり返済期間が長くなってしまうのです。

元金定額方式と元利定額方式の違い

リボ払いには大きく分けて2つの支払い方法があります。元金定額方式と元利定額方式です。

まず元金定額方式から見てみましょう。元金定額方式とは、設定した毎月の返済額(借金そのもの=元金をいくら返すか)と残金にかかる手数料の合計を月々の支払い金額として払っていく手法になります。

支払う元金は毎月一定で、支払う手数料が変動します。

図解するとこうなります。

一方元利定額方式は設定した支払金額の中に、元金の支払いと手数料を含む方式です。

支払う元金と手数料の合計が毎月一定で、その内訳が毎月変動します。

図解するとこうなります。

このように、元利定額方式の方が月々の元金の返済額が少ないため、完済までより長い時間をかかることが多く、また支払う手数料も多くなっています。リボ払いが終わらないケースの主流となっているので、元利定額方式で支払いをしている人は注意しましょう。

リボ払いでは手数料の支払いが必要

月々の返済金額が上がらないことは一見メリットに見えますが、実はそれ以上のデメリットがあるのです。それは返済期間が長くなってしまうことにあります。

返済期間が長くなってしまうとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

リボ払いを利用すると、手数料が発生します。この手数料は、ローンにおける利息と同じようなものです。手数料は、各カード会社によっても異なりますが、だいたい年率15%~18%程度になります。この手数料はもともと借りたお金とは違うため、最終的には、この手数料分多くお金を支払うことになります。

手数料の金額は、
利用残高×手数料率÷365日×30日
という式で定まります。ここで重要なのが、手数料はもともと借りた元本の額ではなく利用残高に対して発生するという点です。

月々の支払い額が少ないと、一向に利用残高が減らず、リボ払いが終わらないということになってしまうわけです。

利用の前によく確認を!クレジットカードのリボルビング払い-独立行政法人国民生活センター

自動リボ払いの恐怖

上記の、「返済期間が長くなることで高利の手数料がかかる」というリボ払いのデメリットを理解したうえでリボ払いを選択していればよいのですが、その仕組みを理解せずに月々の返済額が増えないからといってショッピングを利用し続けてしまうと、いつの間にか借金額が膨れ上がり、利用限度額に達してしまうこともあります。

さらに恐ろしいのは、自動リボ払いという仕組みです。これは楽天カードなどが取り入れているシステムで、カードで加入した段階で支払方法の初期設定が自動的にリボ払いになっているというものです。これに気付かずカードのショッピング枠を利用してしまったという方も多いようです。自分のカードの決済方法がリボ払いになっていないか、一度確かめてみましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き