24時間365全国対応 無料

0120-810-010

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

2019.11.19 更新

買い物やギャンブルなどの浪費で借金した場合でも、債務整理は利用できます。しかし、債務整理だけで「生活を楽にしたい」債務者の悩みは、根本的に解決されません。

たとえ自己破産で一時的に返済を免責されたとしても、借金生活に陥った原因や浪費癖を見つめ直さないと、同じ原因で借金をくり返すからです。

債務整理の利用条件と浪費癖の改善方法を、この記事では分けて解説します。

今の借金滞納生活から抜け出す方法を知る

この記事のポイント

  • 任意整理と個人再生は借金をした理由は無関係である。
  • 個人再生のほうが任意整理よりも大幅な減額が可能なため返済が楽。
  • 自己破産の場合、ギャンブルや浪費で借金をした程度があまりにひどい場合以外は、裁判所で自己破産は認められる。

任意整理と個人再生は借金の原因に関わらず利用可能

ギャンブルなどの浪費が原因でも、債務整理は可能です。

債権者と債務者の代理人が交渉する3種類の債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)のうち、任意整理と個人再生は借金の原因に関わらず利用できます。

任意整理 個人再生 自己破産
借金減額 ・将来利息のカット
・支払い回数(月々の返済額)の見直し
・借金額によって変わる ・借金がゼロになる
収入の有無 ・安定した収入がないと難しい ・安定した収入がないと難しい ・無収入でも可能性あり
・手放す必要なし ・住宅ローン特則の利用で手放さない場合も ・没収される
債務整理後
次の借入に必要な期間
・5年 ・5年~10年 ・5年~10年
クレジットカードの発行
(CICの場合)
・任意整理前の返済状況による ・個人再生前の返済状況による ・5年後

任意整理と個人再生ではそれぞれ、借金の支払い回数を見直したり元本を圧縮したりして、自力返済を目指す方法です。借金額や返済状況、債務者の収入などを参照してどちらかの方法を選びます。

債務者自身に合った選択をするために、弁護士や司法書士に相談する流れが一般的です。

債務整理が信用情報などに影響して、クレジットカードの発行が一定期間難しくなるなど、債務者の生活に影響を及ぼす場合があります。

自身の債務と返済能力を見きわめたうえ、まずは自力返済を考えましょう。

債務整理に必要な費用はこちらの記事をチェック

借金の原因と自己破産の関係

「ギャンブルが原因では自己破産できない」という情報は、正しいと言い切れません。

自己破産は「免責許可申し立て」という手続きを経て、免責の可否を裁判所が決めます。申し立てにおいて以下のような「免責不許可事由」と判断された場合は法律上、免責されません。

浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。
引用元:e-Gov(破産法第252条)

パチンコをはじめとする賭博行為やショッピングなどによる浪費行為は、免責不許可事由=自己破産ができない理由に該当します。

ただし、裁判官が債務者との面談を経て「免責許可」と判断した場合は例外です。

債務者との面談で自己破産の可否を判断する制度を「裁量免責」といいます。実情は浪費が原因でも、1回目であれば裁量免責を経て破産が認められるケースが多いです。

浪費の原因を見直そう

債務整理は借金の悩みを軽減させる手続きであり、生活の安定は保証しません。つまり、将来借金をくり返さないためには、浪費癖の改善が必要です。

ギャンブルの時間を作らない

「生活費や、消費者金融に借りたお金でパチンコをしてしまう」

このような方は、何もしない時間が増えるほどギャンブルへの欲求が高まり、制御できなくなります。

ギャンブルの時間を物理的に奪うため、朝から予定を入れてみましょう。

できれば誰かを誘ったり、チームやコミュニティに属したりして「予定を断りたくない」状況を作ることも大切です。

クレジットカードに支払いを紐づけない

クレジットカード払いは、細かい出費に気を付けましょう。現金が決済時に必要ないぶん、電子書籍の購入やスマホアプリへの課金など、1000円単位の支払いが思わぬ浪費の原因です。

例えばプリペイドカードを現金で購入することで、月の出費に上限を定められます。

リボ払いは一括払いへ変更する

クレジットカードのリボ払いは、月々の支払いを一定額に抑える仕組みです。

手元と口座にまとまったお金がなくても、カードが定めた利用枠まで買い物ができます。

収入と支出のバランスを失うことで利息の支払いが重なり、借入残高が減らなくなることが、リボ払いのリスクです。

必ず使った分をまとめて引き落とす「一括払い」に変更しておきましょう。

リボ払いの危険性についてはこちらの記事をチェック

お金の管理を家族に任せる

浪費癖をコントロールできない方は、お金の管理を親や配偶者に任せることも手段のひとつです。

生活の安定を目標にするなら「浪費癖を自覚しているが、恥ずかしくて言い出しづらい」といった気持ちは思い切って捨てましょう。

まとめ

債務整理を考える前に、いちど自身の返済能力と借金額を踏まえて自力返済を検討しましょう。

また、収入以上の浪費は、いずれ新たな借金の原因となります。借金の問題を債務整理で軽減した後は、生活の安定を目指して浪費の原因を見直すべきです。

関連記事

【体験談】収入のない主婦(主夫)でも夫に内緒で任意整理は可能?

目次主婦(主夫)が多額の借金をして生活が苦しくなった場合、正しい解決方法は?借金返済が厳しいなら、任意整理をするという…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合、自己破産以外の債務整理は可能自己破産手続きができない理由~…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の内容は変わる債務整理をすべき「デッドライン」を理解しよう過払い金が発生…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへの影響債務整理のタイミングについて債務整理のタイミングと判断…

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己破産は、ギャンブルや株、FXが原因の借金だとできないって本当?…