会社倒産後に企業で借金。自営業は思ったよりも大変でした。

 

<借り入れ先業者名>アイフル、アコム、レイク、フクホー
<借り入れ金額>320万円
<借入期間>5年8ヶ月
<毎月の返済額>12万円
<滞納状況>フクホーを1ヶ月滞納

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

勤務先の会社が倒産した後に転職できず起業して借金。

大学を卒業して就職した勤務先が事実上倒産しました。親会社が外資系企業に買収された結果として、子会社との関係が解消されて仕事の受注が激減したことが原因でした。会社都合退職となったものの、再就職の現実は厳しく転職先は決まりませんでした。アルバイト生活では生活が成り立たないので、ついに起業することを決意したのです。最初の1年は収益度外視で動きましたが、3年目になっても赤字状態が解消されずに頓挫することになりました。生活費は毎月掛かってくることから、不足する生活費は借金で賄う状態でした。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

アイフル、アコム、レイク、フクホーから各80万円の借金。月々12万円の返済。

内装の仕事をしていたので、内装業者としての仕事を請け負うことにしました。日当で働く職人よりも、複数の仕事を請け負うことで手際よく処理出来るからです。しかし、大工仕事が減っている現状から、思うように仕事の受注は進まずに売上は低迷したままでした。最終的にデザイン会社と提携して動き出すまでには4年かかってしまい、返済が遅れ始める状態だったので債務整理を視野に入れて動き出す必要に迫られていました。実際にフクホーの返済が1ヶ月遅れただけで電話が鳴り止まず、仕事に支障が出る状態となったのです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

小規模個人再生により借金額を圧縮して3年間で完済出来ました。

請け負う仕事への影響が心配されたので、弁護士に依頼して債務整理をすることにしました。住宅ローンがあったので、自己破産は出来ず任意整理も大した減額が期待出来ないことから、小規模個人再生を申し立てすることになりました。準備期間中も弁護士費用を支払うために仕事量は増やしましたが、請負契約のために施工と入金のタイミングは最大3ヶ月ズレ込みました。この状態を考慮した上での再生計画を立てる必要があったので、毎月3万円の返済ではなく3ヶ月で9万円の返済とすることにしました。入金がズレ込みを起こした場合に備えたわけです。今まで毎月12万円の返済をしていたことに比べると、一気に負担が軽くなりました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

確実に支払い出来る金額を継続して払うことが出来ました。

債務整理の方法は、個別の借入や返済状況により個別に変わることを初めて知りました。弁護士に依頼したことで、今までの経験からどの債務整理方法が適しているかをすぐに的確に指し示してもらえたことが良かったです。小規模個人再生を行なう際に、本来ならば毎月納める所を3ヶ月単位としてもらえたことも感謝しています。返済方法に柔軟性を持たせてもらえたことで、完済に至る近道となったので助かりました。多くの種類が用意された債務整理の中から最適な方法を選択して行なうことで、未来へ向けて一歩ずつ進む機会を与えて貰えたと考えています。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き