普段使いのカードにも過払い金がありました

 

<借り入れ先業者名>OMCカード、ニコス
<借り入れ金額>160万円
<借入期間>7年9ヶ月
<毎月の返済額>6万円
<滞納状況>なし

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

夜でもお金を借りられる利便性から飲み屋へ行く時に利用して借金。

会社指定の銀行では、ATMの相互接続時間が短いことから、いつでも下ろせる状態ではありませんでした。今でも一部のコンビニではお金を下ろせないほど接続数が少ない銀行だったのです。そこで、夜間でも手数料無料でお金が引き出せるキャッシングの利便性を知ってしまい、ついつい借りては返すを繰り返した生活をしていました。最初は抵抗感があったものの、利用可能枠を把握した上で枠の上限から逆算して使うというATMのような使い方をしてしまったので、いつまでも借金が減らない状態が続いていました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

OMCカードから90万円、ニコスから70万円の借金。月々6万円の返済。

会社の部署を移動となったことで、営業色のある職種から事務作業メインに移行しました。飲みに行く必要が無くなったことで、会社から真っ直ぐに帰宅する生活が続いたことで、返済が順調に進みました。何よりお酒を飲む量が圧倒的に減ったことが印象的でした。特に誰が始めた訳でもなく、家計簿管理をするようになったので、次第に約定返済以上を返せる状態となっていました。一時的なお金が手元にあると安心出来るので、急いで返済に回さずに預金していたので、過払い金が多く発生する原因となったと考えられます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

過払い金返還請求により、過払い金が全額返ってきました。

OMCカードを発行していた会社は、セディナに統合されたので、全取引履歴の開示請求はセディナとニコスに行なう必要がありました。過払い金の確認と返還請求訴訟を弁護士に依頼して、あとはひたすら待つだけで手続きが進んだので気軽でした。セディナからの取引履歴開示が遅いと評判があった通り、確かに開示だけで3ヶ月を要しました。ニコスが1ヶ月で送られてきた点を考えると、対応に差を感じました。双方に過払い金返還請求訴訟を提起して、全額プラス法定利息を全額支払いしてもらうことが出来ました。和解案では、返金額が少なくなるので判決を求めることにしたわけです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

過払い金返還請求訴訟まで、しっかりと提訴して判決を得れば全額回収出来ると知りました。

過払い金返還請求を行なう際に、全額回収を狙うなら弁護士に依頼すると良いという評判通りになりました。全取引履歴開示請求を行っても、開示されるまでに時間が掛かりすぎるセディナでは、支払い督促の時には猛スピードだったことを考えると、対応に差がありすぎます。せっかく過払い金返還請求をするなら、必ず勝てる裁判ですから、判決まで得ることが重要だと考えました。実際に判決を得た結果として、過払い金全額に加えて法定利息を追加した分まで回収出来たことは良かったです。いかに借金時の金利が高かったか、ようやく思い知りました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き